週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

今週の気になる? Vol.345

第345回 【新企画:ゲスト登場!BLブームの謎に迫る!】


横尾 :きょうは新企画で、ゲストに登場していただきます。

    漫画家の加藤望(かとうのぞみ)さんです。

    以前にもこのコーナーでご紹介させていただいたことがあります。

    こんにちは。


加藤 :こんにちは。

    よろしくお願いいたします。


横尾 :加藤さんは昨年6月に小学館より『さよならハヰドランジア』(上巻)

    という漫画を出されて、今年の1月にその下巻を出されました。

    まだ読んでいない方のために、あらすじを紹介してください。


加藤 :舞台は昭和初期、戦争の影が少しずつ忍び寄る頃です。

    ボンクラ大学生で遊び好きの司葉公太という青年が、

    学内で出し物(大衆演劇=レビュー)を計画するのですが、

    その花形役者として大学首席の美青年、日下真一郎に目をつけます。

    公太は日下を舞台に上げるためあの手この手で誘うのですが、

    日下は全くその誘いを受け入れず…というのが大きなあらすじです。

    遊び人の公太と、真面目一徹の日下のでこぼこコンビがどう友情を作って

    いくかというお話です。

    こちらで3話まで無料で読めます。ご興味ありましたら是非。

    https://comic.pixiv.net/works/2411


横尾 :時代背景をレトロにしたのは、なにか理由があるのですか?


加藤 :私がレトロ好きだというのが大きいのですが(笑)。

    ただこの時代(舞台は1931年の東京です)って、戦争が少しずつ忍び寄って

    きている時代で、市民も不況にあえぎ、不安が募っていたようなんです。

    それって今の時代と変わらないなあと思い…

    いつの時代も変わらず未来は不安だけれども、一生懸命生きてる若者がいる

    んだ、というのが描ければと思っていました。


横尾 :いまBL(ボーイズ・ラブ)物が流行していますね。

    なぜBLがブームになるのでしょうか?


加藤 :実は「ハヰドランジア」は明確なBL漫画ではない(主人公二人の恋物語がある

    わけではない)ので、少し難しいところなのですが…

    BLブームに関しては本当にいろんな意見の方がいらして、とても一言では語り

    尽くせないです。

    ただ、全体的に一対一の人間の「絆」や「縁」というのが重要視されている

    のではないかという気がします。

    関係性として、「男女」に限る必要はあるのか?「恋愛」に限る必要がある

    のか?という関係性の模索が行われているのではないでしょうか。


横尾 :今後のお仕事の予定は?


加藤 :今新しいお話を企画しているところです。

    採用になるかわかりませんが(笑い)。

    この話に出会えて良かったな、と思っていただけるような作品を作っていきたいと思います。


横尾 :今日はありがとうございました!



[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-03-29 11:17 | 今週の気になる? | Comments(0)

<< 第345回 【森友学園問題、こ... 編集後記 Vol.345 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE