週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第404回  【 「働き方改革」は残業代ゼロ? 】

   第404回 【 「働き方改革」は残業代ゼロ? 】

編集部: 今週の話題をお願いします。

横尾 : 国会で「働き方改革」の法案が審議されています。
     今の与野党の圧倒的な議席差でいえば、
     6月20日会期末までの国会で法案通過となるでしょう。

編集部: 最近「~改革」と聞こえのよい言葉がありますが、「働き方改革」とは?

横尾 : 大きな柱は「裁量労働制」「高度プロフェッショナル制度」の2つです。
     裁量労働制は厚生労省のデータがいい加減で、
     野党から指摘をされ今回は削除しました。
     後、高プロの方が法案として、その他の労働法制と一括で残っています。

編集部: 「高度プロフェッショナル制度」では?

横尾 : 「高度プロフェッショナル制度」とは年収約1075万円以上の
     企画担当やアナリストなどの専門職において労働時間規制を取り払い、
     残業代を払わない制度です。

編集部: つまり成果がすべてで、残業代はなし?

横尾 : はい、成果をあげるのは重要です。
     でもこの法案は一応月100時間の残業の上限規制はありますが、
     月100時間という目安は過労死のラインで、これを合法化する事になります。
     たとえば月22日労働で9時間労働(休み時間拘束1時間含めて)、
     残業は100時間を22日で割ると、1日あたり4・5時間くらいになります。
     つまり午後6時を終業時間とすると午後10時半までは、
     毎日働いても残業代がないことになります。

編集部: 体がきついし、年収も見合わないですね。

横尾 : はい、過労死ギリギリでしょう。
     あと年収の1075万円規制は、関係ないと思っている人が多いのですが、
     これは厚生労働省の省令などで改悪され、
     国会審議しなくてもその時の政権の思惑で変えられます。
     一回導入されれば、どんどん悪くなるのは当然です。

編集部: なんでこの法案がでてきたのでしょうか?

横尾 : 経済界の要請です。
     人件費を安く抑えようとするのがミエミエです。
     それでなくても日本の大企業は利益が上がって、
     ためこんでいるお金である内部留保が、史上空前の約400兆円あります。
     労働者に還元して非正規雇用をなくし、賃上げをして還元すべき所なんです。
     これは株主至上主義、企業役員のサラリーマン化など原因はそれぞれですが、
     政治主導でも解決できないのです。
     安倍首相が財界に3%賃上げを要請しても、財界は無視しています。
     すべての根源はアメリカ型の強欲資本主義にあります。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-05-23 09:03 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.404

    第404回 【 平成文学論 第2回 】

編集部:「今週の気になる?」のコーナーは?

横尾 : 先週に続いて「平成文学論」の続きです。

編集部: お願いします。

横尾 : 先週は、「大災害」と「テロ・戦争」という2つのキーワード、
     1995(平成7)年の阪神・淡路大震災、
     2011(平成23)年3・11東日本大震災。
     そして2000年代(平成12年)に入りニューヨークでの
     9・11のテロからアフガン戦争、イラク戦争、
     そしてISによる欧州をはじめとしたテロ活動を挙げて、
     文学との関係を考えてみました。

編集部: その続きですね。

横尾 : はい、先週はディストピア、「壊れる」というキーワードを文学の
     特徴として述べました。
     今回は平成を考える上で欠かせない「バブル崩壊」「規制緩和と格差」
     「グローバル」「非正規雇用」「失われた25年」「ネット社会」
     という経済や社会現象から文学を捉えたいと思います。

編集部: こう見ると30年間、色々な事がありましたね。
     パソコン、携帯、スマホなど情報通信分野が画期的に伸びました。

横尾 : はい、文学ではネット文学が登場しました。
     本などの紙媒体はますます苦境になっていますね。
     そこが出版事情の大きなポイントです。

編集部: あとは経済的な問題のようですが?

横尾 : やはりバブル経済の崩壊、1991年からの景気の大幅後退は、
     もはや高度経済成長はムリで、資本主義は低成長期に入った事を思わせました。

編集部: これが文学にも影響を?

横尾 : はい、平成世代にデビューした若手の作家は
     背景としての経済停滞期の宿命を有形無形に負っているような気がします。

編集部: たとえばどのような作家でしょうか?

横尾 : まずブームとして小林多喜二『蟹工船』のリバイバルがありました。
     2008年ころです。
     NPOが派遣労働の人たちにスポットをあてた日比谷公園での
     年越し派遣村が社会問題化したころです。
     作品でいうと若手ではありませんが桐野夏生の「メタボラ」、
     2006年に芥川賞受賞した伊藤たかみの「八月の路上に捨てる」などが
     若者の屈託も含めて、停滞や破壊をよく表現していると思います。
     いまの30歳代前半から40歳代前半にかけて、非正規雇用など
     社会的要因で鬱屈する「失われた世代の文学」といっても過言ではありません。

編集部: ほかに平成文学の特徴とは何でしょうか?

横尾 : やはりグローバル化ということですね。
     日本人作家が他の言語圏で活躍することで、ドイツの多和田葉子などです。
     逆に楊 逸(ヤン イー)のように、中国人が日本語で書いて
     芥川賞を受賞したケースもあります。

編集部: 時代の流れとは無関係に芸術だけを追い求める作家もいるかと思いますが。

横尾 : 文学では社会事象とは別に、個の世界を守っている作家がいます。
     私小説を書く西村賢太、自己と他者・世界との関係を
     拒否する村田沙耶香などです。
     あと1970年代に内向の世代として登場した古井由吉などは、
     独自の老いの世界を深めていて出色ですね。
     かなり大雑把なくくりですが、
     こうしてみると平成文学の特徴が鮮明だと思います。
     文学のこれからを考えていく上で、とても重要だと思います。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-05-23 09:01 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.404

昨今、時代の変化が速すぎてついていけない・・・そう思う方も少なくないはず。年をとれば、それなりに若い人の考えについていけなくなるのは人の常とは言うものの、もはやそのレベルではない速度感を感じます。まず、僕の体験で言うと小学生の頃に家庭用のカセットレコーダーが普及し始め、中学生の頃にはウォークマンが大ヒット。カセットテープがレコードに変わりこれが続くと思っていたら、その後すぐMD、CDとバタバタと変化し今やデータのみになり大量にあるカセットテープは時代の遺物に。18世紀後半に始まった産業革命から今に至る時間経過と、IT革命以降の時間経過、更にいえば人類の狩猟時代から農耕時代の頃の時間経過とくらべても、現代の時間の流れの速さは重力加速度的に進んでいます。もはや無限に回り続ける物質がその遠心力で崩壊する状況とイメージがかぶるくらいです。本編で語られている革命と言う聞こえのいい言葉とともに長時間労働が生み出すのは企業利益だけではなく、人間社会の暴走・崩壊なのかもしれません。

[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-05-23 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE