週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

今週の気になる? Vol.389

   第389回 【 プロ野球のキャンプ解禁! 】

編集部:「今週の気になる」です。

横尾 : 2月1日からプロ野球の公式キャンプが始まりました。
     暖かいところで球団の公式練習が始まったのです。
     このニュースを聞くと春が近い、と思います。

編集部: 今年のプロ野球の見所は?

横尾 : ボクは松坂や青木のように米大リーグに移籍した選手が戻って
     きた事に注目したいと思います。
     松坂は中日に、青木は古巣のヤクルトにいきました。
     逆に日ハムの大谷は大リーグへ行きましたけどね。

編集部: プロ野球も相撲と同様問題をいろいろ抱えているようですね。

横尾 : ファンの高齢化、人気の低迷、テレビ中継の減少などがいわれています。

編集部: 夢は将来プロ野球選手、という子どもが昔は多かったようですが。

横尾 : はい、今の子どもはそんなに希望していないですよね。

編集部: やはりスターが不在?

横尾 : そうですね。
     スターが出ると数年で大リーグに行ってしまいますからね。

編集部: どうすればプロ野球人気は回復するでしょうか?

横尾 : ボクは選手交代時の短縮や試合時間を短くして、テンポよく試合を進める。
     そして球場に足を運びやすいように、内野席などを安くすることが大事です。
     あとはBSも含めてテレビ中継をやることですね。
     そうした地道な改革で、広島など地元に根ざした球団を
     作ることが大事だと思います。
     相撲協会も同様ですが、改革をしないと、今までの実績にあぐらを
     かいている時代はもう終わりだと思います。
     球団経営者が真摯に向き合わないとプロ野球の将来はないですね。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2018-02-07 09:02 | 今週の気になる? | Comments(0)

<< 第389回 【 森友学園問題は... 編集後記 Vol.389 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE