週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

編集後記 Vol.195

私はよく実家のある名古屋に帰るのですが、その度に迷うのがお土産のお菓子です。
名古屋のお土産といえば、ういろう、うなぎパイ、海老せんべいゆかりなどが有名ですが、今、名古屋駅のお土産屋さんなどで“人気No1!”というポップがついているのは『小倉トーストラングドシャ』という商品です。他にも、様々なお菓子の『味噌味』や『小倉トースト味』、『手羽先味』などの商品が非常に多く、実家に帰るたびに新しい商品がでています。最近ではどこの地方にいっても、その地方の名産物などを使った“○○味”というご当地お菓子がとても多いですよね。有名な商品だと、じゃがりこ、ハイチュウ、キットカット、ポッキー、ポテトチップスなどのご当地限定商品はどこに行っても見る気がします。また、私の大好きなお菓子、カントリーマアムにもご当地限定味がたくさんあります。例えば、青森りんご味、とちおとめ味、信州巨峰味、神戸プリン味、九州紫いも味など…どれも魅力的です。とちおとめ味は食べたことがあるのですが、すごく美味しかっただけに、他の味も期待できそうです。他に、変わったもので言えば、静岡あたりのSAで見たキットカットわさび味というのがありました。キットカットには他にもしょうゆ味やほうじ茶味、八ッ橋味などの変わった味があるようで、手を伸ばすには少し勇気がいりますが、せっかくなので次に見つけたときには是非購入してみたいです。
ご当地のキティちゃんのストラップやご当地の記念メダルを集めたりするように、ご当地限定のお菓子を食べつくすというのもいいですね。
[PR]

  by weekly-yokoo | 2014-04-09 10:29 | 編集後記 | Comments(0)

<< 今週の気になる? Vol.195 第194回 【反知性主義が蔓延... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE