人気ブログランキング |
週刊!横尾和博
月刊!横尾和博

<   2019年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

月刊 第11回 【 IOC 五輪のマラソン、競歩は札幌で!】

月刊 第11回 【IOC 五輪のマラソン、競歩は札幌で!】

編集部: 今月の話題をお願いします。

横尾 : 10月末にIOC(国際オリンピック委員会)の調整委員長が来日し、
     来年夏のオリンピックのマラソンと競歩を
     東京ではなく札幌開催に決定しました。
     小池都知事は反対の声を大にしていましたが、
     「合意なき決定」でIOCには勝てなかったですね。
     日本では小池都知事と森組織委員会会長(元首相)と不和説もあり大変でした。
     まだ経費や来年夏の東京都知事選挙をめぐって、尾を引く展開になっています。

編集部: 突如降ってきたようなニュースでした。

横尾 : 詳しく報じられているように今年、中東ドーハで開かれた世界陸上大会で、
     炎暑のためマラソン、競歩のランナーの棄権者が続出。
     それでIOCが危機感を持ったんですね。

編集部: 率直な疑問ですが、東京は暑いのがわかっているのに、
     なぜIOCは今になって会場を移せといってきたのですかね?

横尾 : 選手の安全を強調していますが、IOCの自己保身。トラブル回避のね。
     それと日本以外での視聴率が上がらないからでしょう。
     自国選手が途中棄権してしまうと。

編集部: もうひとつの疑問は昔(1964年)の東京オリンピックのように
     10月とか秋に開催すればよいと思うのですが?

横尾 : メディアはあまり報じていませんが、スポンサーやアメリカのテレビ視聴率、
     つまり放映権が絡んで秋には難しいようです。
     オリンピックは企業や広告代理店、テレビ局など
     スポーツの商業一大イベントなんですね。
     日本はスポーツ精神を強調しますが、金儲けに乗せられているだけです。

編集部: そうなんですね。3つ目の疑問はIOCの上から目線です。
     事前に東京都に根回しをしなかったのですか?

横尾 : 欧米の政治スタイルはあまり根回しをしないのが特徴。
     それと上から目線は、NHK大河ドラマの「いだてん」を見ても
     戦前からの上から目線が気になりますね。
     日本に決定権はないのです。

編集部: 東京開催以降の21世紀の五輪はどうなると思いますか?

横尾 : 立候補する都市が少なくなり、世界的なイベントは衰退するのでは?
     むしろ競技ごとの世界大会(ワールドカップ)、通称W杯が主役でしょう。
     日本だけだと思いますよ。五輪の意義を強調してるのは。
     日本は「世界」とか「国際」という言葉に弱いんです。
     国際問題や外交問題を勉強してこなかったので中身を知らないのですね。
     そのツケがスポーツにも回ってきたのです。


  by weekly-yokoo | 2019-11-06 09:02 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? 月刊 Vol.11

 月刊 Vol.11 【台風、水害に備える! 】

編集部:「今週の気になる?」のコーナーは?

横尾 : 今年は9月9日に関東地方に上陸した台風15号、
     そして10月12日の台風19号、また10月25日には台風21号の影響での
     千葉豪雨など東日本は大打撃を受けてしまいました。

編集部: 風台風と雨台風でしたね。

横尾 : 8月27日には佐賀や北九州での集中豪雨もありました。
     日本が地球温暖化の影響を受けている確実な証拠です。

編集部: 台風や水害に対してどのような備えが必要でしょうか?

横尾 : 2まず心構え。
     地震と違い、あらかじめ天気予報やニュース、スマホの緊急警報など、
     情報がわかっているので基本は「軽視しない」ということです。

編集部: つまり大丈夫だと思わないことですね?

横尾 : テレビではよく被害に遭った人が「いままで経験したことがない」との
     コメントを同じように繰り返し流します。
     温暖化は人間にはとって初めての経験なので、あたりまえです。
     初めてだから「軽視しない」と考え方の根本を改めるべきです。

編集部: あと準備物などは?

横尾 : 大きな意味で2つあります。
     ひとつは自分の住んでいる場所の地形を調べることです。
     水害や土砂崩れが発生しそうな場所かどうか、です。
     役所のハザードマップは参考にして、自分で土地の形状をみるしかないです。
     ハザードマップで示されていないのに浸水した、とメディアが報じでいますが、
     温暖化現象は人類初めてであり、マップに水害地域となっていないから
     安全だということにはならないですね。

編集部: もうひとつは?

横尾 : 防災用品の準備ですね。
     地震用の防災グッズはもちろん雨具、懐中電灯、電池、ラジオ、
     スマホの電源などです。
     これらは水害の防災用品としてネットで検索できます。
     またはホームセンターでも売っていますね。/div>

編集部: 一番のポイントは?

横尾 : 台風、水害をあなどらないことに尽きます。


  by weekly-yokoo | 2019-11-06 09:01 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.435

台風の被災によって様々な支援が行われていますが、個人的には各社通信事業社が行っている支援措置が良いなと思います。具体的にはデータ通信の速度制限の解除や付属品の無償提供などですが、現代社会においてネットでの情報収集が基本となりますので、この支援措置は本当にありがたいと思います。他にも携帯電話のネットワークに頼らずに情報収集が出来るように、無料開放される公衆無線LANサービス「00000JAPAN」などもあります。ただし、こちらのサービスはすべての人に開放するためにセキュリティ面での注意が必要となります。災害など起こらなければ良いのですが、いざという時に覚えておけば多少なり役に立つと思います。

  by weekly-yokoo | 2019-11-06 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE