週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

377回 【自殺サイト殺人事件の心の闇】

    377回 【自殺サイト殺人事件の心の闇】

編集部: 今週の話題からお願いします。

横尾 : はい、先週猟奇的な事件が起きましたね。
     神奈川県座間市での9人の遺体が見つかった事件です。
     容疑者は27歳の男性、自殺サイトで繋がった女性を
     次々と殺した、と報じられています。

編集部: いやな事件ですね。

横尾 : 犯罪心理学や社会学、文学など、そしてジャーナリズム以外にも、
     さまざまな事件へのアプローチがあり、
     これから論評も出てくるでしょう。
     容疑者本人に問題があるのは当然ですが、
     自殺サイトなど社会的な問題も背景にあるような気がします。

編集部:どういうことでしょうか?

横尾 : つまり高度資本主義、情報社会だからこそ、起きうる問題だと。
     心の闇を抱えて自殺する人、引きこもりなど、
     発展途上国では考えられないことです。
     たとえばアフリカの内戦の国の、明日の食糧がないような地域で、
     自殺や引きこもりなどはないと思います。
     またシリアからの難民のキャンプではまず起きない事件でしょう。
     戦前の日本や、いまの北朝鮮でも起こらないと思います。

編集部: 今日、明日を生きるのに精いっぱいですからね。

横尾 : そうです。
     その意味で今度の事件は先進国病、
     これも高度に発達した社会だからこそ起こる問題だと思います。

編集部: 似たような事件が過去にもありましたね。

横尾 :そうですね。
     過去にもは宮崎勉の少女誘拐殺人事件や、
     神戸の少年Aが子どもを殺す事件など、
     先進国病とも思われる事件がありました。
     宮崎勉の事件辺りからが、1980年代のバブル経済期の
     先進国病のきっかけではないでしょうか。

編集部: ただこの社会を変えることはできないですよね。

横尾 : はい、自殺サイトのネットも禁止することはできないでしょう。

編集部: すると防ぐことはできない?

横尾 : ボクはそう思いますね。
     社会病理は経済と関係します。
     人間の生命を大事にする教育、想像力を養う教育が大切であり、
     今こそ文学の出番だと思います。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-11-08 09:55 | バックナンバー | Comments(0)

<< 編集後記 Vol.378 今週の気になる? Vol.377 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE