週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第359回 【ゆるむ政権と自民、問題発言や行動が続々!】

第359回 【ゆるむ政権と自民、問題発言や行動が続々!】

編集部:今週の話題はやはり都議選の結果ですか?

横尾 :はい、やはり自民党の大敗北、小池新党(都民ファーストの会)の勝利でした。
    ボク自身は、他党派からの寄せ集めや新人が多く、内部で政策が一致していない
    小池新党に期待していません。
    でもやりたい放題の安倍1強政治に、痛打を浴びせたということでは大きな意味
    があると思っています。

編集部:今後の政局はどうなりますか?

横尾 :当分国政選挙はありません。
    衆院の任期が来年12月までで、そこまでに政権が解散総選挙にうって出れば話
    は別ですが。
    したがって政権や自民・公明の与党は、逆風の今、ひたすら忍の一字でしょう。
    そのうち世間は忘れる、と言うことで。
    自民内部の権力争いも激化するかもしれません。

編集部:選挙大敗北の話題をそらせるようなことをやりますか?

横尾 :来月に内閣改造で人事を一新し、国民の目をそらせることになります。
    安倍さんは自民党内の不満も人事で釣ることによって抑えようとするでしょう。

編集部:それにしても政権や自民党のゆるみは問題ですね。

横尾 :ここ2週間でも、豊田真由子議員の秘書への暴言と暴行、稲田防衛大臣の
    「防衛省・自衛隊からもお願いします」と自民党の都議候補への応援演説、
    下村元文科大臣への加計学園からの政治献金問題など、枚挙にいとまがないです。

編集部:なぜこのような問題が発覚するのでしょうか?

横尾 :情報がメディアにリークされているんですね。
    その背景には自民党内部で次の総理の座を狙う人が、裏でゴーサインを流して
    いるので、政権寄りメディアも安心してスキャンダルを報道している、との話も
    あります。

編集部:次を狙う人とは?

横尾 :麻生副総理とのうわさがあります。
    もともと最近の国政選挙の自民党大勝利で気が緩んでいたところへ、メディアが
    スキャンダルを追いかけたら、もう次から次へと出てくるでしょう。
    大きな問題にはなっていませんが、TBS記者で安倍さん寄りの発言で有名な
    山口記者は、女性から準強姦罪で訴えられ、官邸の指示で揉み消しに走った話は
    有名です。
    このような「お友達とコネの優遇政治」は、森友学園、加計学園でも明らかに
    なったことですから。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。



※東京新聞掲載、村上春樹『騎士団長殺し』書評(筆者 横尾和博)

 北海道新聞掲載、村上春樹・川上未映子『みみずくは黄昏に飛びたつ』書評(筆者 横尾和博)


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-07-05 10:56 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.359

         第359回 【キモい政治家は?】 

編集部:「今週の気になる」をお願いします。

横尾 :先週の編集後記で、東京スカイツリーのソラマチで開かれている「キモい展」の
    話題がありました。
    おもしろそうな企画なので、それにちなんで「最近のキモい政治家」たちの私的
    ランキングでもやりたくなりました(笑い)。

編集部:お願いします(笑い)。

横尾 :まずは第5位と4位を分け合うのは、東北の災害被災地をめぐる暴言の二人、
    務台内閣府政務官(自民党)と今村元復興大臣(自民党)ですね。
    務台内閣府政務官は、昨年秋に岩手に台風被害の視察に行った際に長靴を持って
    いかなかったので、同行者におんぶされて水たまりを渡ったんです。
    「おんぶ」されて被災地視察はキモいですよね。
    そして今村元大臣は有名な暴言、東日本大震災地が「まだ、東北であっちの方
    だからよかった」、東北差別の典型です。その後辞任しましたけどね。

編集部:では3位は?

横尾 :菅官房長官でしょう。
    記者会見で何を質問されても平気で白々しい顔はキモいですね。

編集部:そして第2位は?

横尾 :問題発言を繰り返し、能面のような無表情な顔で記者に応える稲田防衛大臣で
    しょう。
    今回は「防衛省、自衛隊からも(都議選の自民党候補を)お願いしたい」、と
    支持者を集めた集会で発言し、自衛隊(軍隊)の政治的中立を歪めました。

編集部:では「キモい政治家」、堂々の1位を獲得したのは?

横尾 :なんと言っても、自分の秘書に「このハゲーーっ!」「お前の娘がひき殺されて
    ~」など暴言と暴行で問題の、自民党の2回生議員、豊田真由子議員でしょう。
    離党しましたけどね。
    桜陰、東大、ハーバード大学院で厚生労働省のキャリア官僚で、まだ40歳台
    前半の若い政治家ですよ。
    頭がよく、おとなしそうな顔をして夫はキャリア官僚、でも裏では暴言・暴力、
    あの異常な声がキモいですよね。
    もうホラーの世界ですよ。

[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-07-05 10:49 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.359

今回自分の書きたい事が何もない。本当にビックリする位無い。気になる事も無い。
どうしよう・・・気持ちが動かない・・・
そんな時は誰にでもあると思う。それの何が悪いのか?
毎日何か発見があるわけじゃ無い。
正直自分が思うには心が無になっている状態なんだと思う。
良い言い方をすればバランスが取れている状態。
まぁギリギリの所なんだろうが・・・
思うに、人はみんな生活していく上で何らしかの刺激を得て生きている。それによってバランスを取ろうと必死に行動している。確かに刺激がないと退屈。しかし嫌気がさしている訳でもないし、暇でもない。
ただ今現在の自分は書く事がない。みんなも絶対そんな時があるはず。
だから今回は何もない。
とりあえず最後に1冊の本をお勧めします。
自分的には正直小難しかったが、ゆっくりなんとなく読んでいくことでなんとなく理解できたので、みなさんも是非。
暇と退屈の倫理学」(朝日出版社)國分功一郎 著


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-07-05 10:45 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE