週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

編集後記 Vol.337

2017年がスタートし、1か月が経ちますね。正月太りに悩まされている方々も多いのではないでしょうか?実際、私自身もダイエットに四苦八苦している今日この頃、こんなニュースが目に入ってきました。【インドで「肥満税」導入を議論】。これはなんぞや?と思い記事を読んでいると、インドはここ数年、ジャンクフードと砂糖入り飲料が一因とみられる肺や心臓の疾患、がんや糖尿病で亡くなる人が年間で約580万人に上るそうです。15年には、6910万人が糖尿病と診断された模様で、それらを予防する為だとか・・・。
一方で、課税を歓迎する声もあるようで、同国内で健康食品などを扱う企業の経営者は、若年層を中心に健康志向が強まっていると指摘。「国内の健康食品市場の潜在規模は3300億ルピー(約5680億円)で、ここ数年の成長は目を見張るものがある」と述べ、課税が実現すれば成長が加速するとの認識を示した。と記されています。
んー、プラスにも取れますが、すでに肥満の方々はたまったもんじゃないでしょうね。もし日本やアメリカでも取り入れられることになった場合、想像ができないです。
インド政府は2017年2月1日に17年度予算を発表するとの事。今後の動向が非常に興味深いです。

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-02-01 11:21 | 編集後記 | Comments(0)

<< 今週の気になる? Vol.337 第336回 【天下り、忘れたこ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE