週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第396回  【 これでよいのか? 自民党!】

    第396回 【これでよいのか? 自民党!】

編集部: 桜も満開ですが、今週の話題は?

横尾 : 先日3月25日(日)に自民党の党大会がありました。
     党として「憲法改定案」を決める重要な大会です。

編集部: その様子はどうでしょうか?

横尾 : はい、地方からの不満の声を先取りして、
     冒頭あいさつで安倍総裁(首相)が森友学園で
     財務省文書改ざん問題を陳謝して、
     地方の不満のガス抜きをはかったところです。

編集部: なぜ地方の自民党員は不満が溜まっているのでしょうか?

横尾 : 来年4月、ちょうど来年の今頃は統一地方選挙の真っただ中、
     道府県や市区町村の議員は自分の議席が危なくなるので必死です。
     つまり中央の自民党が国民に指示されないような対応を繰り返していると、
     その批判がもろに自分たちの選挙に跳ね返ってくるからです。

編集部: 安倍内閣支持率とか、首相の姿勢とか、問われてくるのですね。

横尾 : はい、今の安倍さんの頭の中には「憲法改定」しかありません。
     安倍さんの母方の祖父の岸信介氏(元首相)の悲願の憲法改定を
     孫の自分がやり遂げた、という実績を作りたいからです。

編集部: そのために森友文書改ざんも強気に乗りきろうと。

横尾 : そのとおりです。
     憲法改定もその必要性が国民にはよくわからないまま国民投票にかけます。

編集部: 国民は憲法改定など望んでいるのでしょうか? 
     社会保障や働き方改革、賃上げなど経済の動向が気になるのでは?

横尾 : はい、国民は企業業績が上がっていて、大企業の内部留保金が
     史上最大なのに、どうして賃金が上がらず、
     下請け企業には単価が上がらず、
     おかしいと思っている人が大半だと思います。
     イデオロギーのために、憲法問題を700億円もかけて国民投票で
     自浄作用が働かないと、自民党は国民から見離されると思います。

編集部: 災害救援を含めて、自衛隊の役割を国民の多数は支持していますね。

横尾 : ゆえに国民政党としての自民党のよいところは、
     国民の生活実感を大切にするところだったと思います。
     自衛隊、戦争の脅威などイデオロギーに走り、
     おかしいと思っている人が大半だと思います。
     森友でもわかるように自浄作用が働かないと、
     自民党は国民から見離されると思います。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-03-28 09:02 | バックナンバー | Comments(0)

<< 編集後記 Vol.397 今週の気になる? Vol.396 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE