週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

今週の気になる? Vol.410

   第410回 【 サッカーワールドカップ 】

編集部:「今週の気になる?」のコーナーは?

横尾 : サッカーワールドカップ(W杯)の話題です。
     惜しくも日本はベルギーに負けてしまいましたが、予選リーグ最終戦の
     ポーランド戦での終了間近の、日本の闘い方に賛否両論が起こりました。

編集部: テレビやネットで報じられていますね。

横尾 : 日本は0-1で負けていたのですが、同じ組のセネガルも試合中で、
     セネガルが負ければ日本がH組の2位で、決勝トーナメントに進み、
     ベスト16となるからでした。
     つまり積極的に攻めて、ポーランドから得点を奪う戦術より、
     守備を固め失点やイエローカードをもらわないような、
     消極的な戦術の是非についての議論です。

編集部: 横尾さんはどう思いますか?

横尾 : サッカーはよくわからないので、アレコレ無責任な論評はしたくないのですが、
     決められたルールのなかではひとつの戦術かな、と思います。

編集部: スポーツマンシップに反しない?

横尾 : 日大アメフト部の事件は、あれはルール違反で、
     しかも傷害を負わせた刑事事件ですから、
     あの件はスポーツマンシップどころではない話です。
     でも今回のサッカーW杯での闘い方は、野球でいえば強打者を敬遠するのと
     同じような話です。
     ボクは野球をやっていましたからいえますが、敬遠はありだと思います。
     確かにスポーツマンシップに反するかもしれませんが、
     勝つことが使命とされるW杯などではありです。
     日本は片方で勝利を求めながら、もう一方でスポーツマンシップを強調する、
     変な考えが蔓延しているように思えます。

編集部: そうですね。

横尾 : 西野監督率いる「西野ジャパン」も当初は酷評されていました。
     W杯直前に監督に就任したばかり、でしたから。

編集部: 決勝トーナメントのベルギー戦は惜しかったですね。

横尾 : よくがんばったと思います。
     競合相手に2-3の負けは立派です。
     8強入りは悲願ですが、1次リーグ突破でも褒めたいです。
     戦前は評価が低かった日本ですが、ボクは監督の采配というのは、
     すごいものだと改めて感心しました。
     プロ野球でも過去にダメ球団が新監督で一転して優勝するような
     ケースをみてきましたからね。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-07-04 09:01 | 今週の気になる? | Comments(0)

<< 第410回 【 東京五輪のボ... 編集後記 Vol.410 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE