人気ブログランキング |
週刊!横尾和博
月刊!横尾和博

月刊 第4回 【 新しい元号、だけど古い選挙!】

  月刊 第4回 【新しい元号、だけど古い選挙!】

編集部: 「令和」(れいわ)という新しい元号が発表されました。
      まず新元号の感想、いかがですか?

横尾 : まだピンときませんね。『万葉集』と言われても…。
     元号は最初なじみがないのですが、使っているうちにだんだん慣れてきますね。
     平成元年(1989年)のときもそうでしたけど。

編集部: さて今週の話題は?

横尾 : はい、今年の4月は4年に1度の統一地方選挙の年です。
     4月7日投開票の前半戦と4月21日投開票の後半戦とがあります。
     前半戦は道府県知事、道府県議員、政令指定都市の首長と議員選挙です。
     後半戦は市区町村の首長と議員選挙です。

編集部: たとえば東京では?

横尾 : 区長と区議会議員の選挙があります。

編集部: 東京都知事や都議会議員の選挙は、別の年の別の月に行われていますが、
     なぜでしょうか?

横尾 : 首長の辞任やリコール、議会の中途解散などで、
     期の途中で選挙をやった自治体は
     統一地方選挙の日程からズレるのです。

編集部: そうなんですね。地方選挙、最近の問題点はどのようなことでしょうか?

横尾 : 地方は過疎化が進み、議員のなり手がいないのですね。
     議会が成立しないと民主主義が機能しなくなります。

編集部: でも議員が一けたの議会では対立はないと思いますが?

横尾 : そうですね。
     ボクは地方議会、特に区市町村の議会はイデオロギーではなく、
     住民にとって第一は何かを考えた政策をやるべきだと考えます。
     首長である市区町村の長も同様です。
     ただ原発の立地体や米軍基地などがある市区町村は、
     当然それに対する賛否があってしかるべきですが。

編集部: あとの問題点は?

横尾 : 大都市の市区町村選挙は議員が職業になっています。
     国会議員も同じで世襲が行われています。
     ホントに地域に密着した子育て中のお母さん、
     給与生活者が議員にならないと生活密着にならないと思います。
     また女性議員へのセクハラなども問題になっています。
     これは有権者の民度の低さを表していますね。
     高い住民税を議会歳費でムダにしてほしくないです。

編集部: そのとおりですね。

横尾 : 新しい世になるのだから、政治もいつまでも古い体質のままだと
     庶民に見離されてしまいます。
     投票率が低いのは、無関心の庶民にも責任がありますが、
     政治の古い体質が「どうなっても変わらない」
     という意識を生んでいるのも事実。
     政党や政治家は反省してほしいです。


  by weekly-yokoo | 2019-04-03 09:02 | バックナンバー | Comments(0)

<< 編集後記 Vol.429 今週の気になる? 月刊 Vol.4 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE