週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第414回 【 最低賃金が上がるけれど…! 】

   第414回 【 最低賃金が上がるけれど…! 】

編集部: 今週の話題をお願いします。

横尾 : 先週、厚生労働省の諮問機関が最低賃金のモデルを示し、
     全国平均で26円引き上げ、
     時給874円としました。
     地区別に分かれているので、東京では時給986円になりました。

編集部: 最低賃金というのをもう一度確認すると?

横尾 : はい、時給に直して、示された金額以下で働く人を使ってはいけない、
     というものです。
     10月から実施の予定です。

編集部: この影響はどのようにでますか?

横尾 : 働く側には引き上げて当然だと思います。
     いま物価がじわりと上がっています。
     非正規雇用が全体の4割を占めるなか、
     賃上げしても追いつかないでしょう。

編集部: 雇用する側にとっての影響は?

横尾 : 人出不足は深刻です。
     保安(ガードマン)、運輸、建設など人手が足りません。
     またコンビニなどでも外国人の店員が多いです。
     人手確保のためには賃上げが必要ですが、
     中小零細の下請け企業は元の単価が上がらず、
     従業員の給与ばかり上がると経営を圧迫し困ると思います。

編集部: なるほど。他には?

横尾 : 大企業は莫大な利益を上げているので、
     それを自分の会社、ないしは関連会社も含めて非正規雇用者に
     直接、 一時金(臨時ボーナス)として還元すればよいと思います。
     年俸制、時間給ないしは日給で働く非正規雇用者です。
     もちろん正社員も同様ですが。

編集部: 少子化が進み、雇用の問題も根本的に見直さないといけませんね。

横尾 : 政府は外国人労働者を受けいれるようですが、
     彼らも景気の良い、悪いという雇用の調整弁ではなく、
     技術や技能、スキルを身につけてもらって日本社会になじみ、
     社会の多様化を実現していかなくてなりません。
     それには外国人に向き合う政府の姿勢が大事です。

編集部: AIはどうですか?

横尾 : これは長い話になるので別の機会にするとしても、
     活躍するAI、ロボットが誕生する前まで外国人労働者の雇用で
     凌ごうとする政府や財界の姿勢はミエミエですね。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-08-01 09:45 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.414

   第414回 【 「万引き家族」が提起した問題 】

編集部:「今週の気になる?」のコーナーは?

横尾 : カンヌでグランプリを受賞した映画「万引き家族」を観ました。
     是枝裕和監督とリリー・フランキーほか出演者の息が合って、
     見ごたえがありました。

編集部: どんなストーリーなのですか?

横尾 : 東京の下町に住む5人家族のもとに、
     ネグレクトにあった少女がやってきて、
     それぞれ5人の過去が明らかになっていく話です。

編集部: おもしろいところはどこでしょうか?

横尾 : 出演者のセリフが短く、ボソボソ話し、
     説明がないところがとてもよいです。
     北野武監督の映画もそうですが、説明が多すぎる映画はダメです。
     もちろん小説も同様ですが。

編集部: 万引き、など犯罪を素材にした事で意見が出ているそうですが?

横尾 : フィクション、映画や文学も犯罪を素材として描くことは
     たくさんあります。
     勧善懲悪がドラマだと思うとそれは間違いです。
     映画を見たり、本を読む人が、映画で語られた世界、
     また描かれていない背後を想像し、自分の中でどう考えるのか、
     それが芸術の根本だと思います。
     つまり表面上のストーリーだけではないということです。

編集部: そうですね。

横尾 : 最近表面だけを見て、いろいろな言説が飛び交いますが、
     事の本質を見極めることが反知性主義の時代にあって、
     とても大切なことだと思います。
     その点「万引き家族」は家族の絆、
     低所得者層の実態などという薄っぺらなことではなく、
     人間が生きるということの本質をとらえていると思います。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-08-01 09:38 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.414

相変わらずの異常気象ですが、本年もいよいよ夏本番を迎えます。花火、海、プール、祭り、様々な夏イベントがありますが、病気や怪我、または事件などに巻き込まれないように注意が必要です。筆者も、数年前に野外ライブに参加した時、急などしゃ降りで、雨具を持っておらず、全身ずぶ濡れになって帰った記憶があります。特に大事には、至りませんでしたが、良い教訓でした。今では、夏の雨具は必需品です。備えていても、今の時代、何が起こるかわかりませんが、備えていないよりマシだと思います。夏のイベント、準備をしっかりして楽しい夏休みを。

[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-08-01 09:30 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE