週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第407回  【 歴史的な米朝首脳会談! 】

   第407回 【 歴史的な米朝首脳会談! 】

編集部: 今週の話題は、なんといってもアメリカと北朝鮮の首脳会談ですね。

横尾 : はい、トランプ大統領と金委員長の会談、世界史的な出来事だと思います。
     4月27日の南北首脳会談に続いて、
     歴史の歯車が少しずつ動き始めていますね。

編集部: なぜ歴史は動いたのでしょうか?

横尾 : まず基本的に理解を深めていくには、外交問題、国際問題は
     すべてその国の「国内問題」だということです。
     外交政策、国際問題と、いろいろ理屈をつけますが、
     その時の権力者や為政者が自分の立場や地位を守るために、
     外国ネタを持ち出すのです。

編集部: なるほど、では今回の北朝鮮とアメリカの会談も国内問題が大きいと?

横尾 : はい、北朝鮮はこれまでの国連の経済制裁で、国内が厳しく、
     金体制批判も陰ではあり、盤石ではないということです。
     経済支援が欲しいという事でしょう。

編集部: アメリカの方はどうでしょうか?

横尾 : 今年11月の議会の中間選挙、2年後のトランプ大統領の選挙で
     再選されることが大目標です。
     ですから、アメリカに輸入されてくる貿易物に関税を引き上げると、
     大胆な政策を宣言して世界中から批判されています。

編集部: すると今回の米朝首脳会談は、どちら側も対国内でメリットがあると?

横尾 : そのとおりです。
     アメリカは北朝鮮より、5月に行ったイスラエルのテルアビブにあった
     大使館を、紛争の地であるエルサレムに強硬に移しました。
     これは米国内でのユダヤ人票に向けたメッセージといわれています。
     北朝鮮問題より、アメリカ人はイスラエル問題のほうに敏感ですから。

編集部: 両国の今後はどうなるでしょうか?

横尾 : 北朝鮮の核とミサイル問題は、一気には解決しません。
     今後交渉の進展はゲームのような駆け引きが続きます。
     長引くほど北朝鮮に有利です。
     北朝鮮は世襲で、半永久的に政権が続きますが、
     米国の大統領は最長で2期8年です。
     トランプ氏は2年過ぎましたから、あと6年。
     ゆえに解決先延ばしを許さないでしょう。
     そのあたりが今後のポイントですね。

編集部: つまり見返りの経済を求めて段階的に進めようとする
     北朝鮮とのスピード感ですね。

横尾 : はい、そうです。
     トランプ氏は、交渉がうまくいかない場合は、
     部分的な北朝鮮攻撃もあり得る、というカードが心配ですね。
     今後も目を離せません。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-06-13 09:02 | バックナンバー | Comments(0)

<< 編集後記 Vol.408 今週の気になる? Vol.407 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE