週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第422回 【 水道法改正ってナニ? 】

第422回 【 水道法改正ってナニ? 】

編集部: 今週の話題をお願いします。

横尾 : 12月10日閉会した臨時国会で外国人労働者問題の受け入れ、
     実際は移民受け入れ法案が来年4月実施で決まりました。

編集部: まだ法案をよくわからない国民が大半ではないでしょうか?

横尾 : はい、そうです。
     数年後に大変な社会変化が起きてくるのを誰もわかっていないと思いますよ。
     同時にもうひとつ「水道法改正案」という法律も可決成立しました。
     今日はその事について述べたいと思います。

編集部: お願いします。

横尾 : これは簡単にいえば水道事業の運営を民間に任せる「民間化」です。
     今の水道事業はすべて地方自治体が運営しています。
     それを浄水場などは自治体が持ち、運営を民間会社に委託するのです。
     例えば東京の水道は東京都水道局の事業ですが、運営を民間化するものです。
編集部: 今回の法改正の背景には何があるのでしょうか?

横尾 : 日本は少子高齢化、地方では過疎化が進みます。
     しかし命の水である水道は配管の経費を膨大にかけたとしても
     過疎の地域に配水しなければなりません。
     また戦後70年以上がたち、水道管の寿命がきており、
     水道管交換には膨大な経費がかかります。
     一説には1キロメートルにつき1億円かかるといわれます。
     つまり財政上の問題なのですね。

編集部: 今でも自治体によって水道料金に大きな格差があるそうですね。

横尾 : はい、家事用の20㎥で全国平均、3227円ですが、
     一番安い自治体の兵庫・赤穂市853円、北海道・夕張市の6841円と
     約8倍の格差があります。

編集部: その差を解消できますかね。

横尾 : 民間にしても難しいと思います。
     今回の改正では、自治体が幾つか集まる広域連携も可能になりますが。

編集部: デメリットは?

横尾 : やはり民間運営となると効率化が一番ですから、
     安全や災害で壊れた水道管の復旧などの問題が多くなりますね。
     災害など何もなければよいのですが。

編集部: すると問題は多いと。

横尾 : 日本は1980年代から国鉄(現JR)、電電公社(現NTTドコモ)、
     郵政(現日本郵便ほか)など大きな国の事業が民営化してきました。
     水道も含めてそれがホントによいのかどうか、今後問われますね。
     すべて効率化するのだったら警察や自衛隊も民営化、という話も
     進んでくるかもしれません。
     だから少子高齢化で起きるさまざまな問題と、
     外国人移民受け入れはセットで考えなければならないのですね。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-12-12 09:02 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.422

 第422回【 火事が多い?三の酉(とり)ってナンダ?】

編集部:「今週の気になる?」のコーナーは?

横尾 : いよいよ師走になりました。
     今年の冬は暖冬といわれていますが、でも最近はめっきり寒くなりました。
     ボクは冬が苦手なので、暖冬だとありがたいですけどね。

編集部: イルミネーションもあちらこちらで点灯して師走を感じますね。

横尾 : 今年の11月は三の酉まであり、火事が多い年といわれています。
     年末に火の用心したいものです。

編集部: そもそも三の酉とはなんですか?

横尾 : 旧暦では毎日が12の干支に分かれています。
     子(ね)、丑(うし)寅(とら)のような年を示す12干支が、
     毎日の日にちにもつけられているんです。

編集部: と言いますと?

横尾 : 1か月はいまの暦は30日か31日、昔の旧暦では28日ですね。
     毎日に12の干支をふっていくと、1か月で24回、
     つまり最低2回は同じ干支の日があります。
     月によると3回同じ干支の日もあることになりますね。
     当然11月に3回、酉の日はある年もでてきます。
     今年はそうでした。
     それを三の酉といいます。

編集部: なぜほかの月では注目されないのに11月なのでしょうか?

横尾 : 昔11月は農作物の豊饒祭が各地で行われていました。
     いまでいうと山形の芋煮会のようなもので、
     それが江戸では浅草の鷲(おおとり)神社で祭りがあり、
     市がたって賑わったんですね。
     いまでいうと山形の芋煮会のようなもので、
     ハロウィンのようなものですね。
     それで11月です。

編集部: 火事が多い、というのはホントですか?

横尾 : 江戸時代、鷲(おおとり)神社の近くに歓楽街の吉原があり、
     市にかこつけて男衆が遊びにいってしまうので、
     家に帰って火の元のチェツクをしなさい、とオカミさんたちが
     警鐘を鳴らすために作られた話だとの説があります。
     ボクもその説にはうなずけます。
     いずれにせよ火事には気をつけたいものですね。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-12-12 09:01 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.422

先日仕事で富山へ行ってきました。初富山上陸です。生まれてこのかた一度も立ち降りたことがなかったことが恥ずかしい思いであった。さすが日本海側、食事も水も美味しいのはもちろんの事、何よりも空気が素晴らしかった。最も感動したのは、大岩山日吉寺に行った事だ。4日間滞在し、唯一晴れた日にたまたま1日中時間が空き、どこに行こうかと思っていたところ、地元民の方に教えて頂いた。大岩山は古くから不動明王に帰依する祈願所として北陸一の霊場とされている。山内を流れる大岩川は奇石怪岩重畳、いたるところに瀧を懸け、洞をうがち、目には新緑重蒼たる渓谷の美を、耳には滝と水や木魚や鐘の音が六根清浄の和讃に和して静かな調べとなって心を和らげるそうだ。不動明王像(本堂)、三重の塔、六本滝、山門、藤水、夫婦岩(めおといわ)、大日堂、地蔵堂、愛染堂、十二支滝、観音堂、阿覚窟、金比羅、八体仏、信徒会館、百段坂があり、最も私が感動したのは金比羅だ。ここは本堂からおよそ徒歩15分ぐらいはなれた場所にポツンとあるのだが、その風貌は、独特な空気が漂っており、不思議な、何か別の場所(異次元)につながっているのではないかと思うぐらいの門構えであった。普段はSF的な発想は好まないがここだけは別であった。そして、何より空気が澄み切っており、体が浄化される感覚にも陥った。富山に旅行で行く際は是非、訪ねてほしい。できれば晴れた日がおすすめだ。富山駅から車で約1時間ぐらいなので、観光にはちょうど良い。騙されたと思って行くべきである。

[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-12-12 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE