週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

今週の気になる? Vol.402

  第402回 【 ノーベル文学賞の発表、今年はなし! 】

編集部:「今週の気になる?」のコーナーは?

横尾 : ノーベル文学賞を選ぶスウェーデン・アカデミーが5月4日、
     性的スキャンダルに端を発したアカデミー自身の混乱を収拾できないため、
     今年のノーベル文学賞を来年のノーベル文学賞と合わせて
     授与すると発表しました。

編集部: それは大変なことですね。

横尾 : 昨年は日本生まれの日系カズオ・イシグロが受賞して話題になりました。

編集部: まずスウェーデン・アカデミーとは、どのような組織なのでしょうか?

横尾 : 定員18名で、会員が死ぬまで辞められない。
     つまり一度会員に選出されたら、終身永久会員ということです。
     死亡会員が出たら残りの会員で推薦して補充する、という制度です。

編集部: やはり権威がある?

横尾 : 1786年に国王が作った「学士院」です。
     その当時から18名の定員を維持してきました。

編集部: 今回の騒動の原因は?

横尾 : 女性会員の夫の性犯罪疑惑です。
     ノーベル文学賞授賞式の晩さん会の席などで、
     この会員の夫が、晩さん会参加者の女性たちに長年性犯罪を行っていた、
     というもので、被害女性18名が告発しました。

編集部: 長年表にでなかったものが、外部に出たということですね。

横尾 : そうです。
     アカデミー改革派の人たちが声をあげたということです。
     そのほかにもノーベル文学賞は、賭け屋によって賭けが毎年行われますが
     事前に情報が漏れていた、という疑惑もあるそうです。
     秘密厳守で18名の会員以外にはわからないはずですが。

編集部: やはり伝統とか権威は、池の水と同じように
     新しい水を入れないと腐敗するんですね。

横尾 : その典型事例です。
     ゆえに今年の10月の発表はなしで、来年秋に2年分、
     まとめて発表するということらしいです。
     文学の価値は、世情の権威や腐敗とは関係なく評価したいものです。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-05-09 09:01 | 今週の気になる? | Comments(0)

<< 第402回  【 連休後の大き... 編集後記 Vol.402 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE