「ほっ」と。キャンペーン
週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第336回 【天下り、忘れたころに再び!】

       第336回 【天下り、忘れたころに再び!】

編集部:今週の話題をお願いします。

横尾 :文部科学省が天下りを、組織的にやっていたことが明らかになりました。
    天下りは、民主党が政権をとっていたときに排除しました。
    政治情勢的にも自民対民主の国会議員の数が拮抗していたこともあり、
    緊張関係があって、しばらくは霞が関の官僚もおとなしくしていました。

編集部:それがなぜ復活したのでしょうか?

横尾 :自民党が強くなり、政治が1強多弱状態で、しかも安倍政権が長い間続いて
    今後もあと4年くらいは続きそうなので、緩んでいるんですね。

編集部:天下りの問題は?

横尾 :膨大な許認可権や予算を扱う中央官庁の官僚が、退職したら関連の民間企業に
    再就職すれば癒着が生まれます。
    以前、国民の批判を受け、それを是正するために国家公務員法が改正されたの
    ですが、ザル法になっていました。

編集部:今回、どこがザルだったのでしょうか?

横尾 :いまの法律では「現職職員による関連利害企業へのあっせん」を禁止しています。
    文部科学省のやり方は現職職員ではなく、前に退職したOBを介して再就職の
    あっせんをしています。
    法のぬけ穴をくぐっているんですね。

編集部:天下りが絶えない理由はなぜなのでしょうか?


横尾 :官僚は役所のなかで出世競争をします。
    中央省庁の官僚のトップは事務次官です。
    同期の官僚のなかで次官が決まると、他の官僚は退職することになります。
    だいたい50代半ばです。
    すると定年まで数年ありますから、再就職をします。

編集部:再就職自体は悪いことだと思いませんが?

横尾 :そうです。
    問題は何度も再就職を繰り返し、そこで退職金を何回ももらい、結局は私腹を
    肥やすことになります。
    そもそも官僚は税金をもらって仕事をしていたのに、私腹を肥やしてよいのか、
    という問題です。

編集部:そうですね。

横尾 :彼らの論理では、国家公務員は給与が民間よりも安く、たとえば東大法学部を
    卒業して、国家公務員試験に合格して官僚になっても、民間に就職した同期生に
    比べて生涯賃金が安いので、再就職と繰り返す退職金は当然だ、という理屈に
    なります。

編集部:官僚は国のために働くのですから、生涯賃金を言ってはいけないですよね?

横尾 :そうです。
    自分で道を選択して、国のために尽くすのが公務員です。
    特に官僚は、実際の行政を動かすわけですから、そこに誇りをもって、
    お金のことを言ってはダメだと思います。
    そういう気概のある官僚がいなくなった、ということです。
    まあ小さいころから「お受験」で成績はよかったけど、世の常識が通用しない人
    たちだと思いますよ。
    その人たちが日本の舵取りをしているのですから、怖いものがありますね。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。

 
[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-01-25 10:43 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.336

       第336回 【芥川賞の山下澄人のせかい!】

編集部:先週は芥川賞予想をずばり当てましたね。

横尾 :はい、山下澄人『しんせかい』でしたね。
    文学賞の予想は当たっても、競馬予想になるとこれが当たらないんですよね(笑い)。

編集部:一般的に山下澄人という人は馴染みがない作家ですが、どのような作家なのですか?

横尾 :経歴としては、1966年神戸生まれで51歳、高校を出てから脚本家の倉本聰
    が北海道に作った演劇塾「富良野塾」に入塾して、演劇の勉強をするのですね。
    そして自分の劇団を持つようになり、俳優、脚本家としても活躍していました。

編集部:小説はいつごろから書き始めたのですか?

横尾 :2012年の『緑のさる』でデビューし、野間文芸新人賞、三島賞の候補に
    のぼり、芥川賞候補にも今回で4回目のノミネートでした。

編集部:作風はどのような?

横尾 :今回受賞の『しんせかい』は、私小説のような作りで、主人公が北の大地にある
    演劇塾に入塾する青春ストーリーです。
    登場人物たちの視点が移動したり、人物が時間や空間を超え自在に往還したり
    します。
    わかりにくい小説です。

編集部:なぜ山下さんの作品が何度も賞の候補に上ったのでしょうか?

横尾 :ストーリーを読むより、質をイメージで読んでいく作品だと思います。
    絵でもありますよね。
    ピカソとかシャガールとか、イメージで見る絵が。
    それと同じです。
    山下の小説を「震災小説」と言う人もいます。
    95年の阪神淡路大震災と、11年の東日本大震災のふたつの震災を合わせて
    ですね。
    「震災小説」との文脈で読むと、作品世界は、死者の世界ではないかとボクは
    思います。
    今後どうなるのか楽しみですね。


お知らせ
第307号(2016年6月29日号)の「気になる?」でとりあげた漫画家、
加藤望の『さよならハヰドランジア』の下巻が1月12日に発売されました!

http://hi-bana.com/works021.html

 
[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-01-25 10:40 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.336

2017年、スポーツ界はどんな1年になるのだろうか?
今年予定されている大きなスポーツイベントを見てみよう。
2月 アジア競技大会
3月 ワールドベースボールクラシック
5月 FIFA U-20 ワールドカップ
6月 FIFAコンフェデレーションズカップ
10月 FIFA U-17ワールドカップ
未定のものもあるが、今年もいろいろと盛りだくさんな1年だ。
私が一番楽しみなのは、第4回ワールドベースボールクラシックである。
第1回、第2回と連覇の日本が、前回は準決勝敗退。今回は優勝奪還してほしい。

 
[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-01-25 10:35 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE