人気ブログランキング |
週刊!横尾和博
月刊!横尾和博

今週の気になる? Vol.3

    「岡田Japan」大活躍でワールドカップの経済効果は?


編集部:今回のサッカーワールドカップは日本の1次リーグ突破、ベスト16で盛り上がりましたね。

横尾 :前回4年前は1次リーグで敗けましたから、それに比べると経済効果もあったと思います。

編集部:日本国内ではどのくらいの効果があったのでしょうか。

横尾 :正確なデータはまだ出ないと思いますが、8年前の日韓共催で盛り上がり日本も1次リーグを突破した時の経済効果は約3兆3000億円といわれています。これはハード面、スタジアムの改修などの費用も含まれています。4年前のドイツが約4800億円でこれは薄型テレビなどデジタル家電が急激に増えた為といわれています。

編集部:すると今回はどうでしょうか?

横尾 :今回、「岡田Japan」は全敗するとか戦前予想が悪かったですよね。そして南アフリカという遠い国で、しかも治安が悪いとされて応援ツアーもイマイチで、効果は約2000億円、と予想されていましたが、初戦のカメルーン戦で意外に頑張り、「本田人気」もあって応援グッズも急増し、飲食、ツアーなどすべて含めて前回のドイツ大会を上回る約5000億円以上はいったのではないかと考えられます。

編集部:5000億円以上ですかぁ~、景気が悪いなかで明るい話ですね。ところでワールドカップ優勝はスペインでしたが、ベスト4にヨーロッパ勢が3ヵ国、スペインのほかオランダ、ドイツでした。いまヨーロッパのギリシァの財政危機など経済が混迷していますよね。

横尾 :ギリシャの財政破綻は、大きな問題でしたね。その中でもワールドカップでの活躍はEU加盟各国にしてみたら励みになったのではないでしょうか。ギリシャはなにしろ国の借金が多すぎて倒産してしまうんですからね。一方今度の選挙の争点にもなった日本の財政危機ですが、日本の借金は「国債」という形で日本国民から借りているので、まだ外国に借りていたギリシャや他のヨーロッパ各国に比べればましですけど(笑い)。まだまだEU各国は財政危機で混乱しています。

編集部:すると「気になる」のはヨーロッパの財政危機に伴う、世界経済の混乱?

横尾 :そのとおりです!ヨーロッパの情報は日本になかなか伝わりにくいですからね。株や金融商品の売買など小遣い稼ぎをしている人は、サッカー以上にヨーロッパ各国の動きに要注意ですね(笑い)。

編集部:そんなわけでサッカーワールドカップにちなんで、オススメの本などありますか?

横尾 :前日本代表監督のイビチャ・オシムの
『考えよ!日本人はなぜリスクを冒さないのか』(角川oneテーマ21)
がおもしろいですね。d0178451_10423335.jpg
日本人は自分たちが持っている伝統的な力や価値観を見直して日本流の戦い方をせよ、と言っている。
この考えはサッカーだけではなく、グローバル化が進む中での日本の立ち位置や経済戦略にも繋がります。
政治家や霞ヶ関官僚はこの本を読んだほうが良いかもしれないですね(笑い)。

  # by weekly-yokoo | 2010-07-14 10:44 | 今週の気になる?

編集後記 Vol.3

2010年7月10日。つかこうへいさんが亡くなられました。
映画「蒲田行進曲」の大ヒットで全国的にその名を全国に知らしめた劇作家。
僕は、映画では「蒲田行進曲」で銀ちゃんに憧れ、「二代目はクリスチャン」で号泣し、「熱海殺人事件」では志穂美悦子さんの悩殺シーンで夜も眠れなくなりました。
著書では、「あえてブス殺しの汚名をきて」「ジャイアンツは負けない」「初級革命講座・飛龍伝」「いつも心に太陽を」などを若いころに夢中になって読み、イマジネーションに限界のない事を教えてもらいました。
あまりにも早すぎる死が残念でなりません。偉大な才能に黙祷。

  # by weekly-yokoo | 2010-07-14 10:35 | 編集後記

第2回 【相撲協会は民営化、株式会社で大改革を!】

    第2回 【相撲協会は民営化、株式会社で大改革を!】


編集部:いよいよ7月11日(日)から大相撲名古屋場所が始まりますが、横尾さんは相撲好きですか?

横尾 :相撲大好きですね。ボクらの子どもの頃は、スポーツと言えば野球か相撲位しかなかったんですよ。よく学校の校庭に丸い土俵書いて、やりましたね。サッカーやバスケなんかはなかったですね。子どもの好きな物は、「巨人、大鵬、玉子焼き」と言われた時代でしたから。

編集部:得意技とかありましたか?

横尾:ボクの得意技はすくい投げ、小手投げ。相手にワザと土俵際まで押させて油断した所をうっちゃりとかね(笑い)。

編集部:すくい投げですか。大鵬の得意技でしたね。ところで、相撲ファンとして、今回の一連の不祥事をどのようにみてますか?

横尾 :話にならないですね(笑い)。不祥事連発でしょ。弟子への暴行事件、大麻、朝青龍、暴力団への枡席への優先チケット、そして今回の賭博と。相撲協会に自浄能力がないのが一番の原因。

編集部:なんで自浄能力がないんですかね。

横尾:角界というのは、お相撲さんだけですべてをやっている閉鎖的な社会です。社会の中で他人と交わるための能力や、世間の常識や知識を身につける能力といった、いわゆるソーシャル・スキルが身につかないんですね。ソーシャル・スキルのない組織や、内部に閉じこもる集団は必ず滅びますね。

編集部:今度の問題では、外部の調査委員会が協会に処分などの勧告を出し、協会が受け入れましたね。今月の4日に処分が出ましたが、まだ協会内部にも不満があるようです。

横尾:協会はまだ危機意識がない。どんなことがあっても組織が潰れない、と思っている。霞ヶ関と同じですね。外部委員会も最初から「名古屋場所開催ありき」で論議していたような気がするよね。協会に甘いね。抜本的な改革をしないとまた問題起こすのは目に見えています。

編集部:4日の相撲協会理事会で大嶽親方、琴光喜解雇の処分については…

横尾 :トカゲの尻尾切り、ですよ。この二人に責任を取らせて逃げ切りを図っているんですね。

編集部:横尾さんだったらどのような改革案を出しますか?

横尾 :過激派のボクとしては、まず「財団法人」という公益法人をやめて株式会社にします。そして外部から役員を入れて、今の組織形態を全部変えます。不祥事が起きたら、親方、力士、関係者は懲戒解雇などの処分。そしてコンプライアンスを重視。社員(力士)には社会常識を身につけさせる。いっそ非営利組織のNPOにしてみてもいいのかと?(笑い)

編集部:なるほど。案外、株式会社にするのはいいかもしれないですね。

横尾 :だって、ふつうの会社だったら今までの不祥事だけでも、とっくに会社は潰れているよ。会社組織にして、テレビ中継もNHKはやめて、民放で視聴率が取れると思った局が、放映すればいいんです。もともと相撲は興行なんだから、プロレスなどほかの格闘技と一緒に扱えばいいんですね。もったいつけて「国技」「相撲道」「相撲は神事」なんていっているから、ウソ臭くなるんですよ。

編集部:よく横綱昇進の時に、使者に難しい四文字熟語を言っていますよね。「不惜身命」とか…。
   ※「不惜身命(ふしゃくしんみょう)」 → 体や命を惜しまないで尽くすこと

横尾 :言葉の意味わかってないんじゃないかと思いますよ、力士は。本当に「相撲道」というのなら、アマの世界に求めるべきだと思いますね。

編集部:プロの相撲界では、最近では外国人もたくさん入門していますしね。

横尾 :そう、だから興行、ショーなんだと思えばいいんですよ。もちろん暴力団などの反社会的勢力とは縁を切るようにしないと。前からいわれている相撲賭博や八百長相撲の実態も、今回は明らかにはならなかったですね。

編集部:株式会社化して、土俵近くの枡席チケットも誰でも買えるようになるといいですね。

横尾 :そうそう。株式会社にして公平に販売すればいいんです。我々庶民も気軽に見にいけるしね。

編集部:文部科学省も手ぬるい、との声もありますが。

横尾 :文科省も甘やかし過ぎ。なんで相撲協会に厳しいこと言えないのかね。「公益法人の認可取り消し」、くらい言えばいいんですが。あんまり厳しくすると、自分たちも巨大組織だから、組織に跳ね返ってくるのを恐れているんですかね。NHKも名古屋場所は中継を中止したほうがよいと思いますよ、中止になればみながこの問題を真剣に考えるきっかけになると思うけどな。

編集部:今回も旬な話題を評論して頂きありがとうございました。私も一度位は生で相撲観戦してみたいものですね。

注意 :NHKは7月6日夕刻、名古屋場所の生中継を取りやめる事を発表。大相撲中継史上初の措置。

  # by weekly-yokoo | 2010-07-07 11:16 | バックナンバー

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE