週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

カテゴリ:編集後記( 408 )

 

編集後記 Vol.408

サッカーのワールドカップが始まりました。毎回、ベテランのスター選手の活躍から新星の登場などをみて世代の移り変わりを感じます。今回は、古豪といわれるワールドカップ優勝経験国の、ブラジル、アルゼンチン、ドイツなどの苦戦とアイスランドのような初出場国の活躍が、サッカーの世界勢力図の書き換えを予感させます。特にアイスランドなどは人口が30万人位で、日本で言うと埼玉県の越谷市と同程度です。数が多ければいいというものではないのは分かっていますが、世界のサッカー人口が2億以上とも言われる中でこの数の規模でワールドカップに出場し、活躍するのは驚異的と感じてしまいます。平均身長も190cmと高く、北欧系の色白のスっとしたイケメンたちのプレーを見ていると、進化した人類とか、宇宙人とかまで妄想が膨らんでしまいます。世界の各国のナショナリズムの匂いとともに、人類の進化まで感じられるワールドカップは、相変わらず睡眠不足になっても見る価値がありますね。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-06-20 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.407

非常に憤りを感じています。先日東海道新幹線内での無差別殺傷事件がありました。22歳の男性が、たまたま隣に居合わせた女性にナイフで切りつけ、止めに入った男性を刺し死亡させた事件です。犯人は取り押さえられ捕まりましたが、報道では、「死にたい」と漏らしていたそうです。なぜ、自身が死にたいと思う人間が、関係の無い人を巻き込み、自分が死なず、他人を死なせてしまうのか?全く理解できず、非常に憤りを感じています。亡くなった男性は絶対にそのような人生を送る事も考えてなかったでしょう。ましてや被害にあった女性を助け、犠牲になり人生が終わってしまうなんて誰もが思っていなかったことでしょう。正直犯人が狂っているとしか考えられない。そして、人の人生を他人が勝手に決めつける行為となった殺人事件、今回の事でなく、全ての殺人事件に共通します。本当は死にたいと思う人々の助けとなるように考えていきたいですが、その様な人が人の命を粗末に考える事が人間の心理なのでしょうか?それが人間の行為なのでしょうか?死にたいと思っている人が他人の命を奪う権利も、人生を奪う権利も全くありません。正直、今回の犯人には何も同情は持ちません。罪を償ってほしいという簡単の言葉では終わらしたくもありません。この問題に対し、本来の人の道徳について全ての国民もきちんと考えてほしいです。いつ、自分や自分の身の回りの人たちにこのような事が起きるか分からないですから。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-06-13 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.406

6月3日に安室奈美恵の国内5大ドームツアー『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~』のファイナル公演の東京ドームに行って参りました。初めてにして最後の鑑賞になりました。チケットの取れなかったファンの人達はドームの周りに集まり、微かに聞こえてくる彼女の歌声に耳を傾けるなどしてました。彼女の生き方は、かなりの人達に影響を及ぼし、かつてはアムラーなるブームまで起こしました。筆者とは、同世代の安室氏。懐かしさや様々な思いを巡らせながら見て来ました。まさに平成の音楽史を変えたアーティストです。9月16日に引退ですが、残り3ヶ月どうするのでしょうか?個人的には、来年の新年号を『安室元年』にして欲しいものです。間もなく梅雨になりますが、平成最後の夏を共々に楽しみましょう。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-06-06 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.405

5月も終わりに近づき、来月から関東では梅雨の季節に入ります。今年の梅雨は関東では平年並みか、やや多く雨が降る見込みだそうです。TVで見たのですが、梅雨の時期は犯罪が多くなる傾向にあるそうです。これには諸説あるそうですが、なんでも物音が雨の音で消されるのと、雨で色んなものが流されるからだそうです。他にも、傘で自然に顔や姿を隠せることも要因の一つに挙げられます。特に傘をさしていると視界が悪くなり、まわりが見えづらい状況になります。きちんと傘をさしてないと、犯罪に巻き込まれるだけではなく、事故にあう危険性も高まります。梅雨の季節は雨だけではなく、体調や気分も変化しやすいので、注意しながら過ごしましょう。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-05-30 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.404

昨今、時代の変化が速すぎてついていけない・・・そう思う方も少なくないはず。年をとれば、それなりに若い人の考えについていけなくなるのは人の常とは言うものの、もはやそのレベルではない速度感を感じます。まず、僕の体験で言うと小学生の頃に家庭用のカセットレコーダーが普及し始め、中学生の頃にはウォークマンが大ヒット。カセットテープがレコードに変わりこれが続くと思っていたら、その後すぐMD、CDとバタバタと変化し今やデータのみになり大量にあるカセットテープは時代の遺物に。18世紀後半に始まった産業革命から今に至る時間経過と、IT革命以降の時間経過、更にいえば人類の狩猟時代から農耕時代の頃の時間経過とくらべても、現代の時間の流れの速さは重力加速度的に進んでいます。もはや無限に回り続ける物質がその遠心力で崩壊する状況とイメージがかぶるくらいです。本編で語られている革命と言う聞こえのいい言葉とともに長時間労働が生み出すのは企業利益だけではなく、人間社会の暴走・崩壊なのかもしれません。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-05-23 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.403

みなさん、マッチングアプリって知っていますか?近年、著しく増えている出会い系アプリです。昔から出会い系などで様々な事件や、事故などが多発しており、正直自分では怪しいサイト、危ないサイトとしての認識が非常に強いです。ですが、ここ最近で、あのSNS大手のFacebookが、マッチング機能を追加すると発表されました。これには驚きです。数々のマッチングアプリがある中で、まさかFacebookも導入してくるとは・・・。その機能のほんの一部の紹介ですが、自身のページである程度の情報を入力後、その情報に見合った人がマッチングされるとの事。しかもその機能を使用しているのが友達や、他の人には分からないようになっているのだとか。SNSでの出会いが増えている昨今ですから、益々増えそうですね。それと同様に色んな事件も起こる気がします。まさにSNS、AIが人間を支配していきそうですね・・・。あっ、この話はまた別の機会でお話しします。皆様も出会い系アプリなどを活用するのであればくれぐれも注意は怠らないように。あぁ~昔の手紙のやり取りが懐かしい。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-05-16 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.402

五月に入りました。来年の五月は、新年号がスタートします。今回に限り天皇陛下が退位という事になりましたが個人的には、今後も退位制度を導入した方が良いと思います。その方が、いろいろ準備出来ますし、スムーズですよね。例えば皇室は、75歳定年とかどうでしょうかね。さて新年号ですが、本年の秋頃に発表される予定です。どんな年号になるか楽しみですね。平成・昭和・大正・明治、予想がつきませんね。2020年の東京オリンピック開催時は、新年号になっていますので、東京が世界から注目されるとともに、日本独特の新年号にも注目が集まるかもしれませんね。平成最後の1年、今年は平成を振り返る企画がテレビやイベントなどで増えそうですね。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-05-09 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.401

世間ではゴールデンウィーク真っ只中。世間一般的にゴールデンウィークとは4月29日から5月5日までの事とされていますが、本来は5月3日から5日までの3日間だそうです。ゴールデンウィークという言葉は1951年のこの時期に公開された映画がヒットした事で、「大映」の故・松山英夫氏が名付けた宣伝用語だそうです。同じ様に、秋にあるシルバーウィークも大映が名付けた宣伝用語になります。毎年聞いている様な気がしますが、今年のゴールデンウィークの旅行人数は過去最高で、海外旅行は58.5万人。国内旅行は2,384万人になるそうです。出発日のピークは3日。旅行に行かれる方は事故に注意して楽しんでくださいませ。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-05-03 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.400

バブルの頃、流行った曲がいろいろな企画と絡んで再ブレイクしたりしていますね。荻野目洋子さんの”ダンシングヒーロー“。当時は賑やかな振付のイメージがありましたが、昨今K-POPやEXILEなどでテクニカルな激しい振付を見慣れてしまったせいか、意外とシンプルだったんだなぁ~と思いました。そういう意味では、エンターティメントの世界は映画の特殊効果や舞台の装置や演出など、技術の進歩とともに新旧で見劣りしてしまうものも多いですね。そんな中、スポーツの世界は記録が伸びたりと内容的には進歩していても、昔の選手の活躍は今見ても見ごたえがあります。ネットの動画などで、スポーツの名場面などを見ると、昔の選手もいい味出しています。近年、テレビがつまらないとか、メディアの乱立などで仕事柄悩むことも多いのですが、う~ん、やっぱりスポーツコンテンツは強いな~と改めて認識しました。ちなみに、8年たったこのブログ、昔の記事も、今と見劣りすることなく面白いですから、今後とも宜しくお願いします!

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-04-25 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.399

新学期のスタート、多くの新学生も、新サラリーマンも初々しい感じがあり良いですね。でも、どうして4月に新学期が始まるのかを?皆さんはご存知ですか?江戸時代の寺子屋の学時期はとくに決まっておらず、いつでも入学できたそうです。その後、明治維新によって明治時代の初めの頃から西洋にならって9月入学が主流になりました。さらに西洋に追いつけ追い越せと富国強兵政策の影響から政府の会計年度が4月~3月になり、軍隊の入隊開始が4月になったことによって小学校や師範学校の入学時期も4月へと変わっていくことになりました。教育に関係があるというよりは国の事情によって4月になったようです。では他国の新学期はどうなのでしょうか?まず1月は、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランド、フィジー。2月はブラジル。3月はアルゼンチン、韓国。5月はタイ。6月はフィリピン。9月はアメリカ、カナダ、スペイン、イタリア、フランス、イギリス、オランダ、ロシア、ベルギー、ブルガリア、トルコ、イラン、エジプト、チュニジア、モンゴル、中国、台湾、ベトナム。10月はカンボジア、ナイジェリア、セネガルとなっています。(地域、学校によっては差がある場合もあります。)ちなみに日本のインターナショナルスクールは海外の大学を目指す人も秋に始まる学校も多くなっています。「桜が咲くころは新学期」というのは日本独特の風習なんですね。皆さんの周りに留学生や外国人のお友達がいれば教えてあげてみても面白いですね。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-04-18 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE