週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

今週の気になる? Vol.2

「裸が恥ずかしい~!」は時代とともに変わる!!


編集部:さて「今週の気になる?」のコーナーですが、今週のオススメなど気になることは?

横尾 :今週はおもしろい本を紹介します。

中野明著『裸はいつから恥ずかしくなったか~日本人の羞恥心(新潮社)
d0178451_10514049.jpg


ところで編集部の女の子たちに聞いてほしいんだけれど、今の若い女性の恥ずかしい事って何かな?

編集部:恥ずかしい事ですか?今度聞いておきますね。なんでいきなりそんな質問なんですか?

横尾 :この本によると江戸時代、今は「龍馬伝」で幕末ブームだけど、幕末にペリーが黒船を率いてやってきて、一番驚いたことが当時の公衆浴場、銭湯が男女混浴だった事らしい。

編集部:えっ!明治の前は混浴だったんですか!いいですね(笑い)。

横尾:ペリーのアメリカだけでなく、他の国の使節団の報告書にも驚いた様子が残っているそうです。
 「日本人は野蛮人だ」ってね。


編集部:いつから銭湯が男女に分かれて入るようになったんですか?

横尾 :明治に入ってかららしいです。「男女混浴禁止令」が出たらしい。西欧文明はキリスト教文化で、特にアメリカ、イギリスなど厳格なプロテスタントの国だから、彼らの倫理観からすると許せなかったんですね。その影響で、明治政府の西欧化の流れの中、禁止になったらしいですよ。

編集部:残念ですね(笑い)。

横尾 :太平洋戦争で日本が負けた昭和20年もそうだけど、文化は常に外から入ってきて、それによって日本人の恥の感覚も変わったということですね。まあ、ここ20年くらいを見ても電車の中で平気で化粧する若い女の子や、服装でもスカート短くパンツ見せたり、胸を大きく空けたり、恥の感覚は時代の文化によって大きくかわっていますよね。そんなことが書いてあるのがこの本です。
[PR]

  # by weekly-yokoo | 2010-07-07 10:49 | 今週の気になる?

編集後記 Vol.2

相撲といえば、皆さん、ご存知ですか?
1853年、ペリー率いる黒船が浦賀に来航した時、日本側はペリーに相撲を見せ、米俵を贈呈しました。お相撲さん達は米俵を船に運ぶ手伝いをしたのですが、その際、力士達は米俵を軽々と運び、アメリカ兵をびっくりさせたそうです。更に身長208cm、体重150kgの白真弓関にいたっては、1度に8俵の米俵を運んだのだから、びっくりを通り越して、あきれたのではないかと思います。 その時の事を『ペルリ(ペリー)提督の日本遠征記』には「重い肉塊は一見あたかもかげろうのようであり、荷物は羽毛のようであった」と記されています。今の日本では力士を見かけても何とも思いませんが、世界ではまだまだ日本の象徴のひとつだと思います。その辺の事を含めて考えたら、今後の相撲界の進むべき方向も見えてくるのではないかなと。まぁ、肝心な交渉では完全にペリーに寄り切られましたけどね。
[PR]

  # by weekly-yokoo | 2010-07-07 10:37 | 編集後記

第1回 【参院選の見所はココだ!】

       第1回 【参院選の見所はココだ!】

         参議院消滅!?  消費税増額確定!?

いよいよ始まりました!「週刊!横尾和博」
このネットマガジンでは、各界を通じて見聞の広さでは定評のある評論家・横尾和博氏が
毎週、旬な話題をテーマに取り上げて、その鋭い切り口で様々な論評を繰り広げていきます。
そして、記念すべき第1回のテーマは、「衆議院選挙」。
いきなり過激なサブタイトルがついていますが、まもなく行われるこのビックイベントに、
横尾氏からどんな辛口評論が飛び出すのでしょうか?
それでは早速はじめましょう!


編集部:よろしくお願いします。どんどん過激に発言してください。

横尾 :ボクは元々政治家に対しては過激だから、激辛でいきたいんですが、今度の参院選は6月24日から選挙期間に入っているんで、少し押さえてしゃべりますよ(笑い)。
よくテレビでやっているでしょ?泡沫候補も含めてなるべく「公正を期す」ってことで、全部名前なんか紹介しちゃうやつ。インチキくさいですけど。(笑い)。

編集部:そうですね。では、参議院選挙の投票日が近くなってきましたというわけで、そもそも参議院選挙とは何か、から教えてください。

横尾 :参議院と衆議院の違いがよくわからない人が多いですよね。
ボク自身も「参院なんかいらない」、と心の中で思ってる(笑い)。
でもそれじゃ話が進まないので、イロハでいうと、参院は定数242人(衆院は480人)で、
任期が6年(衆院は4年)、衆議院とは違って議会の解散はないので、任期満了まで議員をつとめるんです。

編集部:今回の選挙は「定数121人」を争うっていいますが、半分を選挙するんですか?

横尾 :242人の議員をいっぺんに選挙するのではなく、任期は6年ですが、3年ごとに定数の半数が入れ替わるよう選挙が行われます。つまりテレコ。任期6年を1単位として半分ずつ3年ごとに入れ替わって選挙していくんですね。だから今年2010年7月に選挙の洗礼を受ける人は、6年前の2004年7月に選ばれた人や新たに立候補したい人、ということ。3年単位だから今度は2013年7月にまた参院選があるというわけですね。

編集部:242人も参院議員がいるんですか?参議院の役割ってなんですか?

横尾 :日本の国会は衆院、参院の2院制。アメリカも上院、下院がある。日本では衆議院のほうが権力があって、「衆議院議員のほうが上」とのジョウシキが「永田町ギョーカイ」にはあります。
参院は議会の解散がないぶん、6年間で「良識の府」としてじっくり政策を論議しようということなんですが、実際には衆議院で落選した議員が参院に立候補したり、衆院の二番煎じ的な要素が強いんですね。

編集部:先ほど「参議院なんかいらない」、と話していましたが、よくそういう声を聞きますね。

横尾 :「参議院不要論」というんですね。二番煎じなら参院をなくし、国の財政も赤字なので経費かけるな、とボクだってそう思いますよ。まず思い切って、人数を半分にしたらよいかもね。
ところで国会議員1人あたりの経費、どのくらい税金がかかっていると思いますか?

編集部:知らないです。議員ひとりあたり2千万円とか?

横尾 :とんでもない。ひとりあたり一年間に平均およそ2億から3億円といわれているんです。
議員本人の給与ほかに、税金で秘書3人までの給与や間接費なども含めてね。

編集部:ええ~っ、すごいですね。じゃあ定数を半分にしたら約240億円削減か!

横尾 :参院だけ定数半分にしても240億円削減できるんだから、242人も必要あると思いますか?

編集部:う~ん、確かに。じゃあ、もし横尾さんが参院選挙の候補者になって参院改革するとしたらどうしますか?

横尾 :ボクが議員になったら、まず定員半減。
そして参院はタレント候補みたいな、ただの人気取り、票集めの候補は立候補させない!(笑い)

編集部:おおっ!!来ますねぇ~。では、具体的にはどうします?

横尾 :議員になるには資格制度を設けますね。
1級建築士とか介護ヘルパー2級とか、いまは資格制度が流行っているから。
勉強して議員資格とって社会常識身につけないと立候補できないようにします。
国会議員は「政治家検定1級合格者」、都道府県の議員は2級、区議会や市議会議員は3級合格者、なんてね(笑い)。

編集部:そのほかに改革案は?

横尾 :黒塗りの公用車は廃止。議員は電車通勤でサラリーマンの苦労を味わう。
それから税金で給与払う兄弟など身内の公設秘書制度もやめます。

編集部:過激ですね!もっとありますか?

横尾 :有権者も文句ばかり評論家のようにいってないで、選挙に行かない人は罰がないとダメ。
投票は権利だから、権利を放棄する人には罰則をあたえます。投票に行かないと公民権停止とかね。
免許証、パスポートの発行制限や税金の控除が受けられなくなるとか・・・

編集部:キツイですねぇー!!それは皆いやいやでも行くようになると思いますよ。ところで今回の投票率はどのくらい?

横尾 :前回3年前(2007年)の投票率は58%、そこまでいけばいいんじゃないですか?
朝日新聞なんかでは、推計で60%近く、と言ってます。プロの政治評論家の見立てだとそれより下がるとも言われてますね。

編集部:ずばり、今回の参院選の見所、ポイントは?

横尾 :民主党、国民新党の与党で今回改選しない現有議席と合わせて過半数とれるかどうか。
民主単独過半数なら60議席必要。
国民新党と合計なら民主はとるべき議席は56議席。はたしていくか? ですね。
6月26日朝日新聞朝刊に掲載されていた調査予測では民主54プラスマイナスでした。

編集部:消費税は上がりますか?

横尾 :メディアが消費税増税のことばかり煽っていますが、アメリカの植民地のようないまの対米追従政策の変更や、霞ヶ関官僚主導をどう距離感を持って付き合うのか?あるいは本当の政治主導にするのか?その点が一番大事です。約800兆円ある国と地方の赤字は、まず霞ヶ関官僚の大掃除と永田町の国会改革が先で、そこから国民に信を問え、と言いたいですね。まあ、いずれ4、5年先には増税の方向は間違いないですよ。どの党がやっても同じだと思いますが…。

編集部:参院後の政局、政治の流れはどうなりますか?

横尾 :与党で参院過半数とれないと、衆院は民主が多数派なので、ネジレ現象が起き、法案が通りにくくなります。民主は他の野党に連立をよびかけますね。どちらにしても政治は不安定になってしまいます。
政局不安定は、もういいかげんにしろ、と言いたいですよ。「国民の生活が第一」と言った民主党はしっかりしろ! 庶民の仕事や生活は本当に苦しいですから。

編集部:そうですね。本日は貴重なご意見ありがとうございました。さて、注目の参院選の投票日は7月11日です。皆さん、投票に行きましょうね。公民権停止になるまえに・・・
[PR]

  # by weekly-yokoo | 2010-06-30 12:08 | バックナンバー

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE