週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

今週の気になる? Vol.416

第416回
【 町の柔道場の一代記『オンボロ道場は残った』を読む 】

編集部:「今週の気になる?」のコーナーは?

横尾 : 先月刊行された下原敏彦『オンボロ道場は残った』(のべる出版企画)を
     ご紹介したいと思います。

編集部: どのような本でしょうか?

横尾 : 著者は町の柔道場主として33年間、地域の子どもたちや、
     大人たちも含めて柔道を教えてきた人です。
     ドストエフスキーにも造詣が深く、日大芸術学部で講師もしていまして、
     文武両道の偉才です。

編集部: いまどき町の道場というのは珍しいですね。

横尾 : 柔道場だけでなく町場のソロバン塾や個人経営の学習塾もなくなりました。
     塾も大手チェーンなどが席捲しています。

編集部: ホントにそうですね。

横尾 : その様な時代にあって町の道場や学習塾は、先生の個性で持っているのですね。
     つまり体を鍛えるだけでなく精神の修養や、
     社会的規範を教える教育機関でもあるわけですね。

編集部: 大手学習塾チェーンは精神修養や道徳観を教えませんね。
成績アップだけで。

横尾 : 昨今のアマスポーツの不祥事はみな勝利至上主義からきているものですね。
     今年の甲子園でも秋田の金足農業高校がスポットを浴びたのも、
     公立校なのに準優勝したことで、
     また一段と勝利至上主義に批判が強まるでしょう。

編集部: 甲子園フィーバーは凄かったですね。

横尾 : だから町の道場から立派な人材が輩出されるような世になればよいですね。
     そのためにこの本は、柔道主の一代記という枠を超えて、
     世に一石を投じています。
     ぜひ読んでみてください。
     書店にない場合は版元ののべる出版企画に直接連絡してみてください!


[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-09-05 09:01 | 今週の気になる? | Comments(0)

<< 第416回 【サマータイム お... 編集後記 Vol.416 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE