週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

編集後記 Vol.302

最近ガンの勉強を少ししました。これまで知らなかったことが多くて驚いています。
まず、日本人の死亡原因のトップはガンであること。そして、日本人の2人に1人はガンを発症し、3人に1人はガンで死亡する事。驚きでした!また、世界の先進国で高齢化が進んでいる中で、年々ガンによる死亡率は下がっているのに、日本だけは増加している事。驚きです!その原因は、食生活の急激な変化や、日本独特のストレス社会など、色々あるようですが、理由の一つには、早期のガン検査に対する意識の低さもあるようです。社会保険の仕組みなど欧米とは違うので、そのあたりで日本ではガン検査にとどまらず、健康診断にも意識が低いという事もあるようです。ガンは、悪化すると死に至る病ですが、早期発見さえできれば直せない病気ではないということへの認識の違いが、死亡率の差に出ていることは間違いないようです。ちなみに、日本のガン保険市場は2兆円くらいあって、あたりまえですがその市場にお金を落としている人はガンではありません。一方、使うあてもない貯蓄をしている人が日本は50%以上、欧米では10%程度というデータもあるようです。将来の漠然とした不安に対して保険に入ったり、貯蓄をしたりするのが日本人。将来の健康のために健康診断をしっかりやり、お金を増やすためにしっかり運用するのが欧米人。ということでしょうか。八百万の神になんでもお願いしちゃう日本人気質が、ガンへの対応一つからもわかる気がします。

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2016-05-25 14:39 | 編集後記 | Comments(0)

<< 今週の気になる? Vol.302 第301回 【「パナマ文書」大... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE