人気ブログランキング |
週刊!横尾和博
月刊!横尾和博

今週の気になる? Vol.4

                  『芥川賞と直木賞』

今週の気になる? Vol.4_d0178451_11165478.jpg


編集部: さて今週の「気になる?」ですが…

横尾 : 先週15日(木)に芥川賞、直木賞の発表がありましたが、
      この賞、名前は聞いたことがあるけど、中身はよくわからない、
      との声をよく耳にしますので、このネタで。

編集部: この2つは文学の賞ですよね。賞に区別があるんですか。賞金が違うとか?(笑い)


横尾 : ずばり芥川賞は純文学の新人賞。新人を売り出すんです。
      レコード大賞新人賞と思えばいいですね。
      直木賞はミステリや時代小説などエンターテイメントの中堅の作家、
      小説に与えられる賞、レコード大賞ですね(笑い)。
      賞金は2つの賞とも100万円で同じです。

編集部: 芥川賞はレコード大賞新人賞と思えばいいんですね。
     やはりメジャーな賞をとると本が売れるんですか?


横尾 : この2つの賞はテレビや新聞も大きく報じますからね。
      正直売れますね(笑い)。本屋さんに行くと平積みですね。
      芥川賞の方は新人でまだ単行本を出してもらっていないので、
      いま突貫で印刷所が本を作っていますけどね(笑い)。
      この2つの賞は毎年1月と7月、年に2回の賞なんですが、
      出版不況ですからメディアで宣伝してくれるのは大きいです。

編集部 : 宣伝効果と言う点ではわかりますが、
     賞の価値についてはどうなんでしょうか?


横尾 : この2つの賞は戦前からの伝統がありますが、
      文藝春秋社という出版社が実質的に主催しています。
      そのほかに新潮社、講談社などが同じような文学賞を作っていますが、
      伝統が無いせいかテレビではあまり報道しません。
      新聞だけですね、それも小さくベタ記事で。

編集部: 今回の作品、特徴的な所はありますか?

横尾 : 今回の注目は偶然でしょうが、受賞した2作品が背景、
      バックグランウンドに戦争を扱っていることです。
      芥川賞の「乙女の密告」(「新潮」6月号)は、第2次アンネ・フランク、
      直木賞の中島京子『小さなおうち』(文芸春秋)は、昭和初期。
      今年の夏は1945年の終戦から65年ですからね。

編集部: なるほど。よい小説を見分けるポイントはなんでしょう?

横尾 : 賞に関係なく、自分の好きな作家や作品を見つけることかもしれません。
      新人のとき芥川賞をもらえなくてもベストセラーになったのが村上春樹。
      選者の見る目がなかったんですね。
      だから賞をとって本の売り上げは増えるけど、作品の中身や質という点では
      比例しないかもしれません。
      視聴率が高いテレビ番組が質がよいかというと、難しい問題ですものね(笑い)。
      まあ、気になったら今度の賞の作品を一読してみてください(笑い)。

  by weekly-yokoo | 2010-07-21 11:17 | 今週の気になる?

<<  第4回 【「IMF消費税15... 編集後記 Vol.4 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE