週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

376回 【神戸製鋼ほか、企業の不祥事はなぜ起こる?】

  376回 【神戸製鋼ほか、企業の不祥事はなぜ起こる?】

編集部: 最近、神戸製鋼をはじめ日産自動車、スバルなど企業の不祥事が
     ニュースになっています。どう思われますか?

横尾 : これはかなり重大な問題ですね。
     神戸製鋼は安全基準の問題、日産やスバルは無資格検査員の問題、
     商工中金はノルマ押し付けで過剰融資と、問題の表面はそれぞれ違いますが、
     本質的には同じ問題を抱えています。

編集部: その本質とは何でしょうか?

横尾 : 市場競争が行き過ぎて、企業のモラルが破綻しているということです。

編集部:かつて耐震偽装や食肉偽装がありましたね。

横尾 : そうですね。しかし今回は大企業ですから。
     しかも大企業で現場でのモラルハザードが起きている。

編集部: わからなければよい、という考え方ですね?

横尾 : そう、コスト切り上げのために、わからなければ安全なんか
     少しくらいごまかしてもよいという考え方です。

編集部: バレても一時はメディアに追及され、役員の辞任はあっても、
     人の噂も75日、でやり過ごそうと?

横尾 : はい、そういうことですね。
     あの原発事故でも、東電は潰れませんからね。
     しかし神戸製鋼は輸出した材料や製品が、
     アメリカでは大問題になる可能性があります。
     訴訟社会ですから多額の損害賠償を求められることになりかねない。
     そうなると企業として立ちゆかなくなるかもしれません。

編集部: そのあたりは企業経営者の見方が甘い?

横尾 : そう思います。
     また現場レベルでも世界の市場競争にうって出ようとする企業は、
     リスクを考えないで、安易に手抜きなどをすると、会社の命運、
     ひいては従業員や下請け、家族も含めての運命を左右することになる、
     その自覚が足りない、企業教育の問題ですよ。

編集部: 日産やスバルも同じですか?

横尾 : アメリカに輸出している企業は不正があると、
     大きなリスクを抱えることになりますね。
     この先の動きをみていたほうがよいですね。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-11-01 10:00 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.376

  第376回 【ハロウィンがやってきた!】

編集部:さて「今週の気になる」です。

横尾 :昨年も述べましたが、またハロウィンの季節がやってきました。
    仮装行列の日、と間違えている人が多いのですが(笑)。
    これはキリスト教文化圏での感謝祭、秋の収穫祭なんです。
    つまり根本は「農」の話なんですね

編集部:それが日本では渋谷の大騒ぎに?

横尾 :ホント、日本は他国の文化をなんでものみ込む、
    おおらかさもあるのですが思想がないですね。

編集部:いつのまにか年間行事がひとつ増えただけ?

横尾 :そうですね。
    これも消費者心理を煽る、一大商戦として、
    企業が儲けるチャンスにしてしまいました。
    一方で日本の伝統的な四季の行事は忘れさられていきます。
    これでよいのですかね。
    伝統行事は企業の儲けになりませんからね。

編集部:いっそのことクリスマス同様、
    ハロウィンを国の一大イベントにしてみては?

横尾 :10月31日はハロウィン休暇、とか(笑)。
    ついでにクリスマスを国民の休日に指定して。

編集部:いいですね。

横尾 :その二大イベントに関する飲食や買い物は所費税をかけない、とかね(笑)。
    そうしたら消費が伸びますよ。
    企業や店舗は大喜び、旅行業界と関連業界なども大賛成だと思います、
    国民も休日で喜ぶし。

編集部:つまりイベントにかけつけて企業だけが潤うのではなく、
    庶民も休暇で心身をリフレッシュする、というわけですね。

横尾 :そうです。つまり庶民の大多数が喜ぶわけです。
    渋谷でバカ騒ぎして、お金を使って、煽られているだけの若者をみると、
    情けなくなるだけです。

[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-11-01 09:53 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.376

ドラフト会議が26日に行われました。今年は注目の早実の清宮選手に7球団競合があり、抽選で日ハムに決まりましたが、通常指名ではなく、育成ドラフトで指名された選手も数多くいます。そんな彼らはプロ野球選手ではありません。あくまで将来性があるのではないかと言う球団の見立てで指名された選手達です。育成出身の選手で有名選手と言えば、巨人の山口投手、ソフトバンクの千賀投手、カープのバティスタ選手、DeNAの砂田投手などが挙げられます。彼らは育成から這い上がり、契約を勝ち取り、1軍で活躍しています。最初に彼らに与えられる背番号は3桁で、1軍の試合にも出場できません。あくまで2軍の試合に出場し、結果を残さなければ育成という名前にも関わらず、2、3年で簡単にクビになリます。お金の面も1軍選手の最低年俸が1500万円、支配下選手が440万円に対して、育成選手は240万円です。サラリーマンをしている方からみれば十分だと感じられるようですが、有名選手以外はとにかく野球にはお金がかかります。バットやスパイク、グローブなどは提供されるわけではないので各自が自腹で購入します。特にバットなどは年間数十本は折れたりしますので、毎回購入しなければなりません。その度に数万円〜数十万円かかります。自分の夢と可能性に賭け、プロ野球の世界に挑む選手達、応援したいですね。

[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-11-01 09:50 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE