週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第350回 【憲法施行70年!】

       第350回 【憲法施行70年!】

編集部:GW中ですが、今週の話題からお願いします。

横尾 :5月3日は憲法記念日、今年は昭和22年(1947年)に施行されてから70
    年です。
    つまり日本が戦争に負け平和の国を目指す基礎として、国の形を決めたのが日本
    国憲法です。
    だから憲法の原点は、平和であり、国民主権(天皇ではない)、基本的人権の
    尊重(国家権力に自由を奪われない)という3つの大原則があります。

編集部:敗戦が基本にあるということが、戦争体験者が少なくなり、忘れられていきますね。

横尾 :はい、戦争を知らない世代が増えて憲法のありがたさがわからなくなってきて
    います。
    戦争でアジアの人たち2000万人、日本人300万人が犠牲になっています。
    ボクたちの世代では、親戚に必ず戦争で亡くなった人がいますね。
    ボクは父方の叔父3人、母方の大叔父2人が戦死しています。

編集部:その憲法をいま変えようとの動きがあります。

横尾 :安倍首相とその周辺の人たちの動きですね。

編集部:横尾さんはどう思われますか?

横尾 :いま北朝鮮危機をテレビで煽って、いまにも戦争が始まりミサイルが日本に着弾
    するような大騒ぎをしています。
    アメリカと北朝鮮の戦争の危機はかつてなく高まっているのは事実です。
    ゆえに日本外交は平和裏に解決、北朝鮮とアメリカ、日本との平和協定締結、
    経済援助などを全面に出して、中国からプレッシャーをかけ続けるべきです。
    北朝鮮危機は作られた危機、という経済アナリストの論もあります。
    いまの金融情勢は大きく動いていない、情報通の国際金融マフィアは米朝戦争が
    ないと読んでいる、という分析です。

編集部:政権は戦争に賛成する雰囲気を作り、それで憲法を変える方向に持っていこうと
    する?

横尾 :そうですね。
    国会では憲法を変える手続きのために衆議院、参議院で三分の二の議員の賛成が
    必要で、それは自民、公明、維新などの勢力で占めています。
    改憲のための憲法審査会も国会で会議が開催されています。

編集部:横尾さんはどう思われますか?

横尾 :平和のありがたさと、憲法ができた背景をもう一度よく考えることだと思い
    ます。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。



※お知らせ 東京新聞掲載、村上春樹『騎士団長殺し』書評(筆者 横尾和博)


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-05-03 10:02 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.350

 第350回 【GWの過ごし方!「エリック・カール展」】

編集部:「今週の気になる」をお願いします。

横尾 :いやあ、ゴールデンウィーク(GW)真っただ中ですね。
    毎年、今年こそはどこかへ行こうと思うのですが、いざGWになると結局どこに
    も行かずに、都内の散歩が関の山で…(笑い)。

編集部:身近で今年のおすすめは?

横尾 :季節がよいので散歩もおすすめですが、いま世田谷美術館で「エリック・カール
    展」が開催されています。

編集部:エリック・カールとは?

横尾 :「はらぺこあおむし」という絵本で子どもたちに大人気のアメリカの絵本作家
    です。
    「ミッフィー」(うさこちゃん)シリーズで人気のディック・ブルーナと並ぶ
    人気のある絵本作家です。

編集部:展覧会の開催期間は?

横尾 :4月22日から始まっていて、7月2日までです。

編集部:世田谷美術館はどんなところにあるんですか?

横尾 :世田谷の砧公園の広大な緑の中にある美術館なんです。
    環境がとてもよいですね。
    東急田園都市線の用賀駅から歩くと20分くらいかかりますが、「いらか道」
    というすてきな道路があります。
    GW中かその後でも、散歩と美術鑑賞で足をのばすのもよいかもしれません。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-05-03 10:01 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.350

医療・環境・機械技術などの発達により、人間の平均寿命がどんどん延びています。平均寿命の長さでは、世界のトップをひた走る日本人にとっては耳慣れた話題ですが、今や発展途上国も含め世界的に上昇しています。今の20代の人が高齢になるころは、世界的に平均寿命が100歳になるだろうと言われています。これは、人類史上今までにない経験であり、新しい人生設計が必要になってくると考えられます。現在の高齢者までの世代では、学生・仕事・老後と、人生は3つのステージと考えられています。100年人生では、仕事と老後の期間が今までになく長期化していくので、現在の中年世代以降は、長すぎる老後のため、引退までの時期を遅らせる必要があります。それは、老後の生活資金のためだったり、生きるモチベーションのためだったり色々です。100年人生では、学生期の学習だけでは足りず、途中複数回の再学習機関も必要になってくるのです。一つのスペシャリストとしてだけでは人生が長すぎるため、2つも3つもスペシャリストになるための学習期間が必要になってくるというわけです。長く働かなくてはならないと考えると憂鬱ですが、役者のようにいろいろな職種の人生を体験できると考えれば少しは楽しいかもしれません。それにしても長い人生、やっぱりお金のことが心配です。そして、そのカギを握っているのが現在急速に発達しているAI技術のようです。元気な老後、お金の心配のいらない老後、そんな時代が本当にくるのでしょうか。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-05-03 10:00 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE