週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第211回 【マレーシア航空機、撃墜の真相は】

          第211回 【マレーシア航空機、撃墜の真相は】

編集部: ウクライナ上空でマレーシア航空機が撃墜され、298名が亡くなりました。

横尾 : 悲惨な事件ですね。
      民間機を巻き込んでしまい、戦争の悲劇です。
      パレスチナのガザもそうですが、戦争は必ず民間人が犠牲になり、
      それから国際世論がやっと動くのです。
      悲劇の歴史の繰り返しです。

編集部: ほんとにそうですね。やはり撃ち落としたのは親ロ派でしょうか?

横尾 : ウクライナ東部の親ロ派、で間違いないでしょう。
      しかし、ロシア、ウクライナ双方で非難をし合い、事件は闇ですね。
      国際調査団が結果を発表しても、撃墜した側は認めないでしょう。

編集部: どうして原因は明らかにならないのですか?

横尾 : 謝罪すれば不利になるからです。
      ウクライナ情勢は、ウクライナ国内の親ロ派の存在が原因です。
      もともとソ連邦の時代は「ソ連」のくくりで一緒だったので、軍隊も装備も一緒。
      冷戦終結後に分かれたわけですから。
      ここまで憎みあっていれば、解決はほど遠いです。
      東部の2州の親ロを分離独立させ連邦制にするしか、ウクライナ側は方法が
      ないでしょう。

編集部: すると内戦状態がずっと継続する?

横尾 : パレスチナ、イラク、アフガニスタン同様、真の解決はほど遠いですね。
      暗い話ですけど。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。
[PR]

  by weekly-yokoo | 2014-07-30 10:50 | バックナンバー | Comments(0)

<< 編集後記 Vol.212 今週の気になる? Vol.211 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE