週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

367回 【9月1日関東大震災の日を記憶に!】

   367回 【9月1日関東大震災の日を記憶に!】

編集部:今週の話題からお願いします。

横尾 :9月1日は、大正12(1923)年に関東大震災があった日です。
    今年で94年経ちます。

編集部:東京は凄い被害だったのですね?

横尾 :約10万5千人の死者、行方不明者と言われています。
    そのころは木造家屋が大半、コンクリートのビルや石造り建物は少ないです
    から、みな崩れ、そして火事になり焼けてしまったのですね。

編集部:流言も大変だったようですね?

横尾 :朝鮮人が暴動を起こした、などの流言で自警団が組織され、殺されてしまった
    人も多数いました。
    また、どさくさに紛れて大杉栄、伊藤野枝も殺されました。
    社会主義者が犯罪を起こした、との理由からです。

編集部:それはひどいですね。今の時代もネットで偽ニュースがどんどん拡散します
    から、災害時など気をつけたほうがよいですね。

横尾 :はい、そうですね。
    9月1日は慰霊祭が行われます。
    下町墨田区の横網町公園に慰霊堂があり、大震災や東京大空襲で亡くなった人
    を慰霊しています。
    ただ今回東京都の小池都知事が朝鮮人被害者に対する追悼文を断っています。
    毎年歴代知事は寄せていましたが、情けない話です。
   
編集部:どうしてでしょう?

横尾 :都議会で虐殺の人数の数え方を議員が質問したりして、関東大震災の朝鮮人
    虐殺を過小評価したり、なかったことにしようとする、一部の動きに小池知事
    が呼応したものだと思います。
    築地、豊洲移転の両方の良いとこどりもそうですが、だんだん小池知事の正体
    が明らかになりますね。
    メディアが作り出す人気に気をつけたほうがよいと思います。



[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-08-30 11:34 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.367

           第367回 【夏の終わりに】 

編集部:「今週の気になる」です。

横尾 :2017年の夏も終わりです。
    先週もお話ししたように、今年はまれにみる長雨の夏でした。

編集部:ホントにそうでした!

横尾 :体調不良の人も多いようですが、夏の終わりはいつも切ないですね。
    来年また向日葵や入道雲を見ることができるかな、と。
    桜の終わりも同じ感想をもちますが、初夏へ向かう季節はまだ元気になりますから。

編集部:でも秋がくるのも楽しみでは?

横尾 :晩秋の紅葉の季節は楽しみですね。
    秋は仲秋の名月などの味わいもありますけど…。

編集部:横尾さんの夏の終わりのイメージは?

横尾 :井上陽水の「少年時代」の歌詞、そのままですね(笑い)。
    少年から大人になるのはよいですけど。
    ボクは歳をとるだけですから(笑い)。
    でもボクは晩夏が一番好きな季節です。
    あとは新緑の5月ですね。

編集部:そうですね。よい季節です。

横尾 :ただ最近気になるのは、1970年代から80年代は、旧盆のころの東京の空
    は、透き通るようでまっ青でした。
    正月やゴールンデンウィークのときもそうでしたけれど。
    空の曇りは車の排気ガスや工場の煙などが原因でしたが、その時期は仕事が
    休みになるので空が曇ることもなく、青いんですね。
    でもいま旧盆の時期は、温暖化の影響でゲリラ豪雨や曇天で蒸し暑い日が多く
    なりました。
    つまり昔と今で東京は少年時代の空の風景が変わっていて、映画やアニメで
    しか、都会の青い夏の空の風景を見ることができないんです。
    これは残念で、人の心の風景が将来変わっていくかもしれませんね。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-08-30 11:32 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.367

少し前ですが、72回目の8月15日を迎えました。終戦記念日です。戦争を経験した人がほとんどいなくなっている日本では、その体験談が聞けなくなっています。決して風化してはいけない事であり、語り継ぐ方々の世代交代が体験者の中では議題としてあがっています。そんな中、昨年アメリカのオバマ大統領が広島へ訪問しましたが、唯一の原爆使用国であるアメリカでは、現職アメリカ大統領の被爆地の訪問は大きなタブーでもあったそうです。私はそのニュースをTVで見ましたが、何か歴史が変わった瞬間でもあり、一つ前に歩き出したようにも感じながら言葉が出ずにしっかりとTVを見つめていたことを今でもはっきりと覚えています。森重昭さんという方がオバマ大統領を広島訪問に導いた最大の立役者です。決して謝罪を求めているのではなく、広島に来て、共に核廃絶を祈りましょう、と呼びかけた事で実現しました。この内容は多くのニュースやWEB雑誌で取り上げられているので、是非とも一度拝読してほしいです。そんな私は戦争を体験していません。ただ、語り継がれてきた話を聞いてきた事と、日本人である以上、今後も語り継いでいかなければならない使命だとも感じています。そして何より核の廃絶を私自身これからも祈り続けたいです。戦争のない平和を想いながら。
[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-08-30 11:25 | 編集後記

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE