週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

編集後記 Vol.411

現在世界で最も賑わっているスポーツの祭典、サッカーワールドカップであるが、先日世界が多く注目したニュースが試合後の日本人サポーターではなく、他の出場国のサポーターが自主的にゴミ拾いをおこなったというニュースだ。以前から日本人サポーターの試合後のごみ拾いが注目されているが、今回は違う。日本人のその姿が素晴らしいと共感した国々が真似てくれている。スポーツは世界を変えると言われているがこの様な形でも世界に影響を与えられる事は本当に素晴らしい。そもそも日本人サポーターによる清掃活動は、日本が初出場した1998年のフランス大会にさかのぼる。礼儀正しい姿を地元メディアが報道。以来、ほかの海外メディアも注目するようになった。今回も海外の複数メディアがこうした活動を評価する記事を掲載している。残念ながら我が日本はベスト16で終わってしまったが、まだまだワールドカップの熱は冷ていない。優勝国を予想しながら夜更かしして見る人たちが多い中、ゴミ拾いの習慣を国内の他のスポーツでも教訓としてほしい。さて、私も自分にムチを打って部屋の掃除を行うとしよう。まずはここからだ

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-07-11 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

<< 今週の気になる? Vol.411 第410回 【 東京五輪のボ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE