週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第394回 【 森友文書問題、安倍首相は辞任を!】

  第394回 【森友文書問題、安倍首相は辞任を! 】

編集部: 財務省の佐川前国税庁長官の問題、
     森友学園をめぐる財務省の文書書き換え事件など、
     先週から大きく事件が動きましたね。

横尾 : はい、財務省のこの事件の現場である近畿財務局の担当者が自殺しました。
     当然その影響は大で、当時の本省の担当局長で、
     その後国税庁長官だった佐川氏が辞任しました。
     税金の申告時期で納税者の怒りも大きかったですからね。
     12日(月)には財務省が、ついに文書の書き換えを認めました。
     14か所の文章に改ざんで、前代未聞です。

編集部: 今後はどうなるでしょう?

横尾 : 野党は佐川氏の国会招致、安倍昭恵夫人の国会への証人喚問、
     安倍首相の責任問題を追及し、
     首相辞任を求める倒閣運動に発展するでしょう。

編集部: 安倍政権は苦しくなりましたね。

横尾 : 大ピンチです。
     安倍さんは森友学園問題に関係がない、と言ってきました。
     自分や妻が関わっていたら辞めると、国会で公言していました。

編集部: 今後のポイントは何でしょうか?

横尾 : 安倍首相自身が国有地の値下げ交渉や、便宜をはかったことはないと
     ボクは思いますが、昭恵夫人は深く関わっていました。

編集部: そうなのですね。

横尾 : それを財務省の役人が忖度したのはあたり前のことです。
     安倍首相、昭恵夫人、政治家の名前が出ていたわけですから。
     9億円の国有地が、ゴミが埋まっていたということでデータも根拠もなく
     大幅値下げして1億円になったのですよ。
     今後、安倍政権は強行突破で逃げ切りをはかります。
     その辺りを野党とメディアがどこまで追及し、
     国民が怒るかどうか、ですね。
     この先が注目です。

編集部: 与党内部からの「安倍おろし」は出ますか?

横尾 : 公明党は世論の風しだい、自民党の次を狙う岸田さんは政権を
     禅譲してもらうために安倍批判はしないでしょう。
     あとは石破さんあたりがどうでるか。
     安倍批判になるかどうかですね。
     あと幹事長で実力を発揮できる立場にいる二階さんの動きですね。
     ひと昔前なら、すぐに内閣総辞職ですけどね。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-03-14 09:03 | バックナンバー | Comments(0)

<< 編集後記 Vol.395 今週の気になる? Vol.394 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE