週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第411回 【 東京五輪のボランティアはブラックボランティア 】

 第411回 【 オウム事件 麻原死刑囚らの刑執行 】

編集部: 今週の話題をお願いします。

横尾 : 先週6日(金)に地下鉄サリン、松本サリン、坂本弁護士一家殺人事件などの
     首謀者であるオウム真理教代表の麻原死刑囚と
     幹部6人の死刑が執行されました。

編集部: いきなり入った衝撃的なニュースでした。

横尾 : オウム事件では全部で13人の死刑が確定しており、
     残り6人が未執行ということになります。

編集部: オウム事件ももう23年たち、今の若い世代はわからない人も多いようですね。

横尾 : はい、1995年当時生まれた人で23歳、
     事件当時10歳だった人で33歳、過去の事件になりました。

編集部: 横尾さんはこの事件をどう見ていましたか?

横尾 : ボクは自分たちの勝手な宗教観で、関係ない周囲の人を巻き込んだ
     とんでもないテロ事件だったと思います。
     もちろん思想信条の自由、宗教の自由は保証されなければなりません。
     しかし、時として妄想、観念は暴走してしまいます。
     正義のためなら他人を殺してもよい、救済のためなら殺してもよい、
     という極論に辿り着くことにもなります。
     つまり〇〇のためなら、というのが怪しいと思うのです。

編集部: そうかもしれません。

横尾 : ゆえに彼らが暴走した理由を社会学、心理学、哲学、
     文学の立場から考えることはとても重要です。
     ただ犯した罪、実行行為については、法の裁きが必要です。

編集部: 若い世代が増えて、オウム事件を知らない人が増え、
     一方オウムは、名を変え、今でも活動している危機感が、
     死刑の背景にあったのでしょうか。

横尾 : そうでしょうね。
     神格化、殉教というパターンが国家権力にとっては嫌だったのでしょう。
     でもカルトは現代の混迷する社会のなかでは、オウムだけではなく、
     いろいろな形で表れてきます。
     正直、先進国の病だと思います。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-07-11 09:05 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.411 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE