週刊!横尾和博
月刊!横尾和博

編集後記 Vol.425

1月7日は七草粥を食べる日と言われています。正確には人日と言い、五節句の一つです。他の四つは、3月3日の上巳(じょうし)の節句、5月5日の端午(たんご)の節句、7月7日の七夕(しちせき)の節句、9月9日の重陽(ちょうよう)の節句です。これらは「行事食」と言われており、その他にも1年を通じて数多く行事があります。行事食には季節の旬の食べ物を取り入れたものが多く、その時、その土地のものでとれた旬の食べ物を食べる事で自然と調和し健康を願うといった意味が込められているそうです。今の世の中、何でも手に入るからこそ、旬な食べ物が何で、栄養がある時期がいつかということを学べる機会だと思いますので、皆様も是非、行事の日を意識してみてはいかがでしょうか?

  by weekly-yokoo | 2019-01-09 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

<< 今週の気になる? 月刊 Vol.1 第424回 【 平成の30年間... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE