週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

編集後記 Vol.392

平昌オリンピックが閉幕した。日本の結果は金メダル4個、銀メダル5個、銅メダル4個で過去最多であった。多くの国民が釘付けになり、感動し、歓喜に包まれた今回の平昌オリンピック。特に印象が強かったのがフィギュアスケートの羽生選手の2連覇であろう。そんな中、ポーツに国境はないとしたアピールが今後にどのように影響するのかが気になる。それと、北朝鮮の名物といえる“美人軍団“の応援だろう。他の国から平昌に集まった観客が、ひとつの名物として写真に収める姿がメディアに映っていたりしていた。とは言え、あの面に使われていた男性は実際にいる人物なのか?誰なのだ?今後も北朝鮮の挑戦的な核実験やミサイル発射から、アメリカの挑発を買うような言動までこの平昌オリンピック終了後の注目度は高い。政治とスポーツが絡んでしまっている現状としては世界各国も無視できないであろう。果たしてこのまま融和されたまま政治が良い方向に動くのだろうか・・・。私はまた一つ波乱が起きそうな気がする・・・。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-02-28 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

<< 今週の気になる? Vol.392 第391回 【 確定申告の時期... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE