週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

今週の気になる? Vol.408

   第408回 【 サラリーマン川柳に世相を見る!】

編集部:「今週の気になる?」のコーナーは?

横尾 : はい、仕事で川柳について随筆を書くことがあり、
     ふだんあまり読まない川柳をいろいろ見ていました。

編集部: おもしろい川柳がありましたか?

横尾 : サラリーマン川柳がおもしろいですね。
     そもそも川柳は庶民の文化だとおもうのですが、笑いや風刺、権威を
     皮肉るなど江戸時代に端を発しまして、その伝統が流れているような、
     そんなものがおもしろいです。

編集部: サラリーマン川柳はどのような作品が?

横尾 : たくさんありますが、このようなものがおもしろいです!
     「空気読め!!」 それより部下の 気持ち読め!!
     昼食は 妻がセレブで 俺セルフ
     脳年齢 年金すでに もらえます

編集部: 落語の大喜利にありそうな川柳ですね(笑)

横尾 : 機知に富んでいますね。
     川柳はユーモアのセンスがないとダメです。
     あと大らかさとか明るさとか、俳句の自我の世界とは
     真逆な開放的なところがよいですね。

編集部: 川柳には政治や社会批判もありますよね?

横尾 : 朝日新聞の「朝日川柳」に載った安倍首相とトランプ大統領の会談を
     皮肉った「フロリダでちぎれるほどにしっぽ振る」というのが痛快でした(笑)。

編集部: ユーモアはいいですね。

横尾 : 川柳に限らず、イヤな社会ですから笑い飛ばすような芸がほしいです。
     本来はお笑い芸人がやるべきところなのですが。
     お笑いの根本は権力や権威、威張っている人の足元をすくうことになります。
     いまのお笑い芸人たちは、みなそれを忘れていますね。
     その精神があったお笑いは、
     ドリフターズやビートたけしまでだったのでしょうね。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-06-20 09:01 | 今週の気になる? | Comments(0)

<< 第408回  【 新幹線殺傷... 編集後記 Vol.408 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE