人気ブログランキング |
週刊!横尾和博
月刊!横尾和博

月刊 第14回 【まちの景色とおバカな政治!】

月刊 第14回 【まちの景色とおバカな政治!】

編集部: 今月の話題からお願いします。

横尾 : 4月新年度へ向けて入試、転勤や配置換えの声が慌ただしく聞こえてきます。
     特に五輪イヤーでもあり、新しく衣替えする建物など、
     街を歩くと目に見える形での変化がありそうです。

編集部: 1964年の東京オリンピックの時、街はどうだったのでしょうか?

横尾 : ボクはあまり覚えていないけれど新幹線や首都高速道路の開通、
     一般の細い道でも舗装が進んだような記憶があります。
     つまり五輪をきっかけに街の風景がかなり変わったんですね。

編集部: 今回もそう感じますか?

横尾 : 東京の都心部は外面的に変わったように思います。
     ただ外形は変わっても、相変わらず変わるどころかますます悪くなるのが
     日本の政治。
     桜を見る会、カジノ、野党合流など、政治は庶民と離れるばかりで、
     一番庶民が感じている15%への消費増税、年金や医療など社会保障の後退、
     五輪後の景気後退など、不安要因はひどくなるばかり。

編集部: 安倍さんは憲法改正、外交など庶民の暮らしとは直接関係ない課題で
     奔走しているようにみえます。

横尾 : 1月20日から通常国会が6月17日までの会期で始まりました。
     国の予算を審議し決定するのが大きな役割りですが、すんなり決まるでしょう。
     国の予算、ボクたち庶民には金額が大き過ぎてよくわからないのですが、
     突出する軍事費など問題点はたくさんあります。
     ムダを削る努力もされていません。
     財政規模も過去最大で、借金(国債)も過去最大です。
     これでホントにいいんですかね?

編集部: ツケは庶民に、ということですね。

横尾 : はい、街の外見が変わり世の中が変わったように見えて、
     でも政治だけは古いままで、さらに悪くなるようで、
     五輪に浮かれていると大きな危機が来年あたり起きそうな気がして、
     皆さん今後の経済の成り行きと大災害には、十分気をつけてくださいね。


  by weekly-yokoo | 2020-02-05 09:02 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? 月刊 Vol.14 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE