週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第399回  【 グラグラ安倍政権、逃げ切れるか?】

   第399回 【グラグラ安倍政権、逃げ切れるか?】

編集部: 今週の話題は?

横尾 : 米英仏によるシリア攻撃と、安倍・トランプ会談で、
     話題は国際・外交問題に話が移りそうな予感です。
     この問題は重要なので後日、お話しするとして、今回は国内の話題です。

編集部: はい。お願いします。

横尾 : 先週に続いて、屋台骨グラグラの安倍政権、加計学園問題の続報で
     また大騒ぎになっています。
     14日には国会で3万人が集まり、安倍退陣を求めて集会が行われました。
     安倍政権は何とか外交問題で目をそらし、GW(ゴールデンウィーク)に入り、
     世論の追及をかわしたいところですが。

編集部: 加計学園問題のおさらいをお願いします。

横尾 : 加計学園問題とは、安倍首相のお友達の加計さんが、愛媛県今治市に
     大学の獣医学部を新設したいということで、
     国や県や市に大学設置の認可を申請しました。
     これまで獣医学部の新設を認めてこなかった政府でしたが、
     規制緩和、国家戦略特区という特別のはからいで、申請を認可し、
     今年の4月から開校しています。

編集部: 認可問題で安倍さんの指示があったかどうか、ということですね?
     関わっていないということを言っていますね?

横尾 : はい、自分が直接口頭やメールや電話で、森友を頼む、加計学園新設を頼む、
     とは言っていないかもしれません。
     周囲の幹部が「首相の意向」「首相に近い人」などと匂わせているから、
     下が忖度や空気を読むわけです。
     その政治責任は中小企業の社長じゃないのですから、一国の総理大臣ですから、
     逆に周囲の幹部を戒めなければならない、身を律しなければならないのです。
     「オレは知らないよ」「オレは関係ないよ」では社会は通らないのです。
     それが安倍首相は全くわかっていない、反知性主義もいいところで、
     徳がないんですね、社会性とか道徳性がないのかもしれません。

編集部: それは困ったものです。
     でも先週のこのコーナーでも支持率が意外と高い、
     これはどうしてでしょうか?

横尾 : 単純な原因ではなく、複合的な原因で、次の総理候補がいない。
     森友や加計学園問題の重要性が国民にはわからない。
     この国全体が「オレは知らないよ」「オレは関係ないよ」という風潮に
     陥っている、ということでしょうか。
     いずれにせよ防衛省の日報隠し、厚生労働省の過労死労災隠しも含めて、
     この国の役所の信頼が失われての危機は大きな問題で、
     将来の禍根を残すと思います。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-04-18 09:03 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.399

   第399回 【 コンビニスイーツの味は? 】

編集部:「今週の気になる」です。

横尾 : 最近、お酒を飲む機会を減らしているので、コンビニに行くと、
     ついスイーツに目がいってしまいます(笑い)。

編集部: 極端にブレますね(笑い)

横尾 : 元々スイーツは嫌いじゃないのですが、もっぱらケーキとか和菓子でした。
     でも最近コンビニのスイーツがバラエティに富み、
     しかもそんなに高い値段ではないし、気軽に手にとれるので、
     食べるようになりました。

編集部: 味はどうでしょう?

横尾 : 味も悪くないです。
     一流の洋菓子店や和菓子店に比べては劣るかもしれませんが、
     元来がその一流店スイーツを食べていないですから(笑い)。

編集部: どのような商品がお好きですか?

横尾 : セブンだとカスタードと生クリームの
     「ダブルクリームのセブンシュー」ですね。
     ダブルの贅沢感で低価格ですから(笑い)。
     あとは「生どら焼き」です。

編集部: ファミリーマートだと?

横尾 : 「チョコバナナクレープ」が逸品です。
      ウチの近くのファミマにはなかなか置いてなくて、
      すぐに売り切れるんですね。
      ない場合だと「スフレチーズケーキ」か、
      定番の「濃厚カスタードシュー」ですね。

編集部: ローソンはどうでしょう?

横尾 : ローソンはやはり「プレミアムロールケーキ」が一番です。
     あとは「もち食感ロール」のもちもち感はたまらないですね。
     いずれにしてもコンビニスイーツはあなどれないです。
     最近はJRのエキコンビニ(NewDays)。
     やはり手軽と種類が豊富というのがキーワードですね。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-04-18 09:01 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.399

新学期のスタート、多くの新学生も、新サラリーマンも初々しい感じがあり良いですね。でも、どうして4月に新学期が始まるのかを?皆さんはご存知ですか?江戸時代の寺子屋の学時期はとくに決まっておらず、いつでも入学できたそうです。その後、明治維新によって明治時代の初めの頃から西洋にならって9月入学が主流になりました。さらに西洋に追いつけ追い越せと富国強兵政策の影響から政府の会計年度が4月~3月になり、軍隊の入隊開始が4月になったことによって小学校や師範学校の入学時期も4月へと変わっていくことになりました。教育に関係があるというよりは国の事情によって4月になったようです。では他国の新学期はどうなのでしょうか?まず1月は、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランド、フィジー。2月はブラジル。3月はアルゼンチン、韓国。5月はタイ。6月はフィリピン。9月はアメリカ、カナダ、スペイン、イタリア、フランス、イギリス、オランダ、ロシア、ベルギー、ブルガリア、トルコ、イラン、エジプト、チュニジア、モンゴル、中国、台湾、ベトナム。10月はカンボジア、ナイジェリア、セネガルとなっています。(地域、学校によっては差がある場合もあります。)ちなみに日本のインターナショナルスクールは海外の大学を目指す人も秋に始まる学校も多くなっています。「桜が咲くころは新学期」というのは日本独特の風習なんですね。皆さんの周りに留学生や外国人のお友達がいれば教えてあげてみても面白いですね。

[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-04-18 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE