週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第413回 【 カジノ実施で社会は荒れる! 】

 第413回 【 カジノ実施で社会は荒れる! 】

編集部: 今週の話題をお願いします。

横尾 : 先週、国会でカジノ実施法が成立しました。
     全国で3か所を基本に民間業者が運営するカジノを作り、
     刑法の賭博罪を免除する法案です。
     大阪、長崎、北海道、和歌山が名乗りをあげています。

編集部: ギャンブルを政府が推進するようですが大丈夫なのでしょうか?

横尾 : 競馬、競輪、競艇などのギャンブルは、一応公営ですが、
     カジノは民間事業者の運営です。
     一番心配されるのはギャンブル依存症です。
     今回の特徴は、最初の計画にはなかったのですが、カジノ運営業者が
     お客さんにその場でお金を貸せる仕組みを認めたことです。

編集部: それは昔の賭場のようですね?

横尾 : はい、胴元が負けの込んできた客に、金を貸してもっと掛けさせる。
     お客は身ぐるみ剥がされて、借金だけが残り、犯罪の温床になります。

編集部: ほかの問題点は?

横尾 : マフィアや反社会的勢力が裏で活躍するのは間違いないです。

編集部: なぜ世論も反対が圧倒的だったのに、国会で通したのでしょうか?

横尾 : 説は2つで、ひとつはアメリカのカジノ王はトランプ大統領の大口支援者で、
     トランプ大統領から安倍さんが頼まれた、という説。
     もうひとつは来年になると春の統一地方選、夏の参院選で
     不利になるというので、今年は選挙がないので、いまのうち、という説です。

編集部: カジノは外国人を誘致する、という説もありますが?

横尾 : 少しは外国人観光客も遊ぶかもしれませんが、
     訪日外国人は日本文化に触れるのが楽しみなのです。
     京都、奈良、浅草など日本の魅力あるスポットや、
     アニメやキャラクターなどのサブカルに興味があり、
     わざわざカジノをやりに日本には来ません。
     マカオなどカジノの本場にでかけるでしょう。

編集部: するとギャンブル漬けになるのは日本人?

横尾 : はい、そもそも小金を溜めている日本人を標的にして、
     金を巻き上げようとするのですから。
     何か物やサービスを売って、アメリカの会社の利益になるのなら、
     まだよいのですが、博打で金を巻き上げようとするのを、
     日本政府が応援するのですから困ったものです。
     アメリカについで世界第2位のカジノ大国になるでしょう。
     ゆえに日本社会は相当荒れて、金銭がらみの犯罪が増えますね。
     たとえばオレオレ詐欺のような、手口が増え、その金で犯人が
     カジノで豪遊するのは、目にみえています。
     あと数年後にはできるでしょうけど、皆さん犯罪も含めてギャンブルは
     麻薬と一緒ですから、気をつけてください。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-07-25 09:03 | バックナンバー | Comments(0)

<< 編集後記 Vol.414 今週の気になる? Vol.413 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE