週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第406回  【 モリ、カケ 誰も政治責任をとらない政府 】

 第406回 【 モリ、カケ 誰も政治責任をとらない政府 】

編集部: 今週の話題をお願いします。

横尾 : 国会やメディアで森友学園や加計学園の問題を追及され、
     森友では財務省の役人を自殺にまで追い込んだにもかかわらず、
     安倍首相、麻生財務相など政権の政治家は誰も責任をとりません。
     加計学園では愛媛県の公文書でも明らかになった首相との面会を、
     加計学園側が間違いで愛媛県に報告した、と言い逃れをしています。

編集部: 森友の財務省役人の処分も軽いものですね。

横尾 : 大阪地検特捜部も政治家を追求するのが怖くて、
     森友問題での公文書偽造を不起訴にしました。
     おまけは財務省事務方トップの事務次官のセクハラ問題です。

編集部: 結局1年以上かかっても、
     両事件の官邸の関与は何ひとつ明らかにならなかった?

横尾 : 言い逃れの「記憶にない、記録がない」、国会答弁でも野党の質問に
     まともに答えずに審議時間切れを狙い、政治が地に堕ちた、との感想を
     ボクは持っています。

編集部: なぜこのような事態が続くのでしょうか?

横尾 : 原因は複合的で安倍一強、といわれる国会内部での大量の自民党議席、
     たまには批判するけど基本的にくっついている公明党。
     高級官僚の人事権を官邸が握ってしまったこと、無関心、
     無自覚な国民をつくってしまったメディア、特にテレビメディアですが。
     そのあたりが原因ですね。

編集部: 野党は元気がないようですが?

横尾 : 基本的に小さく無力で、なおかつ旧民進党が3分裂して存在感を示せません。
     また本気で安倍政権打倒に向かっているとは思えません。
     来年の4月の統一地方選挙、7月の参院選挙で自分たちの議席が
     増えればよい、と思っているのです。
     むしろ安倍政権の失態をずっと引きずってくれているほうが、
     自分たちに有利だと。

編集部: 今後はどうなるでしょうか?

横尾 : 誰も政治責任をとらなくてよいことになると、後世への影響が心配されます。
     つまり後の世代がこんなこと、つまり一国の総理大臣が
     自分のオトモダチを優遇してもよいと。
     多くの国民はみなわかったり、おかしいと感じたりしている問題が、
     権力が怖くて何も言えない状況がまかり通れば、
     もうこれは柔らかなファシズム(全体主義)です。

編集部: みなが黙っていることですね?

横尾 : そうです。
     たとえば子どもが「王様は裸だ!」と真実を言っても、/div>
     みな知らぬふりをして通り過ぎることです。
     そのような事態はいまよくても、後世に悪しき前例主義を作る事になります。
     その意味でも安倍首相の責任は大きいです。
     反知性主義や政治家にとっての正義を問われる事態です。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-06-06 09:02 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.406

    第406回 【 アメフトを知らない! 】

編集部:「今週の気になる?」のコーナーは?

横尾 : はい、日大アメフト部のルール違反で、
     対戦相手側の選手を負傷させたことが大問題になりました。

編集部: 地上波テレビはワイドショーで毎日放送しています。

横尾 : テレビには困ったもので、NHKまで朝、昼、夕、夜のニュース、
     みなテーマにあがっています。
     国会でのモリ、カケ、残業ゼロ法案、カジノ整備法案など問題山積み、
     米朝交渉、アメリカとの関税問題などニュースでとりあげる話題が
     多いにもかかわらずです。
     ただでさえNHKは災害やお天気ニュースを過度に放送し、
     政治や国際ニュースを短くして時間枠を消費しています。

編集部: たしかにニュース枠で必ず放送してますね。

横尾 : 1か月位毎日放送してるアメフト、
     正式には「アメリカンフットボール」ですが、
     その内容をボクたちはまったく知らない。
     試合形式やルールなどもわからない。
     ボールが楕円形でラクビーに近い競技のようにも思えますが。

編集部: ルールなど日本の一般の人はほとんどわからないでしょうね。

横尾 : 少しくらいはアメフトのルールや競技解説をした
     番組があってもよいと思いますが。
     あの日大のおかげで、逆にアメフトが一般的な用語になったといえます。
     でもルールは誰も知らない(笑)。

編集部: しつこく繰り返されるあの反則シーンで、ボールを持っていない人に
     タックルしてはいけない、というのはわかったのですが。

横尾 : そうですね(笑)。
     どうすれば点が入るのかわからないです。

編集部: でもアメフトはアメリカではすごい人気のスポーツだそうです。

横尾 : 「好きなスポーツ」の世論調査で、アメフトは野球の4倍くらいの
     支持があるそうですね。
     日本は大リーグの野球ばかり報道されていますが、
     アメフトのほうは何もわかりません。
     アメリカ人はみな野球が好きだと、勘違いしてしまいます(笑)
     ここにも日本のメディアのトンチンカンが、よく現れていますよ。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-06-06 09:01 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.406

6月3日に安室奈美恵の国内5大ドームツアー『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~』のファイナル公演の東京ドームに行って参りました。初めてにして最後の鑑賞になりました。チケットの取れなかったファンの人達はドームの周りに集まり、微かに聞こえてくる彼女の歌声に耳を傾けるなどしてました。彼女の生き方は、かなりの人達に影響を及ぼし、かつてはアムラーなるブームまで起こしました。筆者とは、同世代の安室氏。懐かしさや様々な思いを巡らせながら見て来ました。まさに平成の音楽史を変えたアーティストです。9月16日に引退ですが、残り3ヶ月どうするのでしょうか?個人的には、来年の新年号を『安室元年』にして欲しいものです。間もなく梅雨になりますが、平成最後の夏を共々に楽しみましょう。

[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-06-06 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE