週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

編集後記 Vol.298

昨今、「不労所得」という言葉をよく聞きます。というのも、ネットの動画を見る時、「あなたに不労所得を簡単に得る方法を教えます!」的な宣伝が多いからです。これは、ネットになんらかの話題になるような動画をアップして、広告収入的な利益還元を受けるという仕組みです。ところが、実際はタイトルだけキャッチーなもので中味はただ他人のコンテンツやニュースをなぞるだけなんてひどいモノが乱立しています。大きいニュースがあると、いかにもその詳細や裏話的な事が見られるかのようなタイトルで、ただ概要をテロップで流しているだけなんてものはザラです。こういった事から、不労所得という言葉にはなんとなく詐欺的なイメージがあるのですが、本来は貯金の利子や利息、株式の配当、生命保険の給金から宝くじ、ギャンブル収益などの事を指すようです。
「働かざる者食うべからず」という言葉があり、働くということは額に汗してするものだと教えられてきた身にとって、やれ印税だ、やれアフィリエイトだと、ちょっとだけ働いて後は好きな事をやっているような成金を見るたびに、人類の将来が心配になります。というのは建前で、本当は上手くやっている奴に嫉妬しているだけなのかもしれません。なにせ、自分はと言えば、毎日働いていながらも将来は年金がどれだけもらえるか心配しているわけですから。そう、年金も不労所得の定義に入っていますからね。

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2016-04-20 13:09 | 編集後記 | Comments(0)

<< 今週の気になる? Vol.298 第297回 【何でもアリの安倍... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE