週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第401回  【 南北会談 これから朝鮮半島の動きは? 】

  第401回 【 南北会談 これから朝鮮半島の動きは?】

編集部: 先週末のニュースは、南北首脳会談で一色でした。

横尾 : 歴史的な出来事だと思います。
     今後6月初旬までに行われるアメリカのトランプ大統領と
     金正恩委員長との会談も、歴史的な会談になりますね。

編集部: 今回のポイントを横尾さんはどうみてますか?

横尾 : 「朝鮮半島の非核化宣言」は今後、具体的な手順が焦点ですね。
     1950年の朝鮮戦争を終わらせる「終戦宣言」は、当時の西側代表は国連と
     米軍ですから、南北の他に米中を入れて「終戦宣言」は具体化すると思います。

編集部: すると非核化の具体化が今後、6月までに開かれる米朝会談のポイント?

横尾 : はい、そこが大きなポイントで、すでに内々で米朝は合意していると思います。

編集部: 日本では拉致問題がいわれていますが?

横尾 : これは米朝会談次第でしょうね。
     アメリカ人3人が北朝鮮に拘束されているので、これを解放して、
     そのついでか、その後に日朝会談があるとすれば、
     そこで一部解決するかもしれません。

編集部: 安倍首相は、この外交政治ショーで、森友やセクハラなど問題が
     みなウヤムヤになり、かなり得をしましたね?

横尾 : そのとおりです。
     目が外交に向き、ゴールンデンウィークで一休み、
     安倍1強が続きそうな勢いです。

編集部: なぜ問題山積みでも政権が続くのでしょうか?

横尾 : 自民党に有力な対抗馬がいない、ことでしょう。
     あとは野党。
     安倍政権のダメなところを追求するのは野党の役目ですが、
     そこで本気で倒すのかどうかがハッキリしない。
     もし本格的に倒閣するなら野党国会議員が交代でハンストしたり、
     10万人以上の大集会を開催したり、自民党の野田聖子さんや小泉信二郎さんを
     首相にしようと、自民党分断の大運動をはかればよいのです。

編集部: なぜできないのでしょうか?

横尾 : 野党指導者に大物がいないからでしょう。
     小沢一郎さんのような剛腕政治家がいないからです。
     小沢さんは自由党という少数政党のリーダーで、年齢高くまとめにくいですね。
     もう一度小沢さんに野党連合の代表になってもらうぐらいの気構えが
     野党になければ、安倍1強は依然として続きます。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-05-03 09:02 | バックナンバー | Comments(0)

<< 編集後記 Vol.402 今週の気になる? Vol.401 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE