週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

編集後記 Vol.315

今、多くの2世タレントが活躍しているが、本日は、ある2世アーティストについて書きたいと思う。
故尾崎豊の息子で、アーティストの尾崎裕哉である。
7月に放送された音楽番組に出演し、多くの反響があった。
しかし、その視聴者の感想を見ていて思ったのが、父親との比較がほとんどで、尾崎裕哉本人の評価は少なかった。
親子であるので、切っても切れないところは仕方ないが、私はこの尾崎裕哉の『始まりの街』という歌に注目したい。歌い方、歌声、曲調、詞、どれも父親を思い出させるものであるが、それを踏まえ、自分自身は歩き始めました。という、自分らしさが出ている楽曲に感じました。
これからも、どうしても父親と比較されてしまうと思うが、『始まりの街』のような、自分らしさが詰まった楽曲に期待し、見守っていきたいと思う。

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2016-08-24 10:59 | 編集後記 | Comments(0)

<< 今週の気になる? Vol.315 第314回 【国の借金が105... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE