週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

カテゴリ:編集後記( 415 )

 

編集後記 Vol.415

猛暑、いや酷暑が続いている日本だが、世界各国でもこの暑さは猛威を振るっている。先日アメリカでは50℃を超え、北極圏では30度を超えている。異常気象だ。ここまでの暑さになると熱中症がひどい。国内での熱中症患者は現在7月23日~29日までで13,000人を超えている。(総務省消防庁調べ)熱中症対策で水分の補給を促しているが、実はこの水分補給も間違えれば「水中毒」にかかってしまうと言われている。「水中毒」など聞いた事が無い人も多いだろうが、そもそも「水中毒」とはなんだろうか?水中毒とは、過剰の水分摂取によって生じる中毒症状であり、具体的には低ナトリウム血症やけいれんを生じ、重症では死に至る。人間の腎臓が持つ最大の利尿速度は、毎分16mlであるため、これを超える速度で水分を摂取すると、体内の水分過剰で細胞が膨化し、希釈性低ナトリウム血症を引き起こす水中毒に陥る。死に至るまでの症状は軽視できない。なので、単純に水分を取る事は注意が必要だ。対策として、口補水液は、スポーツドリンクよりナトリウム濃度が数倍高く、ナトリウムと水分を同時に補給できる。重度の脱水症状でスポーツドリンクを大量に摂取すると、特に乳幼児は低ナトリウム血症に陥る危険がある。中症などで脱水症状に陥ったら、経口補水液を用いる事が良い。人体が1日に必要な水分量は、体重の4%といわれ、体重60キロであれば2・4リットルだが、食事から1リットル前後の水分を摂取するので、飲み水としては1・4リットルくらい。ただし、個々人の運動量によって必要な水分量は大きく異なる。「1日○リットル」と決めるより、「喉が渇いた時に飲む」ことが一番である。 当たり前のことだが、喉が渇いた時は必ず水分補給をする。我慢していると、いざ飲むときにガブ飲みしてしまう。それが良くない。 ちなみに、お茶やコーヒーはカフェインの利尿作用が強いので、水分補給にならず、普段飲むなら、ミネラル豊富な硬水がおすすめである。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-08-08 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.414

相変わらずの異常気象ですが、本年もいよいよ夏本番を迎えます。花火、海、プール、祭り、様々な夏イベントがありますが、病気や怪我、または事件などに巻き込まれないように注意が必要です。筆者も、数年前に野外ライブに参加した時、急などしゃ降りで、雨具を持っておらず、全身ずぶ濡れになって帰った記憶があります。特に大事には、至りませんでしたが、良い教訓でした。今では、夏の雨具は必需品です。備えていても、今の時代、何が起こるかわかりませんが、備えていないよりマシだと思います。夏のイベント、準備をしっかりして楽しい夏休みを。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-08-01 09:30 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.413

最近話題に上ることが多くなった「eスポーツ」。日本でも日本eスポーツ連合(JeSU)が2月に発足し、五輪採用に向けた動きやライセンス発行、育成などの支援が始まりました。そんな中、8月に行われる「アジア競技大会」の東アジア地区予選が6月に行われ、2タイトル、計3名が予選を通過し、本戦への切符を掴みました。しかし日本オリンピック委員会(JOC)は現状、彼らに対して、「日本オリンピック委員会(JOC)が派遣する正式な日本代表ではない」という事らしい。日本オリンピック委員会(JOC)はeスポーツをスポーツとして正式に認めておらず、選手派遣についても競技団体の日本eスポーツ連合(JeSU)が選出した選手について、手続きを代行しただけという立場だという。JeSU側はJOCに加盟する意向を示しているが、JOCは一切これに対して議論していないそうだ。どうもJOCの中では「テレビゲームがスポーツなのか」という慎重な意見が根強いみたいで、中々議論が進まないそうだ。しかし、いつまでもこんな状態では良くなく、2024年のパリ五輪ではeスポーツが正式採用されるとの観測もあり、早くこの状態が解決して欲しいと思います。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-07-25 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.412

連日の猛暑、皆さん生きてますか!我が家の寝室にはエアコンがなく、扇風機だけでなんとかやり過ごしていたのですが、昨年とうとう耐え切れずに、ウインドファンを導入しました。長年エアコンになれていたせいか、久しぶりのウインドファンの轟音に耐え切れず、昨年は耳栓をして寝ていたのですが、今年はあまりの暑さに耳栓なくても爆睡できるようになってきました。たかだか、我が家の寝室事情ひとつのことですが、年々地球規模で気候が厳しくなっているのはどうやら現実のようです。2030年には、地球のほぼ全域にわたり高温化するとのデーターも・・・エアコンのおかげで室内はまだ暮らしていけますが、生きていくためには外に出なくてはならないことも多い中、今後地球はどうなってしまうのでしょうか?宇宙ステーションでの作業のように、地球上でも室外作業時はなんらかの宇宙服的なものを着ないとダメになってしまうのでしょうか?アメリカの火星探索も、単なる人類の夢ではなく、必要に駆られ急務になる日も近いのかも。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-07-18 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.411

現在世界で最も賑わっているスポーツの祭典、サッカーワールドカップであるが、先日世界が多く注目したニュースが試合後の日本人サポーターではなく、他の出場国のサポーターが自主的にゴミ拾いをおこなったというニュースだ。以前から日本人サポーターの試合後のごみ拾いが注目されているが、今回は違う。日本人のその姿が素晴らしいと共感した国々が真似てくれている。スポーツは世界を変えると言われているがこの様な形でも世界に影響を与えられる事は本当に素晴らしい。そもそも日本人サポーターによる清掃活動は、日本が初出場した1998年のフランス大会にさかのぼる。礼儀正しい姿を地元メディアが報道。以来、ほかの海外メディアも注目するようになった。今回も海外の複数メディアがこうした活動を評価する記事を掲載している。残念ながら我が日本はベスト16で終わってしまったが、まだまだワールドカップの熱は冷ていない。優勝国を予想しながら夜更かしして見る人たちが多い中、ゴミ拾いの習慣を国内の他のスポーツでも教訓としてほしい。さて、私も自分にムチを打って部屋の掃除を行うとしよう。まずはここからだ

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-07-11 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.410

2018FIFAワールドカップ予選から、番狂わせとなった今大会。まさかの前回王者、ドイツが初めてのグループリーグ敗退。決勝トーナメントも番狂わせが生じている。スター選手がいる、アルゼンチン、ポルトガル、スペインがベスト16で敗退。開催国ロシアの健闘、フランスとウルグアイが今大会は、好成績を収めているようにグループリーグを圧勝しているチームが残っているように思えます。そんな中、ワールドカップでは必ずと言っていい程、輝きを放った若い選手が出てきます。今大会で言えば、フランス代表のFWエムバペ。アルゼンチン戦で2発決め、一躍世界に名を知らしめました。まだ19歳、まだまだ成長しそうです。前大会ではコロンビアのハメス・ロドリゲス。22歳の彼は6得点を挙げ、得点王になりました。今回、惜しくも日本はベルギーに敗退してしまいましたが、今回の大会で多くの選手が代表引退となると思います。次回大会に向けて、日本代表にもこの様な若い選手が出てきて欲しいと思います。まぁこれに関しては皆さんも思っている事だと思います。日本は負けてしまいましたが、まだまだ終わらない4年に一度の夏の祭典、最後まで目が離せません。寝不足に注意しながら、観戦しましょう。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-07-04 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.409

ワールドカップ真っ最中、日本も1勝1分とグループステージ突破に向けて良い位置につけていて、国内でも盛り上がっています。今回のロシアW杯の賞金総額は過去最高の約900億円になるそうで、優勝国には約43億円、準優勝には約32億が入ります。注目は今回のW杯から採用されたVAR(ビデオ・アシスタントレフェリー)制度。モスクワにあるオペレーションルームで全試合をモニターしていて、放送カメラ33台とオフサイド判定に使用するカメラ2台で確認しています。VARの対象は「ゴールおよびゴールにつながる攻撃」「ペナルティー判定およびペナルティーにつながる攻撃」「一発退場」「処分対象の選手が間違っている場合」の4つと決められているそうです。他にもGLT(ゴールラインテクノロジー)が採用されており、ゴールにボールが入ると、1秒以内に主審の腕時計に「GOAL」と表示されます。今回採用されたシステムは、「GoalControl-4D」というドイツの製品で、スタジアムの屋根(キャットウォークなど)に14台(各ゴール7台)のスピードカメラを設置して選手や審判などを映像処理により除外し、ボールの位置をx、y、zの座標で捉えることによってゴールを瞬時に判別します。これらのシステムにより正確なジャッジと共に、審判の精神的影響や選手の心理的影響が大きく変わりそうです。今後も様々なスポーツで増えていくと見られるテクノロジー。補助的な役割だけで終わる事のない未来になるかもしれないですね。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-06-27 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.408

サッカーのワールドカップが始まりました。毎回、ベテランのスター選手の活躍から新星の登場などをみて世代の移り変わりを感じます。今回は、古豪といわれるワールドカップ優勝経験国の、ブラジル、アルゼンチン、ドイツなどの苦戦とアイスランドのような初出場国の活躍が、サッカーの世界勢力図の書き換えを予感させます。特にアイスランドなどは人口が30万人位で、日本で言うと埼玉県の越谷市と同程度です。数が多ければいいというものではないのは分かっていますが、世界のサッカー人口が2億以上とも言われる中でこの数の規模でワールドカップに出場し、活躍するのは驚異的と感じてしまいます。平均身長も190cmと高く、北欧系の色白のスっとしたイケメンたちのプレーを見ていると、進化した人類とか、宇宙人とかまで妄想が膨らんでしまいます。世界の各国のナショナリズムの匂いとともに、人類の進化まで感じられるワールドカップは、相変わらず睡眠不足になっても見る価値がありますね。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-06-20 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.407

非常に憤りを感じています。先日東海道新幹線内での無差別殺傷事件がありました。22歳の男性が、たまたま隣に居合わせた女性にナイフで切りつけ、止めに入った男性を刺し死亡させた事件です。犯人は取り押さえられ捕まりましたが、報道では、「死にたい」と漏らしていたそうです。なぜ、自身が死にたいと思う人間が、関係の無い人を巻き込み、自分が死なず、他人を死なせてしまうのか?全く理解できず、非常に憤りを感じています。亡くなった男性は絶対にそのような人生を送る事も考えてなかったでしょう。ましてや被害にあった女性を助け、犠牲になり人生が終わってしまうなんて誰もが思っていなかったことでしょう。正直犯人が狂っているとしか考えられない。そして、人の人生を他人が勝手に決めつける行為となった殺人事件、今回の事でなく、全ての殺人事件に共通します。本当は死にたいと思う人々の助けとなるように考えていきたいですが、その様な人が人の命を粗末に考える事が人間の心理なのでしょうか?それが人間の行為なのでしょうか?死にたいと思っている人が他人の命を奪う権利も、人生を奪う権利も全くありません。正直、今回の犯人には何も同情は持ちません。罪を償ってほしいという簡単の言葉では終わらしたくもありません。この問題に対し、本来の人の道徳について全ての国民もきちんと考えてほしいです。いつ、自分や自分の身の回りの人たちにこのような事が起きるか分からないですから。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-06-13 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.406

6月3日に安室奈美恵の国内5大ドームツアー『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~』のファイナル公演の東京ドームに行って参りました。初めてにして最後の鑑賞になりました。チケットの取れなかったファンの人達はドームの周りに集まり、微かに聞こえてくる彼女の歌声に耳を傾けるなどしてました。彼女の生き方は、かなりの人達に影響を及ぼし、かつてはアムラーなるブームまで起こしました。筆者とは、同世代の安室氏。懐かしさや様々な思いを巡らせながら見て来ました。まさに平成の音楽史を変えたアーティストです。9月16日に引退ですが、残り3ヶ月どうするのでしょうか?個人的には、来年の新年号を『安室元年』にして欲しいものです。間もなく梅雨になりますが、平成最後の夏を共々に楽しみましょう。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-06-06 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE