人気ブログランキング |
週刊!横尾和博
月刊!横尾和博

月刊 第6回 【 衆院解散、参院選挙とのダブル選はあるか?】

月刊 第6回【衆院解散、参院選挙とのダブル選はあるか? 】

編集部: 今月の話題をお願いします。

横尾 : 5月のひと月で、政治の流れがだいぶ変わってきました。
     ひとつは新天皇即位と新元号の令和です。
     奉祝ムードですが、政治家が期待したほどではないようです。
     二つめはトランプ米大統領に訪日の政治ショーです。
     話題の大相撲観戦でしたが、トランプさんの退屈そうな姿が印象的でした。

編集部: あのシーンはおもしろかったですね。

横尾 : 安倍さんや首相官邸がトランプ氏に頼んだ政治ショーでしたが、
     成功したかどうかは国民の反応を見ないとわかりませんね。

編集部: 流れが変わった三つめ何でしょうか?

横尾 : 永田町に解散風が吹き、政治家が浮き足だっていることです。
     また野党統一が進展し、候補者の一本化が進んでいることですね。

編集部: そもそも参院選は3年ごとの定例選挙ですが、
     安倍首相が衆院を解散するのはなぜでしょうか?

横尾 : はい、原則4年の衆院任期を解散して、総選挙を行うには理由、
     つまり「解散の大義」がなくてはいけません。
     解散理由は官邸側がなんだかんだと言うのでしょうが、
     本音は与党(自民、公明)に選挙結果が有利にはたらく時期だということです。
     自民党が勝てば安倍さんは安泰で再来年秋の自民党総裁4選、
     イコール首相継続をめざすでしよう。
     現在の世論が自民党や安倍さんに有利、とみて解散するのです。

編集部: 野党もいまひとつ人気がないですからね。

横尾 : そのとおりです。

編集部: すると衆院解散、総選挙の理由は10月の消費税値上げの是非でしょうか?

横尾 : ボクは憲法改正だと思います。
     国民はまだまだ憲法改正については理解していません。
     消費税は自分の財布に直接響きますから敏感ですが。

編集部: すると横尾さんは、いまの時点(6月1日)で、衆院解散、
     総選挙で参院選とのダブル選はアリ、と予想されているのですね。

横尾 : はい、現時点でかなり濃厚です。
     予想屋のようですが(笑)。
     来月の初めには予想結果が出ているはずです。
     はずしたらごめんなさい(笑)。


  by weekly-yokoo | 2019-06-05 09:02 | バックナンバー | Comments(0)

<< 編集後記 Vol.431 今週の気になる? 月刊 Vol.6 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE