週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第391回 【 確定申告の時期、佐川国税庁長官に怒り!】

 第391回 【確定申告の時期、佐川国税庁長官に怒り! 】

編集部: 今週の話題をお願いします。

横尾 : 2月16日から3月15日まで、確定申告の時期です。
     個人事業者を中心に昨年1月から12月の収入や経費を明らかにして、
     自分の所得を確定し、申告して納税するものです。

編集部: 横尾さんも確定申告ですか?

横尾 : はい、ボクみたいなフリーの物書きや、フリーで働いている人、
     給与以外の出来高払い、請負制の人は、すべての業種で申告が必要です。

編集部: その点サラリーマンは給料天引きで楽ですね。

横尾 : でもその分、いくら自分が国に税金を払っているのか、
     わからないデメリットもあります。

編集部: いま税金の大元の国税庁に長官批判が集まっていると聞きました。

横尾 : 今の国税庁長官は、去年7月に長官就任、その前は財務省理財局長として
     森友問題の最高責任者でした。

編集部: 森友問題とは?

横尾 : 森友学園の籠池理事長夫妻に、学園開校にあたって国の土地
     (すなわち国民の財産)を、9億円のところ、1億円に国がオマケした話です。
     安倍首相との繋がりを強調して、昭恵夫人の名もさかんにでてくる疑惑です。
     佐川氏は国会の答弁で、森友に関する資料は破棄た、と繰り返しました。
     ところが新たな資料や、交渉の音声データが残っていました。

編集部: 今の国税庁長官が森本学園問題の財務省側の責任者だったのですね。

横尾 : 税金の申告をする人たちは帳簿や領収書などを7年間保存の義務があります。
     税務調査に協力するためです。
     なのに大元の国税庁長官が資料を破棄した、書類はない、といって
     国権の最高機関である国会で答弁しています。
     誰も信用しませんよ。
     庶民感覚からいって、人(納税者)には厳しく、身内には甘い、
     それは違うんじゃないの?ということです。

編集部: なぜ佐川氏は森友の交渉記録を破棄した、といったのでしょうか?

横尾 : それは安倍さん、ないしは昭恵夫人の関与が明らかになるからだと思いますよ。
     じゃなければ隠す必要はないのですから。
     末端の税務署で働く職員には長官批判、可哀相ですが、
     これが日本国の政治の実態だとよく考えてほしいですね。
     批判はますます高まるでしょうね。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-02-21 09:03 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.391

   第391回 【 ラニーニャ現象で寒いのか!】

編集部:「今週の気になる」です。

横尾 : 今年は寒い冬になりました。
     11月から異様な寒さで、北日本の大雪も記憶に残る年ですね。
     東京も気温が低い日が多く、2月下旬でもまだまだ寒いです。

編集部: ホントにそうですね。

横尾 : 最近のニュースでこの寒さは、ラニーニャ現象によるものだと、
     解説していました。
     ラニーニャとはエルニーニョと反対で、東太平洋赤道域つまり、
     ペルーやエクアドルの沖合で海面水温が数年に一度、数カ月にわたり平年よりも
     低くなる現象、との事です。
     ラニーニャはスペイン語で「女の子、少女」の意味だそうですが(笑)。
     エルニーニョほど顕著ではないけれど世界各地に天候異変をもたらし、
     日本ではやや暑い夏、寒い冬になりやすい、とのことです。

編集部: 数年に一度のそのせいで寒いのですね。

横尾 : 北海道や東北で魚が海岸で大量に死んでいました。
     水温が低すぎるのです。

編集部: ということは逆に夏は猛暑に?

横尾 : そうかもしれません。
     いまから猛暑に備える対策は早すぎるので、また別の機会に(笑)。
     でもいつも思うのですが、天気の解説は事後ではなく、その季節が
     始まる前に「今年の冬はラニーニャで寒い!」と予想してほしいですね(笑)。
     そうすれば個人もいろんな業界も、早めに対策を打てるのですけどね(笑)。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-02-21 09:01 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.391

2018年2月中旬春が近づくにあたり寒暖の差が激しくなって来ています。春は、別れと出会いのシーズン。これまでの学友と別れがあり、育った校舎との別れがあり、新しい校舎や会社での新たな仲間との出会いがあります。人間は、出会う人によってその後の人生が決まると言っても過言ではないでしょう。結婚という分岐点も、学校や職場で出会った人が大半を占めているのが、その証拠です。平成最後の年、新しい年号はまだ決まっていませんが、日本国民としては楽しみですね。筆者にはどんな新しい出会いがあるのでしょうか?新たな出会いに期待を膨らませながら春を迎えて行きましょう。

[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-02-21 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE