週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

<   2018年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

第404回  【 「働き方改革」は残業代ゼロ? 】

   第404回 【 「働き方改革」は残業代ゼロ? 】

編集部: 今週の話題をお願いします。

横尾 : 国会で「働き方改革」の法案が審議されています。
     今の与野党の圧倒的な議席差でいえば、
     6月20日会期末までの国会で法案通過となるでしょう。

編集部: 最近「~改革」と聞こえのよい言葉がありますが、「働き方改革」とは?

横尾 : 大きな柱は「裁量労働制」「高度プロフェッショナル制度」の2つです。
     裁量労働制は厚生労省のデータがいい加減で、
     野党から指摘をされ今回は削除しました。
     後、高プロの方が法案として、その他の労働法制と一括で残っています。

編集部: 「高度プロフェッショナル制度」では?

横尾 : 「高度プロフェッショナル制度」とは年収約1075万円以上の
     企画担当やアナリストなどの専門職において労働時間規制を取り払い、
     残業代を払わない制度です。

編集部: つまり成果がすべてで、残業代はなし?

横尾 : はい、成果をあげるのは重要です。
     でもこの法案は一応月100時間の残業の上限規制はありますが、
     月100時間という目安は過労死のラインで、これを合法化する事になります。
     たとえば月22日労働で9時間労働(休み時間拘束1時間含めて)、
     残業は100時間を22日で割ると、1日あたり4・5時間くらいになります。
     つまり午後6時を終業時間とすると午後10時半までは、
     毎日働いても残業代がないことになります。

編集部: 体がきついし、年収も見合わないですね。

横尾 : はい、過労死ギリギリでしょう。
     あと年収の1075万円規制は、関係ないと思っている人が多いのですが、
     これは厚生労働省の省令などで改悪され、
     国会審議しなくてもその時の政権の思惑で変えられます。
     一回導入されれば、どんどん悪くなるのは当然です。

編集部: なんでこの法案がでてきたのでしょうか?

横尾 : 経済界の要請です。
     人件費を安く抑えようとするのがミエミエです。
     それでなくても日本の大企業は利益が上がって、
     ためこんでいるお金である内部留保が、史上空前の約400兆円あります。
     労働者に還元して非正規雇用をなくし、賃上げをして還元すべき所なんです。
     これは株主至上主義、企業役員のサラリーマン化など原因はそれぞれですが、
     政治主導でも解決できないのです。
     安倍首相が財界に3%賃上げを要請しても、財界は無視しています。
     すべての根源はアメリカ型の強欲資本主義にあります。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-05-23 09:03 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.404

    第404回 【 平成文学論 第2回 】

編集部:「今週の気になる?」のコーナーは?

横尾 : 先週に続いて「平成文学論」の続きです。

編集部: お願いします。

横尾 : 先週は、「大災害」と「テロ・戦争」という2つのキーワード、
     1995(平成7)年の阪神・淡路大震災、
     2011(平成23)年3・11東日本大震災。
     そして2000年代(平成12年)に入りニューヨークでの
     9・11のテロからアフガン戦争、イラク戦争、
     そしてISによる欧州をはじめとしたテロ活動を挙げて、
     文学との関係を考えてみました。

編集部: その続きですね。

横尾 : はい、先週はディストピア、「壊れる」というキーワードを文学の
     特徴として述べました。
     今回は平成を考える上で欠かせない「バブル崩壊」「規制緩和と格差」
     「グローバル」「非正規雇用」「失われた25年」「ネット社会」
     という経済や社会現象から文学を捉えたいと思います。

編集部: こう見ると30年間、色々な事がありましたね。
     パソコン、携帯、スマホなど情報通信分野が画期的に伸びました。

横尾 : はい、文学ではネット文学が登場しました。
     本などの紙媒体はますます苦境になっていますね。
     そこが出版事情の大きなポイントです。

編集部: あとは経済的な問題のようですが?

横尾 : やはりバブル経済の崩壊、1991年からの景気の大幅後退は、
     もはや高度経済成長はムリで、資本主義は低成長期に入った事を思わせました。

編集部: これが文学にも影響を?

横尾 : はい、平成世代にデビューした若手の作家は
     背景としての経済停滞期の宿命を有形無形に負っているような気がします。

編集部: たとえばどのような作家でしょうか?

横尾 : まずブームとして小林多喜二『蟹工船』のリバイバルがありました。
     2008年ころです。
     NPOが派遣労働の人たちにスポットをあてた日比谷公園での
     年越し派遣村が社会問題化したころです。
     作品でいうと若手ではありませんが桐野夏生の「メタボラ」、
     2006年に芥川賞受賞した伊藤たかみの「八月の路上に捨てる」などが
     若者の屈託も含めて、停滞や破壊をよく表現していると思います。
     いまの30歳代前半から40歳代前半にかけて、非正規雇用など
     社会的要因で鬱屈する「失われた世代の文学」といっても過言ではありません。

編集部: ほかに平成文学の特徴とは何でしょうか?

横尾 : やはりグローバル化ということですね。
     日本人作家が他の言語圏で活躍することで、ドイツの多和田葉子などです。
     逆に楊 逸(ヤン イー)のように、中国人が日本語で書いて
     芥川賞を受賞したケースもあります。

編集部: 時代の流れとは無関係に芸術だけを追い求める作家もいるかと思いますが。

横尾 : 文学では社会事象とは別に、個の世界を守っている作家がいます。
     私小説を書く西村賢太、自己と他者・世界との関係を
     拒否する村田沙耶香などです。
     あと1970年代に内向の世代として登場した古井由吉などは、
     独自の老いの世界を深めていて出色ですね。
     かなり大雑把なくくりですが、
     こうしてみると平成文学の特徴が鮮明だと思います。
     文学のこれからを考えていく上で、とても重要だと思います。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-05-23 09:01 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.404

昨今、時代の変化が速すぎてついていけない・・・そう思う方も少なくないはず。年をとれば、それなりに若い人の考えについていけなくなるのは人の常とは言うものの、もはやそのレベルではない速度感を感じます。まず、僕の体験で言うと小学生の頃に家庭用のカセットレコーダーが普及し始め、中学生の頃にはウォークマンが大ヒット。カセットテープがレコードに変わりこれが続くと思っていたら、その後すぐMD、CDとバタバタと変化し今やデータのみになり大量にあるカセットテープは時代の遺物に。18世紀後半に始まった産業革命から今に至る時間経過と、IT革命以降の時間経過、更にいえば人類の狩猟時代から農耕時代の頃の時間経過とくらべても、現代の時間の流れの速さは重力加速度的に進んでいます。もはや無限に回り続ける物質がその遠心力で崩壊する状況とイメージがかぶるくらいです。本編で語られている革命と言う聞こえのいい言葉とともに長時間労働が生み出すのは企業利益だけではなく、人間社会の暴走・崩壊なのかもしれません。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-05-23 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

第403回  【 米朝会談、6月12日でどうなる? 】

 第403回 【 米朝会談、6月12日でどうなる? 】

編集部: 今週の話題をお願いします。

横尾 : トランプ大統領と金正恩朝鮮労働党委員長との階段が、
     6月12日シンガポールで開催されることが決まりました。

編集部: これはビッグニュースですね。

横尾 : はい、ただし会談が成功するのかどうなのか、
     このあたりは憶測が飛び交い、中々読めません。

編集部: どうしてでしょうか?

横尾 : 普通、首脳会談の前には事務方やほかの閣僚政治家が相互に連絡し合い、
     中身をツメるものです。
     しかしトランプ大統領は外交の一般常識が通用しないので、
     最終的な落ち先が見えないのです。

編集部: TPPの離脱、イラン核合意の離脱、メキシコとの壁など、
     国際的な約束を次から次へと破りますね。

横尾 : はい、まるで自分が気にいらないと、過去の経過を踏まえないで
     平気でぶち壊す「ドラえもん」の「ジャイアン」のような人です(笑)。

編集部: 6月12日の会談のポイントは?

横尾 : 焦点は「非核化」をどう進めるか、時期と方法ですね。
     アメリカはリビア方式といって、いま持っている核も含めて完全な
     廃棄を短い期間定めて実行せよ、と迫ります。
     現にいま水面下ではその交渉を続けているはずです。

編集部: 対して北朝鮮は?

横尾 : 段階的な核廃棄方式をめざすでしょう。
     なぜならリビアでは核を放棄したとたん、内戦という形で、
     欧米が支援する反政府軍が政権をひっくり返し、
     反米政権のリーダーだったカダフィ大佐を殺しました。
     北朝鮮はそれを恐れているから、段階論で、核廃棄を一歩ずつ進め、
     その見返りに経済支援を要求します。

編集部: すると交渉は決裂しますか?

横尾 : その可能性は十分にあります。
     米が交渉決裂と同時に、北朝鮮のミサイル基地を、攻撃する可能性もあります。
     当然北は反撃し、日本の米軍基地を叩きにくるでしょう。

編集部: すると日本も他人事ではなく、米朝会談の行方はとても気になる話ですね。

横尾 : はい、日本の安倍政権はタカ派ですから、米と一体みたいになっていますから。
     北は同胞の韓国を攻撃せずに、日本の米軍基地を、みせしめに攻撃する
     可能性は大ですね。
     これから約1か月、よく推移を見詰めていたほうがよいかと思います。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-05-16 09:02 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.403

  第403回 【 「平成文学」とは何か? 】

編集部:「今週の気になる?」のコーナーは?

横尾 : 来年の4月30日で「平成」が終わります。
     新しい年号は来年2月ころ発表といわれていますが、
     後世の為に今から「平成文学」とは何だったのか、考え方を示しておきます。

編集部: お願いいたします。

横尾 : まずは「大災害」と「テロ・戦争」という2つのキーワードが浮かんできます。
     1995(平成7)年の阪神・淡路大震災、想定外の阪神での地震。
     都市型地震で火事と生き埋めで、6千名以上が犠牲になりました。
     それと2011(平成23)年3・11、大津波と原発事故ですね。

編集部: 2つの地震で新しい文学が生まれたのでしょうか?

横尾 : 阪神・淡路では村上春樹『神の子どもたちはみな踊る』
     という短編集がでました。
     数多くの作品は生まれませんでしたが、心の奥底に響く作品でしたね。
     3・11はいまだに作品は生まれつつあり、
     おそらく単行本にして数十冊は、震災関連の小説や詩、評論が生まれています。

編集部: それは原発事故の影響が大きいのでしょうか?

横尾 : もちろんそうですね。
     津波、原発、物語の故郷である東北などいくつかの要素があるかと思います。
     阪神の場合は直接、首都圏の作家も含めて人々が経験していません。

編集部: 「テロや戦争の時代」とのキーワードはいかがでしょうか?

横尾 : 2000年代(平成12年)に入りニューヨークでの
     9・11のテロからアフガン戦争、イラク戦争、
     そしてISによる欧州をはじめとしたテロ活動は
     社会全体を不安にしました。

編集部: 日本の文学にも影響を?

横尾 : イラク戦争が始まった2003(平成15)年3月の東京での
     若者の日常を描いた岡田利規『三月の5日間』という名作があります。

編集部: 時代の流れは文学作品にも色濃く反映されるのですね。

横尾 : 現実社会の動きは常に作家たちに有形無形で影響をあたえます。
     もちろん私小説や芸術史上主義の作家たちは、
     世の動きとは無関係に自分の書きたいテーマを追っていきますけど。
     でも平成文学の特徴は「災害とテロ・戦争」をきっかけに、
     いままでとは違う「ディストピア小説」を多く生み出したことです。
     桐野夏生『バラカ』、吉村萬壱『ボラード病』などです。

編集部: ディストピアというと?

横尾 : 破滅的未来のことですね。
     これは明治以降の近代文学にはない、平成文学の特徴だと思います。

編集部: それはおもしろい切り口ですね。

横尾 : いずれまたゆっくりお話をします。
     きょうはまずさわりだけ(笑)。
     平成文学の特徴である「壊れる」というキーワード、
     その他の文学作品の動きも含めてお話しします。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-05-16 09:01 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.403

みなさん、マッチングアプリって知っていますか?近年、著しく増えている出会い系アプリです。昔から出会い系などで様々な事件や、事故などが多発しており、正直自分では怪しいサイト、危ないサイトとしての認識が非常に強いです。ですが、ここ最近で、あのSNS大手のFacebookが、マッチング機能を追加すると発表されました。これには驚きです。数々のマッチングアプリがある中で、まさかFacebookも導入してくるとは・・・。その機能のほんの一部の紹介ですが、自身のページである程度の情報を入力後、その情報に見合った人がマッチングされるとの事。しかもその機能を使用しているのが友達や、他の人には分からないようになっているのだとか。SNSでの出会いが増えている昨今ですから、益々増えそうですね。それと同様に色んな事件も起こる気がします。まさにSNS、AIが人間を支配していきそうですね・・・。あっ、この話はまた別の機会でお話しします。皆様も出会い系アプリなどを活用するのであればくれぐれも注意は怠らないように。あぁ~昔の手紙のやり取りが懐かしい。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-05-16 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

第402回  【 連休後の大きなニュースは… 】

  第402回 【 連休後の大きなニュースは… 】

編集部: 今週の話題をお願いします。

横尾 : GWも終わり、社会の動きもまた激しくなっているようです。
     国内政治では相変わらず、理屈の通らない安倍政権の強き姿勢で
     混迷を深めるばかりの政局です。
     国際情勢は北朝鮮とアメリカに米朝交渉がどうなるか、予断を許しません。

編集部: 国内政治はどうなるでしょうか?

横尾 : 柳瀬元首相秘書官(現経済産業省審議官)が、加計学園の認可をめぐって
     「首相案件」として、設置認可に便宜をはかったかどうか、ということです。
     愛媛県職員と同県の今治市職員、加計学園事務局長らが柳瀬氏と
     面会したという県職員作成の文書が報じられてから、
     柳瀬氏は記憶が曖昧なような答えをしていましたが、逃げられなくなり、
     国会での「参考人招致」として予算委員会に呼ばれることになりました。

編集部: 今後の展開は?

横尾 : 面会の事実は認め、「首相案件」と言ったことは認めないでしょう。
     「言った」「言わない」の論議で逃げ切ろう、ということです

編集部: 野党は追及できない?

横尾 : 追及するよい材料は、
     ネットの「デモクラTV」の「本会議」(5月5日放送)で、
     政治学者の田中信一郎氏が重要な発言をしています。
     つまり内閣府や内閣官房の「特区」の申請窓口は自治体に一切の陳情を
     禁止しているそうです。
     国会議員、霞が関の官庁、委員会の有識者などに対しての陳情です。
     ゆえに愛媛県、今治市、加計学園関係者から陳情を受けた段階で公平性、
     透明性を問われて「アウト」だということです。
     詳しくはデモクラTV本会議の放送をアーカイブでご覧ください(笑)。

編集部: つまり首相秘書官という、政権の裏の大幹部と公式に面会し、
     陳情を聞いたこと自体が、規制改革を審査し、
     認可を決める大原則に反している、ということですね。

横尾 : はい、そのとおりです。
     野党やメディアはそれを追求しないとダメですね。
     いくら「首相案件」とは言わなかった、と国会で答えても、
     会ったこと自体が安倍首相の長年のオトモダチである加計さんの
     経営する学園に審査が通るように便宜をはかった、ということです。
     でも理屈の通らない安倍政権ですから、なんだかんだと
     議論をすり替えて、強弁すると思いますが、財務省の公文書改ざん、
     安倍昭恵夫人の森友学園肩入れ事件も含めて、
     しっぺ返しは大変なことになると思います。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-05-09 09:03 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.402

  第402回 【 ノーベル文学賞の発表、今年はなし! 】

編集部:「今週の気になる?」のコーナーは?

横尾 : ノーベル文学賞を選ぶスウェーデン・アカデミーが5月4日、
     性的スキャンダルに端を発したアカデミー自身の混乱を収拾できないため、
     今年のノーベル文学賞を来年のノーベル文学賞と合わせて
     授与すると発表しました。

編集部: それは大変なことですね。

横尾 : 昨年は日本生まれの日系カズオ・イシグロが受賞して話題になりました。

編集部: まずスウェーデン・アカデミーとは、どのような組織なのでしょうか?

横尾 : 定員18名で、会員が死ぬまで辞められない。
     つまり一度会員に選出されたら、終身永久会員ということです。
     死亡会員が出たら残りの会員で推薦して補充する、という制度です。

編集部: やはり権威がある?

横尾 : 1786年に国王が作った「学士院」です。
     その当時から18名の定員を維持してきました。

編集部: 今回の騒動の原因は?

横尾 : 女性会員の夫の性犯罪疑惑です。
     ノーベル文学賞授賞式の晩さん会の席などで、
     この会員の夫が、晩さん会参加者の女性たちに長年性犯罪を行っていた、
     というもので、被害女性18名が告発しました。

編集部: 長年表にでなかったものが、外部に出たということですね。

横尾 : そうです。
     アカデミー改革派の人たちが声をあげたということです。
     そのほかにもノーベル文学賞は、賭け屋によって賭けが毎年行われますが
     事前に情報が漏れていた、という疑惑もあるそうです。
     秘密厳守で18名の会員以外にはわからないはずですが。

編集部: やはり伝統とか権威は、池の水と同じように
     新しい水を入れないと腐敗するんですね。

横尾 : その典型事例です。
     ゆえに今年の10月の発表はなしで、来年秋に2年分、
     まとめて発表するということらしいです。
     文学の価値は、世情の権威や腐敗とは関係なく評価したいものです。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-05-09 09:01 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.402

五月に入りました。来年の五月は、新年号がスタートします。今回に限り天皇陛下が退位という事になりましたが個人的には、今後も退位制度を導入した方が良いと思います。その方が、いろいろ準備出来ますし、スムーズですよね。例えば皇室は、75歳定年とかどうでしょうかね。さて新年号ですが、本年の秋頃に発表される予定です。どんな年号になるか楽しみですね。平成・昭和・大正・明治、予想がつきませんね。2020年の東京オリンピック開催時は、新年号になっていますので、東京が世界から注目されるとともに、日本独特の新年号にも注目が集まるかもしれませんね。平成最後の1年、今年は平成を振り返る企画がテレビやイベントなどで増えそうですね。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-05-09 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

第401回  【 南北会談 これから朝鮮半島の動きは? 】

  第401回 【 南北会談 これから朝鮮半島の動きは?】

編集部: 先週末のニュースは、南北首脳会談で一色でした。

横尾 : 歴史的な出来事だと思います。
     今後6月初旬までに行われるアメリカのトランプ大統領と
     金正恩委員長との会談も、歴史的な会談になりますね。

編集部: 今回のポイントを横尾さんはどうみてますか?

横尾 : 「朝鮮半島の非核化宣言」は今後、具体的な手順が焦点ですね。
     1950年の朝鮮戦争を終わらせる「終戦宣言」は、当時の西側代表は国連と
     米軍ですから、南北の他に米中を入れて「終戦宣言」は具体化すると思います。

編集部: すると非核化の具体化が今後、6月までに開かれる米朝会談のポイント?

横尾 : はい、そこが大きなポイントで、すでに内々で米朝は合意していると思います。

編集部: 日本では拉致問題がいわれていますが?

横尾 : これは米朝会談次第でしょうね。
     アメリカ人3人が北朝鮮に拘束されているので、これを解放して、
     そのついでか、その後に日朝会談があるとすれば、
     そこで一部解決するかもしれません。

編集部: 安倍首相は、この外交政治ショーで、森友やセクハラなど問題が
     みなウヤムヤになり、かなり得をしましたね?

横尾 : そのとおりです。
     目が外交に向き、ゴールンデンウィークで一休み、
     安倍1強が続きそうな勢いです。

編集部: なぜ問題山積みでも政権が続くのでしょうか?

横尾 : 自民党に有力な対抗馬がいない、ことでしょう。
     あとは野党。
     安倍政権のダメなところを追求するのは野党の役目ですが、
     そこで本気で倒すのかどうかがハッキリしない。
     もし本格的に倒閣するなら野党国会議員が交代でハンストしたり、
     10万人以上の大集会を開催したり、自民党の野田聖子さんや小泉信二郎さんを
     首相にしようと、自民党分断の大運動をはかればよいのです。

編集部: なぜできないのでしょうか?

横尾 : 野党指導者に大物がいないからでしょう。
     小沢一郎さんのような剛腕政治家がいないからです。
     小沢さんは自由党という少数政党のリーダーで、年齢高くまとめにくいですね。
     もう一度小沢さんに野党連合の代表になってもらうぐらいの気構えが
     野党になければ、安倍1強は依然として続きます。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-05-03 09:02 | バックナンバー | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE