週刊!横尾和博
月刊!横尾和博

月刊 第2回 【 政府統計の不正で日本は…】

月刊 第2回 【政府統計の不正で日本は…】

編集部: 今月の話題は何でしょうか?

横尾 : 厚生労働省が政府統計の数値を長年不正に発表していたことです。
     この不正統計は由々しき問題で、10年以上前の消えた年金問題と一緒です。
     ただ年金問題は大量の事務で国民の年金管理ができなかったという問題ですが、
     今回は政権にとって良いデータだけを意図的に流した、という疑いが濃厚で、
     極めて悪質です。

編集部: 今は2月の初旬ですが、政権は逃げ切ろうとしていますね。

横尾 : 森友学園問題、加計学園問題同様逃げ切れると踏んでいるのでしょう。
     去年のこの問題は首相のオトモダチに霞が関の官僚たちが便宜を図り、
     国会で追及されるとウソを繰り返して、逃げ切りを図った問題です。

編集部: 今回の政府統計の不正も同様に?

横尾 : 役人が悪いことにして逃げています。

編集部: この影響はどのようなことに?

横尾 : 労災保険や雇用保険の給付を受けていた人だけでなく、
     社会の賃金データのベースになるものですから、
     ほぼ国民の大半は間接的な影響を受けているでしょう。
     でもボクは国民が国家(役所)を信頼しないことに繋がる、
     大きな影響があると思いますよ。

編集部: それはどういうことでしょう?

横尾 : 北欧では長年国家の行政システムが信頼されているからこそ、
     税金は高いけど将来安心して医療や福祉、介護などを受けられる。
     そのために貯蓄は少なく、消費に回すので経済も停滞しないのです。
     つまり何十年か先の将来に渡って国家を信頼しているのです。

編集部: そういうことですね。

横尾 : 日本で若い人がよく言うのは、年金を払っても将来貰えるかどうかわからない、
     ということです。

編集部: はい、そうですね。

横尾 : 一理あって、将来の国家や行政のシステムに不安があるからです。
     政治家は自分の任期だけ、うまいことを言ってごまかしますが、
     国民が将来に不安があれば、お金を貯め込み使いません。
     いまの先進国の経済は「消費」が基本。
     これが停滞すれば企業も困り、国民も困りジリ貧になります。

編集部: そういうことですね。

横尾 : いまの政治家は2世、3世議員でお金の苦労や世間の苦労を知らない。
     ましてや将来の年金や社会保障などに興味がない。
     政府統計が不正だったらポーズだけ誤って、
     あとは時がたってみなが忘れるのを待っていればよい、
     と考えているのでしょう、本音では。
     これでは国家の信頼に関わり、将来的に日本の滅亡を早めるだけだと思います。
     信頼を構築するには国家でも企業、個人でも長い期間がかかるのですから。


  # by weekly-yokoo | 2019-02-06 09:03 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? 月刊 Vol.2

月刊 Vol.2 【 「平成の終わり」が気になる!】

編集部:「今週の気になる?」のコーナーは?

横尾 : いよいよ平成が4月末で終わります。
     新聞やテレビなどはやたらと「平成最後の…」を連発します。
     この「月刊!横尾和博」も4月の掲載は 「平成最後の…」、
     5月は「○○最初の…」というキャッチをつけましょうか(笑)。

編集部: 「平成」や新しい元号が商売のネタになるんですね(笑)

横尾 : でも昨年の安室奈美恵の引退、SMAPの終焉、そして嵐など、
     平成の終わりを告げるような芸能界の出来事もありました。

編集部: そうでしたね。

横尾 : 逆に大晦日の紅白歌合戦でサザンやユーミンが登場し、
     健在ぶりをアピールしたのもボクには新鮮に思えました。

編集部: 「平成30年」をキーワードに文学をはじめ、音楽、映画など
     あらゆる分野で30年間の振り返りができそうですね。

横尾 :「B級グルメ」なども平成の言葉ですね(笑)。
     昭和のバブル経済期はA級がすべてでしたからね。
     結論的にいうと平成はネットを含めた
     サブカルチャー全盛期ではないかと思います。

編集部: たしかにアニメやゲームなども昭和の時代とは違いました。

横尾 : ではこれからの時代は何がキーワードになるかということですが、
     ボクは人間復興だと思います。
     新しい商品、製品など企業はいろいろな目新しいウリを作るでしょうが、
     結局は人間ってナニ? というところに戻るような気がします。

編集部: それは文化中心の話ですか?

横尾 : 文化、サブカル、そして科学にも行きつくと思います。
     特に典型的なのはAIです。
     自動運転に始まって、AIが全盛期を迎えます。
     この時代が数十年続くでしょう。
     そして揺り戻しがきて、人間が生きるってナニ? ということが
     あらゆる分野で問われてきます。

編集部: そういう時代が来ますか?

横尾 : 必ず来ます。
     ボクたちが生きている時代はムリかもしれませんが(笑)。
     原子力が無限の力だと信じてきて60年くらいたち、
     日本でも原発事故が起こり、取り返しがつかなくなって、
     自然エネルギーに回帰するように、必ず揺り戻しの時代がきます。


  # by weekly-yokoo | 2019-02-06 09:02 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.426

2月1日から各地でプロ野球のキャンプが始まりました。23日からはオープン戦が始まり、あっという間に開幕です。今年は注目の新人選手から大物選手のFA移籍などがあり、注目も高まってきています。キャンプ場所といえば沖縄と宮崎で行われますが、毎年経済効果は100億円規模にもなります。その為、経済効果を狙って、各地では誘致力がすごく、施設などの不満があれば直ぐに改善されます。最近では野球だけでなく、サッカーなどのスポーツなども招致し、ますます経済効果が上がっています。沖縄や宮崎など、気候の良さもあるのでしょうが、最も大きな要因は自治体の努力や地域の協力も大きのではないのでしょうか?

  # by weekly-yokoo | 2019-02-06 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE