週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第416回 【サマータイム お馬鹿な発想は誰が? 】

  第416回【 サマータイム お馬鹿な発想は誰が? 】

編集部: 今週の話題をお願いします。

横尾 : 森元総理が、7月と8月の2回に渡って安倍首相に、
     東京オリンピックの時のサマータイム導入を要請しています。
     森喜朗氏はオリパラ組織委員会の会長ですが、変な話ですね。


編集部: サマータイムとは夏時間として2時間、早めるということですね?

横尾 : はい、いま朝6時に起きている人は、
     サマータイムになると朝6時というのは今の午前4時になります。
     つまり、皆んな朝早くから行動することになります。

編集部: なぜ五輪に?

横尾 : 暑くてマラソンの時間など7時スタートにすると選手が大変だという事です。

編集部: 五輪対策のためですか?

横尾 : そうです。
     わざわざ時間をずらさなくても朝5時スタートにすればよいわけで、
     観客の為に早朝の臨時電車など交通機関を増発してもらえばよいだけの事です。

編集部: ほかに問題点は?

横尾 : いまはすべてが電子化されています。
     そのソフトを作り変えるだけで大変で、大きなコストがかかります。
     またミスなどのリスクも生じます。
     飛行機や病院など時間でミスすると命とりになります。
     また食べ物の消費期限なども管理が大変なことになります。

編集部: という事はサマータイムでソフトウエア業界が儲かるという陰謀ですかね(笑)

横尾 : 何か大きな理由があって、森さんが執拗にサマータイムに
     固執するのかどうかわかりませんが。
     理由とはもちろん利権のことですが。
     いずれにせよ国民の中に根づいた胎内時間をずらすわけですから、
     健康管理も含めて、考えてほしいです。
     時間は権力者のものではありません。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-09-05 09:02 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.416 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE