週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

今週の気になる? Vol.42

          第42回 【反原発ソング、忌野清志郎の先見性】

編集部: さて今週の気になるですが?

横尾 : ずばり反原発ソングを紹介したいと思います。
      今度の事故で忌野清志郎の替え歌「サマータイム・ブルース」と「ラブ・ミー・テンダー」を
      思い出しました。
      どちらとも外国の楽曲をカバーしたアルバム『COVERS』に収録されているのですが、
      反原発を歌った歌詞に変えて発表したので、すぐに発売中止となった経緯があります。
      ユーチューブなどでも聞けますので聞いてみてください。

編集部: 聞いてみたんですが、いま聞いても全然古びていないですね。

横尾 : 逆に清志郎の正当性が今更ながらわかった、という感じです。
      日本では反核の草の根運動の大きなうねりが1980年にありました。
      アメリカのスリーマイルの原発事故が1979年、チェルノブイリが
      1986年でしたから80年代は反核反原発の草の根運動が世界で起こった
      年代なんですね。日本でそのときに最先頭に立ったのが忌野清志郎です。

編集部: かっこいいですね。

横尾 : ところが警鐘を鳴らしたのに、90年代以降メディアは「原発は安全」
     という言説を大々的に流し始め、いつの間にか私たち庶民のなかに
     原発安全神話ができてしまいました。
     それが崩れたのが2007年の新潟中越地震での柏崎刈羽原発での事故と
     東京電力の事故隠し、情報隠し疑惑でした。
     歌詞にもありますが、「それでもテレビは言っている。日本の原発は安全です」。
     いまでもテレビに出てくる御用学者は、研究費などをもらっているような
     人達ばかり。反原発の学者はテレビに出演できてません。

編集部: それでいつしか原発は安全、という刷り込みされていたのですね。

横尾 : いまこそ大震災の支援やチャリティなど美談が英雄視されますが、
      歌手にも正面から反原発の歌をうたってほしい、と思います。
      骨のある活動した人の真価は死後20年、30年経ってから評価されます。
      ホント忌野清志郎を讃えたい。他にもザ・ブルー・ハーツが「チェルノブイリ」という歌を
      うたっていますが、もう一度、反原発ソングを聞き直してはいかがでしょうか。
[PR]

  # by weekly-yokoo | 2011-04-13 10:27 | 今週の気になる?

編集後記 Vol.42

ファッションでも芸能でも、新しい文化は若い感性から生まれてくるものですね。
それとは対照的に、分別だったり道徳観念だったりというものは、年長者、つまり人生経験の豊富な人たちから教わるものです。
どちらの発信のものでも、そう言ったものは一つの情報として人々に広まっていきます。
昨今は、その情報をつかさどるメディアがITとかハイテクとか、とかく年寄りには使いづらい物が中心になってきています。ネットとかね。
すると必然的にネットとかを得意とする若い人発信の情報が、世の中の情報の多くを占めるようになってきてしまうわけですよね。
ネットを中心として生まれる新しい文化は大いに歓迎ですが、ネットが主導となってしまう世論の形成は、危ういもののような気がしますね。つまり、若者が考える道徳的観念とか分別といった事が世論になってしまうのはどうよ?という事。
だって、ネットの掲示板やツイッターに見られる悪癖。たとえば何でもかんでもすぐ人の上げ足を取るような“吊るし上げ”文化なんて、小学生レベルの行いですよね。それをまた、腐敗組織の内部告発的な事と混同して正当化したりして。
今回の災害で、被災された方以外の人々が“何をしても罪悪感みたいな事を感じてしまう”といった現象が多く起きているようです。
こんな時にこそ、年長者のアドバイスが必要だと思うんですよ。
ネットの持つコミュニケーション力の大きなパワーを、そう言うところに活用していきたいですね。
[PR]

  # by weekly-yokoo | 2011-04-13 10:17 | 編集後記

第41回   【原発にかわる新エネルギーを!】

        第41回   【原発にかわる新エネルギーを!】

編集部: いまなお深刻な原発事故ですが、今後もエネルギー源の電力は
       ますます必要だと思います。
       原発に頼らない電力はどう発電したらよいとお考えですか?


横尾 : 日本の発電量で原発が占めているのは、約29%(2009年)です。
      一覧表にしてみるとこうなります。
      原発    29%
     天然ガス 29%
     石炭    25%
     水力     8%
     石油     7%
     新エネ    1%


編集部: 意外と石油が少ないですね。

横尾 : 今は天然ガスですね。
      いずれにせよ石炭、石油など火力系は二酸化炭素排出で問題があり、
      これからは風力、太陽光、地熱、バイオマスなど
      新エネルギー、グリーン電力の時代です。
      原発につぎ込んだ莫大なお金を、新エネルギーの技術開発に使えばいいんです。

編集部: しかし技術開発しても1、2年では無理でしょうね。

横尾 : そうですね。だから過渡的には原発の発電量を少なくし、
      後の4つの発電手段の割合を少し増やしていく。
      そして新エネ発電が軌道に乗ったら原発全廃ですね。

編集部: しかし、原発を今後も増やそうとしていたんですよね?

横尾 : そう、電力会社も国も、事故が起こる前は
      2019年度までに原発割合を41%に増やそうとしていました。
      新規の原発建設で発電割合を増やそうと思っていたんです。
      今回の事故でそのシナリオは崩れました。当然です。

編集部: エネルギー政策全般の見直しが必要ですね。

横尾 : 日本では発電と配電が一緒の会社(電力会社)であり、なおかつ競争がない。
      コストに「適正な利潤」を乗せて料金を徴収するわけですから、
      絶対損はしない。しかも大企業には「産業用」として安く電気をウリ、
      家庭用の電気で儲けている。
      このあたりの仕組み全体を組みかえていかないと、「原発依存」、「競争原理がない」、
      「しわ寄せは家庭や消費者」の構造は変わらない。
      電力会社も新エネで競争し、商売ができ、自分の会社が成り立っていく考え方に
      転換してもらいたい。
      それが今回の原発事故の大きな教訓です。
[PR]

  # by weekly-yokoo | 2011-04-06 10:34 | バックナンバー

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE