週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

編集後記 Vol.291

もしもうるう年がなかったら、2016年2月29日は2017年7月15日だったそうです。
4年に1度のこの1日がないだけで、こんなにもズレるんですね。
この寒さで7月だなんて考えられません、うるう年の大切さ、暦のすごさを実感します。
私は昔から、なんで1日は24時間なの?なんで1年は365日なの?とすごく不思議に思っていて両親に聞きまくり、地球の自転や公転の説明をされたりしていましたが、よくわからずいまいち解決されませんでした。もちろん今はそれに納得できるものの、今でもなぜだか、1秒、1時間、1日、1週間、1ヶ月、1年という概念がとても神秘的で魅力的に感じます。1分は60秒、1時間は60分、1日は24時間で1年は12ヶ月というのも、ちゃんと割りきれやすい数字になっていておもしろいです。
そして、現在の暦が出来てからものすごい時が経っているのに、しっかり毎年同じ頃に花粉が飛び始め、同じ頃に桜が咲きます。考えれば考える程素晴らしいです。
[PR]

  by weekly-yokoo | 2016-03-02 10:24 | 編集後記 | Comments(0)

<< 今週の気になる? Vol.291 第290回 【民主党、しっかり... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE