人気ブログランキング |
週刊!横尾和博
月刊!横尾和博

第424回 【 平成の30年間とこれからは? 】

第424回【 平成の30年間とこれからは?】

編集部: 今週の話題をお願いします。

横尾 : さて突然ですが、2010年6月から続いたこの「週刊!横尾和博」は、
     来月、つまり新年(2019年)1月より月刊になります。
     長年のご愛読ありがとうございました。

編集部: 月刊では、どのようなことを中心にお話を?

横尾 : 現実のリアルな政治や社会問題の他に時代の底流にある本質的なものに迫って
     いきたいと思います。
     例えば、安倍政権が長期に渡って支配を続けることができた背景とか、
     景気はよいという指標が発表されているのに、
     なぜ庶民の暮らしは楽にならないのか、など現象の裏側にある本質的なものを
     考えていきたいと思います。

編集部: それは楽しみですね。?

横尾 : 平成も2019年4月末で終わりを告げる予定です。
     この30年間、日本社会に何が起こったのかも考えていきたいですね。

編集部: その辺りをもうすぐ新年なのでテレビでいう番宣(番組宣伝)の様に、
     さわりだけでもお願いします。

横尾 : はい、ではさわりで((笑))
     平成の30年間、つまり1989年1月からの30年ですが、
     世界や日本で何が起こり、何が変化し、何が変わらなかったのか。
     とても一概には語れませんが、少なくとも社会的には
     平成は阪神・淡路大震災や東日本大震災のように「大災害」に見舞われたこと。
     国内ではオウムによるテロ、国際的には9・11とアフガン・イラク戦争を
     頂点とした戦争の時代だったと思います。

編集部: そうでしたね。

横尾 : 経済的にはバブルが崩壊、失われた20年ともいわれ、
     非正規雇用や低賃金層の格差社会が進みました。

編集部: 少子高齢化に向かうこともハッキリして右肩上がり時代の終わりでしたね。

横尾 : はい、元号が変わる新しい時代は日本には移民やアジアからの外国人が増え、
     他民族社会が進みます。
     彼らもひどい労働条件で社会が不安定化します。
     低所得、貧しい日本人(プア・シャパニーズ)と、
     その下にあらたに貧しいアジア系外国人が増えます。
     社会状況や文化が大きく変化する時代になるでしょう。

編集部: つまりアメリカのような社会に?

横尾 : アメリカにはリベラルな勢力も一定存在し、差別などに敏感に対応しますが
     日本はメディアを中心にリベラル感覚をこの30年で失いました。
     ゆえに差別社会と貧富の差が拡大したことに歯止めがかからないでしょう。
     わかりやすくいえば、反トランプのうねりは大きいですが、
     日本では反安倍政権のうねりは大きくならないことが象徴です。

編集部: もっと詳しくお聞きしたいのですが、来年の月刊化を楽しみにしています。

横尾 : はい、みなさん良いお年をお迎えください。

※お知らせ「週刊!横尾和博」は2019年1月から「月刊!横尾和博」に変わり、バージョンアップします。今まで同様、ご愛読をお願いいたします。更新は毎月上旬になります。あわせて「横尾和博の赤羽B物語」もよろしくお願いします。


  # by weekly-yokoo | 2018-12-26 09:03 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.424

第424回【 ソフトバンク(SB)通信障害から見えたこと!】

編集部:「今週の気になる?」のコーナーは?

横尾 : 「今週の気になる」も最後で今後は月刊になります。
     今回気になったことは、12月6日に起きたソフトバンク(SB)の
     通信障害事故です。

編集部: あれは大変だったですね。スマホ社会の恐ろしさですね。

横尾 : ボクはSBなので、メールも電話も通じなくて困りました。
     てっきり自分のスマホが壊れたと思いました(笑)。

編集部: 現代はスマホが使えないとどうしょうもない社会です。

横尾 : これからの社会はますますスマホが重要視されます。
     原発事故の際、オール電化で電気に頼りきりの生活に警鐘が鳴らされましたが
     今回のSBの通信障害から、学ぶべきことは多いですね。

編集部: 生活が便利になればなるほど機器に頼るような社会になりました。

横尾 : はい、地図も昔は紙の地図を見たり、人に道を聞いたり、勘だったり、
     人間の感覚で動きましたが、いまはすべてナビがないとダメなような社会です。
     今後、例えばスイカやパスモなど電子マネーに障害が起こったらどうなるのか、
     などリスクを考えた使い方が大事だと思います。
     なぜならば現金を使わないカード社会がそこまできているわけですから。

編集部: 私たちはどう考えていけばよいのでしょうか?

横尾 : 人間の勘を大事にして、機器に支配されないような生活が大事ですね。
     リスクを分散させることも事前に考えておかなければなりません。
     そういう意味では科学技術が進歩した社会は逆に考えればリスク社会の
     到来だといえます。
     大企業も常にリスクを庶民に開示してほしいです。
     便利なことだけを強調するのではなく。

編集部: そのとおりですね。

横尾 : さて、「気になる」のご愛読もありがとうございました。
     新年からの月刊もよろしくお願いします。
     よいお年を!


  # by weekly-yokoo | 2018-12-26 09:01 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.424

来年の干支は猪ということで、猪をちょっと調べてみました。猪突猛進という言葉から獰猛な性格を想像していましたが、本来はとても警戒心が強いそうで、何でもかんでも突進するわけではないようですね。自分の縄張りに人が入ってきたりする緊急事態の時だけのようです。もともと豚と猪の違いは野生か家畜かのでしかなかったことから考えても、獰猛すぎたら家畜に向いてないでしょうし。ちなみに亥年の人の性格を見てみましたが。無口で頑固とありましたが、うちの姉はいの亥年なんですが超おしゃべりで、流されやすい人です。聞いていたのと現実は違うことはよくありますが、来年は現実をよく見極めて先入観にとらわれない生き方をしていきたいものです。本年もありがとうございました!来年もよろしくお願いいたします!

  # by weekly-yokoo | 2018-12-26 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE