週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第390回 【 名護市長選、民意とは何か!】

   第390回 【 名護市長選、民意とは何か! 】

編集部: 今週の話題をお願いします。

横尾 : 2月4日に沖縄・名護市で市長選挙が行われました。
     辺野古の新基地建設中の地元です。
     基地建設反対派で翁長沖縄県知事と共に行動をしてきた現職の稲峰氏が、
     自民・公明両党の推す、渡具知(とぐち)氏に負けました。
     3期目の挑戦で現職は強い、相次ぐ米軍ヘリなどの事故で
     沖縄住民の反基地感情など、稲峰氏が負ける要素はなく、
     昨年末ごろまでは大差での勝利、といわれていました。

編集部: では、なぜ負けたのでしょうか?

横尾 : 自民党の戦略勝ちだと思います。
     まずは前回自主投票だった公明党を味方につけて、
     自公の推薦候補としました。
     そして東京から大物国会議員を現地に投入、小泉進次郎議員が
     2回も名護を訪れ、18歳で選挙権のある若者たちに訴えました。
     また辺野古基地問題を渡具知氏に経済、沖縄振興など、
     庶民にとって切実な「明日のお米」の話を中心に選挙戦を展開しました。

編集部: つまり基地や安保などを語らず、若者対策や振興策など庶民にとって
     身近な生活を訴えたことが、自民党にはよかったのでしょうか?

横尾 : そうです。
     野党や基地反対を掲げて選挙を戦った人たちは、
     この現実に目を向けるべきだと思います。

編集部: ということは?

横尾 : つまり庶民は日米安保や不平等な日米地位協定、基地建設など政治的な
     イデオロギーの匂いがする政策より、身近な「明日のお米」に関わる
     仕事・就労、子育て、社会保障、公共事業などに関心があるし、
     難しい政治話より身近な経済話に興味があります。
     庶民にとっての「政治」とはそのようなものだと思います。
     ボクは若いころ立川市に住んでいて、米軍基地があり、
     返還後自衛隊基地になりましたが、基地反対派はいつも少数でした。
     それは庶民が悪いのはなく、インテリにとっての「政治」は理念だけど、
     庶民にとっての「政治」は、「明日のお米をどうする?」なんです。
     難しくいえば理念政治と実利政治の違いです。

編集部: それは権力者が庶民をバカにしている、ということですか?

横尾 : はい、明治以降の近代政治は「愚民政治」「愚民政策」を続けています。
     戦後は民主主義が進み、権力者・為政者は少し大人しくなりましたが、
     いまは反知性主義の波に乗って、庶民をバカにしきっています。
     国会審議の大臣答弁、官僚答弁を見ればよくわかります。

編集部: すると愚民政治はまだまだ続く?

横尾 : これは脱原発でも、改憲でも同じです。
     愚民政策のプロパガンダを続けていくでしょう。

編集部: このような知恵はやはり官僚が?

横尾 : そうですね。
     いまの政治家は自民党をみればわかりますが、みな2世、3世議員で、
     自分たちで考えだした愚民政策ではないですね。
     明治以来150年に及ぶ、官僚の知恵と経験でしょう。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-02-14 10:03 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.390

   第390回 【 冬季オリンピツクが始まる! 】

編集部:「今週の気になる」です。

横尾 : 9日から開幕しましたが、五輪政治・外交ではなんといっても
     北朝鮮の金正恩氏の実妹、金与正さんが「金王朝」の一族としては
     初めて韓国に出向いたというのがハイライトですね。

編集部: 開会式でも文大統領の後ろの席で手をふっていたシーンがありました。

横尾 : その政治的な意味はさておき、北朝鮮の硬軟戦術の軟の部分ですね。
     硬い戦術はもちろんミサイルと核でアメリカ、そしてその追随国の
     日本に向けて発信されています。
     でも今回の平昌冬季五輪、25日までですが、また日本のメディアは
     メダルが何個とれるか、ばかり報じるようでおもしろくありません。

編集部: いつも五輪報道はそうですね。

横尾 : メダル競争になっているのは事実ですが、やはり五輪は
     参加することに意義がある、という祭典性を忘れてはいけないと思います。
     今回南太平洋の島国トンガの旗手は、気温マイナス7度、
     極寒のなか上半身裸姿で出てきてアピールしました。
     メダルをとることだけが目標ではなく祭典、世界平和がたとえ偽の
     物語だとしても、その姿を示してほしいですね。

編集部: そうですね。

横尾 : 五輪、つまり五つの輪、五大陸の象徴の精神を生かし、
     帝国主義の時代にあって平和や、国を超えたスポーツでの交流などの
     目的に立ち戻ってほしいですね。
     実力比べは、各種目の世界大会(ワールドカップ)で競ってほしいですね。
     あまり日本のメダル数を過去と比べてうんぬんするのはよろしくないです。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-02-14 10:01 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.390

テレビ番組の出演者を決める時にそのタレントのTwitterのフォロワー数で決めたりする時代。モノづくりの代表的なメディアもマーケティングの波には勝てません。どの仕事の現場でも何かしら話題に登るSNSですが、最近驚いたことがあります。FaceBook・Twitterの後に出現し若者を中心に人気のLine。比較的最近の流行りかと思っていましたが、利用者の中心は40代だそうで、10代のLine離れが顕著なようです。コミュニケーション過多がその原因だとか。Lineの機能で、複数の人間と同時に文字による会話ができるグループLineというのがあります。「明日ディズニーランドに行く」というだけで、その友達数人でグループラインを簡単に作れてしまうので、連絡事項のやり取りにはすごく便利なのです。しかし、このグループが乱立しすぎて、若者は100組以上のグループを抱えることもザラだとか。会社の若手などもそのせいで、毎朝未読のLineが100件以上になっているそうです。これにうんざりしてLineを止めているのが10代だそうです。確かに周りを見ると、自分を含めて得意になってグループLineを使っているのは、40代50代のおじさんおばさんばかりです。別に世代ごとに楽しんで使えばいいのですが、それでも10代が飽きたものにしがみついているのがカッコ悪い気がしてしまうのは、自分が感性若者至上主義的な傾向が強すぎるのでしょうか。

[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-02-14 10:00 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE