週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

今週の気になる? Vol.21

        第21回  【いま話題の白熱教室とは?】

d0178451_10383026.jpg
編集部: さて今週の気になるですが。

横尾 : 今年ハーバード大学のマイケル・サンデル教授の本
      『これからの「正義」の話をしよう』が、
      ベストセラーになりました。
      また彼が大学で学生を相手にディスカッションしながら
      講義を進めていく「白熱教室」も話題になり、
      『ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業』
      という2巻本も売れています。
      NHK教育テレビでもその様子が連続して放送されました。

編集部: 人気の背景にはなにがあるのでしょうか?
d0178451_10383425.jpg

横尾 : 先々週の「もしドラ」(『もし高校野球の
      女子マネージャーがドラッガーの
      「マネジメント」を読んだら』)を紹介した際にも
      少し触れましたが、世の中が混迷して、
      未来への希望が見いだせないときに「正義」という
      考え方の本質をもう一度考え直してみたい、
      という潜在的な欲求が
      人々の心の中にあるのではないでしょうか。

編集部: 正義の考え方を見直すと?

横尾 : そうです。
      現代は「善と悪」という対立する2つの概念が単純化され過ぎていますね。
      昔、ボクらの子ども時代は、「月光仮面対どくろ仮面」という2つの対立する
      善悪がハッキリしていました。古いですけどね(笑い)。
      「仮面ライダー対ショッカー」、「水戸黄門対越後屋・悪家老」でも
      いんですが(笑い)。まあマンガやドラマでもハッキリしていました。
      でも現代社会では起きる事件や事象をあまりにも単純化し、
      一方を悪者扱いし過ぎて、新聞やテレビで皆で叩けば、
      それでコトが足りるような社会になってしまいました。
      それに警鐘を鳴らし、正義という概念はそんな単純なものじゃないよ、
      というのがこの本の趣旨だとお考えいただければ…。


編集部: 確かに改めて正義とは何か、と問われると考えてしまいますね。

横尾 : 時代が進むにつれて善と悪は、そんなにハッキリとした対立概念ではない
      ということがわかってきたのではないでしょうか。
      19世紀後半から世界思想になった人権、富の平等、福祉などの理念や
      概念が、20世紀後半から優勝劣敗、勝ち組負け組の「新自由主義」の
      考え方が復権したことで、より正義の概念が大きく揺すぶられているんですね。

編集部: 日本でいえば構造改革、小泉・竹中路線ですね。

横尾 : 日本は2001年に小泉さんが登場してきたあたりから優勝劣敗の思想は
      自己責任ということばと裏腹に登場しました。
      このような一見分かりやすい図式的な二元的な考え方が危険なのですね。
      昔は西部劇では騎兵隊が善、「インディアン」(先住民族)が
      悪とされてきました。いまはそれを信じている人はいませんね。
      ところがアメリカではいまでも西欧世界は善、イスラムは悪だとの
      単純な二元法でイラク戦争やアフガン戦争をやっています。
      人間社会の営みに善悪は確信犯的な殺人、窃盗などをのぞいてはそんなに
      単純に割り切れるものでもないんですね。

編集部: だからこそ「正義」を見直して、浅い考え方ではなく深く哲学として
      考えようというのがサンデル先生のモチベーションなのですね。


横尾 : そのとおりです。
      正義とは時代や置かれた個々の状況の中では判断基軸が異なり、
      絶対的な概念ではなく相対的な概念ではないか、ということですね。
      それに従って善悪の単純二元論もマンガやドラマの世界では通用しますが、
      世界を認識したり理解する方法としてはあまりにも単純で危険です。
      メディアやネットなども善悪二元論に傾いていますが、
      リテラシー(読み解き能力)を私たち自身持つことが課題となります。
      そんなことを考えさせられる一冊です。

編集部: サンデル先生のからの質問を何か紹介してください。

横尾 : では『これからの「正義」の話をしよう』から1問。
      「1人を殺せば5人が助かる状況があったとしたら、
      あなたはその1人を殺すべきか?」、さあどうでしょうか?考えてみてください。
      哲学の問いですから「正解」はありません(笑い)。
      深く考えることが重要です。
[PR]

  # by weekly-yokoo | 2010-11-17 10:44 | 今週の気になる?

編集後記 Vol.21

ハリーポッターがついに最終章公開~!ん?Part1?最終章でPart1って!!
いつの頃からでしょうか?
エンターティメントの世界に露骨にビジネスの匂いがしても気にしなくなったのは?
いつの頃からでしょうか?
おとぎ話に大人の影がちらついても見ぬふりできるようになったのは?
大脱走とか、スティングとか、昔、いい映画はそれで完結してるところが男前だったのになぁ。
ジョーズ2とか、ロッキー2あたりから映画がおかしくなった気がします。
細かく例をあげ出すと、あまりにも繁雑になりすぎるので、あえてピンポイントの例を出しましたが、
だいたいそんな感じじゃないですか?
まぁ、ハリーポッターの場合、原作本からしてかなりの引っ張り感があったので、
映画がどんだけ引っ張っても不思議じゃないですけど、
こういうのが当たり前になっていることが嫌ですね。
テレビドラマでも、映画まで結論を引っ張ったりとか・・・そういう小手先の手法をとることは決して
将来的に得な事じゃないとわかっていてもやらざるを得ない業界事情というか、
現代の世の中のお仕事スタイル事情が余計な閉塞感を作っているんですよ~!
社名とかキャッチコピーばかり、夢だの愛だの言ってないで、内容で夢と愛を示して頂かないと、
本当に夢も愛も忘れた世界になってしまいますよ!聞いてる?!
[PR]

  # by weekly-yokoo | 2010-11-17 10:31 | 編集後記

第20回  【尖閣ビデオ流出は日本のハジだ!】

         第20回  【尖閣ビデオ流出は日本のハジだ!】


編集部: 今、世間では尖閣ビデオがネットに流出して大問題になっています。

横尾 : この問題はとても大きな事件なので、いま時点での問題を整理してお話しします。

     ①政府の危機管理体制の欠陥や危機意識の欠如は問題です。
            (政権が何党であれ、危機管理対策は重要です)
     ②しかし今回の流出に公務員(海上保安庁、検察)が関わっているとすると、
        この事件は政権を倒そうとする情報テロやクーデーターに相当します。


      まだ犯人がわかっていませんが、ボクは確信犯であり、愉快犯ではないと思います。
      もし公務員だった、らクビを覚悟でやった行動だと思います。

編集部: まだ全貌はわかりませんが、目的は政権の中国に対する外交姿勢の不満が
      背景にあるのは間違いないような気がするのですが・・・


横尾 : そうですね。
      もし愉快犯の犯行だとしたら外交問題に余計なことしたなあ、という怒りがあります。
      外交問題では漁船衝突のどちらが正しいかという、交通事故レベルでの話ではなく、
      領土問題ですから最後は戦争まで考えなくてはいけない。
      その決意が今回の犯人にはあるのかどうか。
      国家には多様な考えを持つ国民が背景におり、必ずしもコトをハッキリさせる事が
      いいのかどうか、将来の日本国民の幸せになるのかどうか深く考えて、ボクたちも
      この事件を見ないといけないと思います。

編集部: 今回の流出事件は、政府に大きな打撃を与え外交も心配されています。
      内閣支持率も急落しています。


横尾 : 菅さんの外交姿勢がよく見えないことがありますね。
      まずここで大切なのは中国との関係、今週末横浜であるAPECに胡錦濤国家主席が
      来るのかどうか、来ても菅首相との首脳会談はあるのかが一番です。

編集部: ロシアも大統領が北方領土訪問で日本に揺すぶりをかけています。

横尾 : 日露首脳会談が行われるかも注目です。
      オバマ大統領との日米会談は設定されていますが。

編集部: 日本外交、今後はどうしたらよいでしょうか。

横尾 : 何かあったら間髪をいれずに、菅さん本人や特使を当該国へ派遣することですね。
      場あたり的な対応ではなく、日本の外交戦略を持ち、国民に説明することですね。

編集部: いきなりトップが乗り込んで来たら相手もあわてるでしょうね。

横尾 : 時にはそういう行動も大事です。
      その上で考えるべきは、領土問題。
      いま、ロシアとの北方領土、韓国との竹島、2つは両国に実行支配されています。
      中国とは尖閣、東シナ海ガス田がありこちらは日本が実行支配しています。
      日本は主権をしっかりと主張することと、外交は国是である平和憲法、
      憲法第9条を守り、国際紛争を武力では解決しない、という立場をより鮮明にする
      必要があります。おカネを配って経済問題で解決しようとする考え方も
      2~30年前にはありましたが、もう無理です。
      ロシア、中国とも経済が伸びていますから。
      またアメリカが日本の味方にならないことだけは、はっきりとしています。
      今後は日本独自の主張と平和外交でプレッシャーをかけることが大事です。
      その為の武器は日本の得意分野の技術やコンテンツです。
      一見するとヘラヘラした外交でも、腰が据わった外交になると思います。

編集部: 国土問題は簡単に解決出来るとは思いませんが、
      政府としてハッキリとした主張を持って対応してもらいたいですね。
      本日もありがとうございました。

[PR]

  # by weekly-yokoo | 2010-11-10 12:32 | バックナンバー

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE