週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

<   2018年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

第417回 【 医学部不正入試の怪! 】

     第417回 【 医学部不正入試の怪! 】

編集部: 今週の話題をお願いします。

横尾 : しばらくお休みをいただいておりましたが、復活します!

編集部: お体を悪くされたのですか?

横尾 : はい、体調を崩して少し入院していました。
     都内の大学病院ですが、医師も看護師も皆良くしてくれて安心でした。
     そこで今日の話題です。

編集部: はい、お願いします。

横尾 : 東京医科大学、昭和大学医学部などの入学試験で男女、
     現役生や浪人生への差別が行われていたことが明らかになりました。
     メディアでも報じられていますね。

編集部: あれはひどい話ですね。

横尾 : 病院にいたせいか、妙にそのニュースが心に残りました。
     そもそも減点でも加点でも優遇したり落としたりするには、
     あらかじめ入試要項で
     「ウチの大学は現役生の男子を何点に優遇します」とか明示しないと、
     何も知らない受験生がかわいそうですね。

編集部: どうして入試差別があるのでしょうか?

横尾 : 女性は研修医や医者として働いたときに出産、
     育児で休業するようになるから、
     病院経営のためによくない、といわれています。
     同じように現役男子優遇は、若くして医療現場にでられるということでしょう。
     つまり大学病院の経営的な面から考えた愚策でしょう。

編集部: 医療も経営ですからね。

横尾 : そのシワ寄せが、弱い受験生や患者に行ったらたまりませんよね。
     医療には公的な側面があり、
     だから健康保険制度が存在しているのですから。
     アメリカの様になんでも自由診療で、
     保険が効かずに貧富の差によってうける医療が変わってくるような、
     そんな時代の到来を予測させるようなニュースです。
     受験生だけの問題ではありませんね。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-10-31 09:02 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.417

      第417回 【 赤羽カツ丼ってナニ?】

編集部:「今週の気になる?」のコーナーは?

横尾 : また病院ネタですみません(笑)。
     ボクの入院していた病院はかなり大きな病院で、院内にドトールや
     タリーズの店があり、外来棟にはコンビニもあるんです。
     また入院棟の1階にある売店では勤務する人たちのためにコンビニ同様、
     弁当から飲み物など多種の品揃えです。
     特に昼どきは長蛇の列が出来るんです。

編集部: それはすごいですね。

横尾 : 入院患者も病院の食事に飽きたり、不味かったりするので、
     弁当やパンなどを買いに行きます。
     ボクも退院前の数日は許可が下りて買いにいきました(笑)。

編集部: それはよかったです(笑)。

横尾 : 弁当も種類が豊富なのですが、そこに「赤羽カツ丼」というの見つけたんです。
     これはなんだろう?と思い、すごい興味津々で買いたかったのですが、
     電子レンジで温めなければならず、売店にレンジはあるのですが断念しました。
     残念です(笑)

編集部: 「赤羽カツ丼」はホントに赤羽の名物、B級グルメなのですか?

横尾 : いや聞いたことがありません。
     ラベルを見たら弁当業者は赤羽や北区の業者ではありませんでした(笑)。

編集部: 何で命名したのでしょう?

横尾 : 最近の赤羽ブームに便乗かと。
     B級グルメも駒ヶ根ソースかつ丼とか、勝浦タンタン麺とか
     有名になったものがありますしね。
     基本的に赤羽や北区のB級はおでんだと思います。
     なんでもかんでも土地の名前をつければよいわけではありませんね。
     「世田谷〇〇」とか「表参道〇〇」とかブームにのっているだけですよ。
     まぁそれだけ赤羽も有名になって嬉しい気持ちもありますが(笑)

編集部: 今度赤羽カツ丼を試食してぜひ紹介してください。

横尾 : わかりました。
     ただ売っているのが病院の売店なので、また病院へ行かなくてはいけませんね(笑)。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-10-31 09:01 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.417

今年のサンダンス映画祭で観客賞(NEXT部門)を受賞した映画「search サーチ」が今月26日から公開されています。内容的には行方不明になった娘を父親が探すという作品なのですが、この映画の見所は何と言ってもパソコンの画面の中で全てのストーリーが展開するという事でしょう。この様な手法の映画は過去にも「アンフレンデッド(2015年)」や「ブラック・ハッカー(2014年)」などでもありましたが、昨今ますますSNS時代という事もあって、注目が集まっています。今作の主演は韓国生まれのアメリカ人「ジョン・チョー」。アジア系の俳優が主演する事自体珍しく、メジャー配給のスリラー作品では初めてです。他にも今夏に公開され、1億5,000万ドル以上稼ぎ出してる映画「クレイジー・リッチ!」は、キャスト全員がアジア系です。アメリカでは「アジア系映画はヒットしない」との先入観がありますが、覆す勢いで頑張ってもらいたいですね。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-10-31 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE