週刊!横尾和博
月刊!横尾和博

今週の気になる? 月刊 Vol.2

月刊 Vol.2 【 「平成の終わり」が気になる!】

編集部:「今週の気になる?」のコーナーは?

横尾 : いよいよ平成が4月末で終わります。
     新聞やテレビなどはやたらと「平成最後の…」を連発します。
     この「月刊!横尾和博」も4月の掲載は 「平成最後の…」、
     5月は「○○最初の…」というキャッチをつけましょうか(笑)。

編集部: 「平成」や新しい元号が商売のネタになるんですね(笑)

横尾 : でも昨年の安室奈美恵の引退、SMAPの終焉、そして嵐など、
     平成の終わりを告げるような芸能界の出来事もありました。

編集部: そうでしたね。

横尾 : 逆に大晦日の紅白歌合戦でサザンやユーミンが登場し、
     健在ぶりをアピールしたのもボクには新鮮に思えました。

編集部: 「平成30年」をキーワードに文学をはじめ、音楽、映画など
     あらゆる分野で30年間の振り返りができそうですね。

横尾 :「B級グルメ」なども平成の言葉ですね(笑)。
     昭和のバブル経済期はA級がすべてでしたからね。
     結論的にいうと平成はネットを含めた
     サブカルチャー全盛期ではないかと思います。

編集部: たしかにアニメやゲームなども昭和の時代とは違いました。

横尾 : ではこれからの時代は何がキーワードになるかということですが、
     ボクは人間復興だと思います。
     新しい商品、製品など企業はいろいろな目新しいウリを作るでしょうが、
     結局は人間ってナニ? というところに戻るような気がします。

編集部: それは文化中心の話ですか?

横尾 : 文化、サブカル、そして科学にも行きつくと思います。
     特に典型的なのはAIです。
     自動運転に始まって、AIが全盛期を迎えます。
     この時代が数十年続くでしょう。
     そして揺り戻しがきて、人間が生きるってナニ? ということが
     あらゆる分野で問われてきます。

編集部: そういう時代が来ますか?

横尾 : 必ず来ます。
     ボクたちが生きている時代はムリかもしれませんが(笑)。
     原子力が無限の力だと信じてきて60年くらいたち、
     日本でも原発事故が起こり、取り返しがつかなくなって、
     自然エネルギーに回帰するように、必ず揺り戻しの時代がきます。


  by weekly-yokoo | 2019-02-06 09:02 | 今週の気になる? | Comments(0)

<< 月刊 第2回 【 政府統計の不... 編集後記 Vol.426 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE