週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第415回 【アメフトに続き、アマチュアボクシングに激震! 】

第415回【 アメフトに続き、アマチュアボクシングに激震! 】

編集部: 今週の話題をお願いします。

横尾 : テレビのワイドショーを中心に「日本ボクシング連盟」という
     アマチュアボクシングの世界で、
     会長や理事たちの問題が取り上げられています。


編集部: なぜでしょうか?

横尾 : テレビはヒマネタで、お盆の時期はニュース素材が少なく、
     毎日猛暑ネタも飽きられてきたところに、
     ちょうどよい話題が飛び込んできたのでしょう(笑)。

編集部: まず「日本ボクシング連盟」とはどのような組織ですか?

横尾 : 日本のアマのボクシングを統括する団体です。

編集部: 今回の問題はどこに?

横尾 : 現体制に反発する理事や各都道府県の指導者や元選手など
     333名が告発状を出したんですね。

編集部: 内容はどのようなものでしょうか?

横尾 : 国からの助成金補助の不正、試合の判定の審判への介入、
     忖度が働く会長接待など山根会長の専横に対する批判が噴き出た感じです。

編集部: 問題の根はどこにあるのでしょうか?

横尾 : ずばり勝負判定です。
     日大アメフト部と同じで、
     スポーツ界のワンマン指導者やワンマン役員も問題です。
     東京五輪を前に、スポーツ界の悪弊が一気に出ましたね。

編集部: ワンマンは中小企業などにもありますね。もちろん政治にも。

横尾 : はい、日本全体がそのような閉塞状況ですが、
     でもスポーツは純粋に勝ち負けの世界ですから。
     勝負判定に忖度が働くのではもうどうしようもない、あきれます。
     そのことを世論全体が分かっていないんですね。
     プロレスが昔から興行でヤラセであることはみな知っていますが、
     アマの世界で勝負に忖度が働いたら、高校野球も高校サッカーもおしまいです。

編集部: するとこの問題、ボクシングだけではなく、
     スポーツ全体、ひいては日本社会全体の問題ですね。

横尾 : ボクはそう思います。
     一生懸命がんばる選手が可哀相ですね。
     ワンマン、独裁、忖度、いまの日本の象徴です。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-08-08 09:03 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.415

   第415回 【 ウチにも来たぞ、特殊詐欺! 】

編集部:「今週の気になる?」のコーナーは?

横尾 : 最近、オレオレ詐欺、還付金詐欺、架空請求詐欺など
     「特殊詐欺」の話題が新聞やテレビなどで多く見ます。
     他人事だと思っていたら、ウチにも架空請求詐欺のハガキがきました。
     「法務省管轄支局」とさも役所らしい名前を名乗り、
     消費料金の未払いがあり「訴訟最終告知のお知らせ」との題名で、
     電話をかけさせ、お金を騙しとろうとする手口です。
     ついにウチにもきました(笑)。

編集部: それで無視したのですか?

横尾 : はい、無視して何もリアクションはしませんけど、
     後日「北区役所」を名乗る人間から電話がありました。

編集部: そうなんですか。

横尾 : 警察によると今年は例年以上に無差別に電話やはがき、
     メールを出しまくっているそうです。
     それだけ詐欺グループも危機感があるようです。

編集部: なんでオレオレ詐欺でも、騙されてしまうのですかね。

横尾 : やはり子どもや孫を思う高齢者の善意につけこむこと。
     また少し認知症気味の高齢者を狙うのでしょうね。

編集部: 犯行グループはなかなかつかまらない?

横尾 : 電話かけ(アポ電)、キャッシュカード・現金などの受け子、
     銀行での出し子など枠割りが分担して、
     末端を捕まえても上までなかなかたどりつかないのですね。
     暴力団の資金源になっているのでしょうね。

編集部: 防止策はありますか?

横尾 : 電話を留守電にする、録音できる機能を備えた電話、
     相手の番号を通知する機能の電話などの対策ですが、
     電話に出ないことが一番でしょう。

編集部: 変なメールやハガキには?

横尾 : 無視して、不安だったら警察や消費生活センターに聞いてみるのが一番です。

編集部: つまり相手と接触しない?

横尾 : はいそうですね。
     知らない人が家を訪ねてきてもドアを開けないのと同じことです。
     注意しましょう。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-08-08 09:01 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.415

猛暑、いや酷暑が続いている日本だが、世界各国でもこの暑さは猛威を振るっている。先日アメリカでは50℃を超え、北極圏では30度を超えている。異常気象だ。ここまでの暑さになると熱中症がひどい。国内での熱中症患者は現在7月23日~29日までで13,000人を超えている。(総務省消防庁調べ)熱中症対策で水分の補給を促しているが、実はこの水分補給も間違えれば「水中毒」にかかってしまうと言われている。「水中毒」など聞いた事が無い人も多いだろうが、そもそも「水中毒」とはなんだろうか?水中毒とは、過剰の水分摂取によって生じる中毒症状であり、具体的には低ナトリウム血症やけいれんを生じ、重症では死に至る。人間の腎臓が持つ最大の利尿速度は、毎分16mlであるため、これを超える速度で水分を摂取すると、体内の水分過剰で細胞が膨化し、希釈性低ナトリウム血症を引き起こす水中毒に陥る。死に至るまでの症状は軽視できない。なので、単純に水分を取る事は注意が必要だ。対策として、口補水液は、スポーツドリンクよりナトリウム濃度が数倍高く、ナトリウムと水分を同時に補給できる。重度の脱水症状でスポーツドリンクを大量に摂取すると、特に乳幼児は低ナトリウム血症に陥る危険がある。中症などで脱水症状に陥ったら、経口補水液を用いる事が良い。人体が1日に必要な水分量は、体重の4%といわれ、体重60キロであれば2・4リットルだが、食事から1リットル前後の水分を摂取するので、飲み水としては1・4リットルくらい。ただし、個々人の運動量によって必要な水分量は大きく異なる。「1日○リットル」と決めるより、「喉が渇いた時に飲む」ことが一番である。 当たり前のことだが、喉が渇いた時は必ず水分補給をする。我慢していると、いざ飲むときにガブ飲みしてしまう。それが良くない。 ちなみに、お茶やコーヒーはカフェインの利尿作用が強いので、水分補給にならず、普段飲むなら、ミネラル豊富な硬水がおすすめである。

[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-08-08 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE