週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第358回 【東京都議会議員選挙の争点は?】

    第358回 【東京都議会議員選挙の争点は?】

編集部:今週の話題をお願いします。

横尾 :東京にお住いの人は都議会議員選挙が始まり、7月2日(日)投票ということは
    ご存じだと思います。
    東京以外の方はあまり興味がないと思いますが、国会が6月18日に変な終わり
    方をしたので、にわかに政局の様相を帯びた選挙になってきました。

編集部:と言いますと?

横尾 :1強の安倍政権に都民がノーというかどうかですね。
    結果次第では政権運営に大きな影響を与えます。
    ただ選挙区で定員を一人しか選ばない小選挙区制とは違い、選挙区複数制ですか
    ら、自民党が大負けすることはないと思いますが。

編集部:小池都知事の都民ファーストの会が人気を集めそうですね。

横尾 :事前の世論調査でも小池新党は大きく伸びそうですね。
    でも橋下徹氏の大阪維新の会のときもそうですが、今回は勝っても一時のブーム
    に終わると思います。
    要するに小池知事人気で、政策はバラバラですし、イメージとしては自民党に
    近いわけですから。

編集部:今回は議席をとっても期待できないのですか?

横尾 :豊洲移転、オリンピックなど大きな課題がありますが、ホントの課題がこれから
    の少子高齢化で大都市のスラム化や高齢者福祉、外国人労働者の問題が問われな
    ければならないんです。

編集部:具体的には?

横尾 :まず一人暮らしの低所得者層をどうするのか。
    木賃アパートや公営住宅での一人暮らしのケアですね。
    それからいまは東京一極集中で保育園も足りませんが、少子化の中で今後どうす
    るか。
    そして大量に入ってきている外国人労働者の地域社会との折り合い、犯罪、治安
    対策です。
    あと郊外に建てた大規模団地、建売住宅など郊外が縮小していく中で、どうする
    のか。
    問題は山積みです。

編集部:つまり目先のことだけが争点ではない?

横尾 :そのとおりです。
    国政も含めてあまりにも近視眼的で、ホントに日本は危ないと思います。
    小池さんは大勝したら奢らないで、真摯に地味な政策に取り組んでほしいですね。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。



※東京新聞掲載、村上春樹『騎士団長殺し』書評(筆者 横尾和博)

 北海道新聞掲載、村上春樹・川上未映子『みみずくは黄昏に飛びたつ』書評(筆者 横尾和博)


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-06-28 11:07 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.358

         第358回 【懐かしの純喫茶!】 

編集部:「今週の気になる」のコーナーです。

横尾 :文芸誌『群像』5月号のコラムで難波里奈という人が「純喫茶に夢中な3つの
    理由」ということで、純喫茶の話題を取り上げていました。
    彼女は「純喫茶女子」として有名な人らしいです。
    つい懐かしくてボクもこのコーナーでやってみようと思います。

編集部:お願いします。

横尾 :先日高校時代の友人たちと久しぶりに新宿で会って、1960年代からある
    東口中央通りの「らんぶる」という純喫茶に行きました。

編集部:カフェ全盛の時代ですが、純喫茶はまだあるんですね?

横尾 :はい、そもそも純喫茶は昭和の香りがしますね。
    照明も暗くて、個人経営の渋いオジサンがいたりして。
    でも昔は大規模な純喫茶がありました。
    学生街だった御茶ノ水には「丘」がありました。
    純喫茶はクラッシック音楽を流しているのが特徴ですが、「丘」は名曲喫茶と
    名がついていたような気がします。

編集部:やはりコーヒーがメインで?

横尾 :純喫茶の特徴は厚手のコーヒーカップで、紅茶を飲む人はほとんどいませんね。
    たまに気取ってウインナーコーヒーなんかを注文したりして。

編集部:横尾さんのお勧めはありますか?

横尾 :最近は行かないからなあ(笑い)。
    新宿だと先ほどの「らんぶる」、同じ東口中央通り「西武」かな。
    あと神保町の「さぼうる」ですかね。

編集部:ほかには?

横尾 :昔は中央線沿線でもみな頭に入っていたのですが、忘れました(笑い)。
    喫茶店は若者のたまり場でしたから。

編集部:横尾さんの地元には?

横尾 :赤羽には「梅の木」という昔からある純喫茶がありますね。
    純喫茶はレトロ文化の王道ですね。

[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-06-28 11:03 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.358

先週末、東京スカイツリーのソラマチで開催されている『キモい展』に行ってきました。
『キモい展』には、昆虫、爬虫類、哺乳類、魚類などの、多くの人が気持ち悪いと思うであろう生き物がたくさん集められています。
私は友人に連れられて前情報なしで行ったのですが、意外とすごかったです。私は虫類や爬虫類も平気な方ですが、それでも「うわっ」となってしまうものが結構ありました。
1匹だと平気でも、何百、何千匹と集められていたりするので、迫力がすごいのです。
例えば、家に出たら大騒ぎするあの生き物が何百匹でタワーになっているコーナーなど…こんなの展示して大丈夫なの?というものが結構あって、びっくりしました。
そして、それと同じくらい、お客さんがとても多いことにもびっくりしました。
こういうのは物好きな人が見に行くものだと思っていましたが、子どもからお年寄りまで、展示が見づらいほどお客さんが詰め寄せていました。そして、「気持ち悪い~」という声がそこら中から常に聞こえてきていました。
でもみんなわざわざそこまで出向いて、お金を払って、気持ち悪いものを見に行っているんですもんね。人間のもつ、怖いもの見たさの心理はすごいです。
みんな気持ち悪いと言いながらもじっくり見て、パシャパシャ写真を撮っていて、なんだかおもしろい光景でした。
あまり安易におすすめはできませんが、興味のある方、少し刺激がほしい方は見に行ってみてもいいかもしれません。

『キモい展 in 東京スカイツリータウン』
開催日 2017年6月8日~ 7月9日
参加費 800円 ※3歳以下は入場無料
公式サイト http://kimoiten.jp/


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-06-28 10:59 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE