週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第412回 【 西日本豪雨 平成最悪の犠牲者で 】

 第412回 【 西日本豪雨 平成最悪の犠牲者で 】

編集部: 7月上旬の西日本豪雨は犠牲者がたくさんでて、大きな被害をもたらしました。

横尾 : 今の日本列島は台風の他に、ゲリラ豪雨や異常な大雨で、ただでさえ地震、
     火山国なのに、気象の変化で大きな災害を生むようになりました。

編集部: やはり地球温暖化による影響でしょうか?

横尾 : そう思います。
     今年の冬は寒くて、ラニーニャ現象といわれました。
     つまり赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、
     海水温が平年より低くなる現象のことです。
     ラニーニャの年の夏は逆に暑くなるらしいです。
     異常な猛暑もその影響です。

編集部: すると豪雨は避けられない?

横尾 : はい、地球環境を改善するには100年くらいかかります。
     温暖化などの原因であるCO2対策をとらないと抜本的にはだめです。
     また地球のスケールの大きい数千年規模の温暖と寒冷を
     繰り返す周期もあります。
     つまり自然を封じ込めようとする対策はダメなんですね。

編集部: つまり堤防や防潮堤などコンクリートで固め、封じ込めることですか?

横尾 : はい、コンクリートや堤防は一定の効果はあっても抜本的にはダメなのです。
     相手は自然ですから。

編集部: ではどうすればよいのでしょうか?

横尾 : 水害や地震津波は過去の危険個所として記録でわかるのです。
     ホントはそこに住まなければ一番よいのですが、そうもいきません。
     でも山を削り、海岸間際まで住宅を建てるようになり、土地開発業者が
     地面を商売にしている限り、自然とは共生できません。
     開発したシッペ返しは必ずきます。

編集部: だから心構えが必要なのですね?

横尾 : はい、自分が住んでいる場所がどのような場所、土地なのか、
     自治体が作っているハザードマップでふだんから確認し、
     もしもの場所の避難先や気象情報に敏感になり、
     早めの避難を考えるしかないです。
     特に大小の河川と崖、裏山などがある地域ですね。
     それが今回の多くの犠牲者を生んだ教訓になります。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-07-18 09:02 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.412

    第412回 【 大相撲に喝! 】

編集部:「今週の気になる?」のコーナーは?

横尾 : 大相撲名古屋場所が開催されていますが、3横綱が休場、大関に
     昇進したばかりの栃ノ心も休場でつまらない場所になりました。

編集部: 大相撲は横綱の暴力問題や、貴乃花親方らの内部抗争で、
     イメージがよくないですね。

横尾 : せっかくの日本人横綱の稀勢の里も8場所、休場続き。
     プロスポーツとして失格ですよ。
     入場料を下げてもらいたいですね。

編集部: でも人気があるように見えるのはなぜですか?

横尾 : NHKの中継と、NHKがあまり厳しいことを言わないのが、
     ぬるま湯世界につかっている原因と思います。
     つまり国技の名目で甘やかされているのです。
     サッカーと比べてください。
     日本代表の西野監督は短期間でチームをまとめ、この前のワールドカップで
     善戦しましたが、すぐに解任です。
     プロ野球でも成績がわるければシーズン途中で監督解任もあります。

編集部: すると大甘の大相撲は、自浄作用がない限り見離されますね。

横尾 : はい、NHKも大甘中継は考えどころだと思いますよ。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-07-18 09:01 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.412

連日の猛暑、皆さん生きてますか!我が家の寝室にはエアコンがなく、扇風機だけでなんとかやり過ごしていたのですが、昨年とうとう耐え切れずに、ウインドファンを導入しました。長年エアコンになれていたせいか、久しぶりのウインドファンの轟音に耐え切れず、昨年は耳栓をして寝ていたのですが、今年はあまりの暑さに耳栓なくても爆睡できるようになってきました。たかだか、我が家の寝室事情ひとつのことですが、年々地球規模で気候が厳しくなっているのはどうやら現実のようです。2030年には、地球のほぼ全域にわたり高温化するとのデーターも・・・エアコンのおかげで室内はまだ暮らしていけますが、生きていくためには外に出なくてはならないことも多い中、今後地球はどうなってしまうのでしょうか?宇宙ステーションでの作業のように、地球上でも室外作業時はなんらかの宇宙服的なものを着ないとダメになってしまうのでしょうか?アメリカの火星探索も、単なる人類の夢ではなく、必要に駆られ急務になる日も近いのかも。

[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-07-18 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE