週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

369回 【反知性主義の席捲で、庶民は自分の首が絞まる!】

369回 【反知性主義の席捲で、庶民は自分の首が絞まる!】

編集部:今週の話題からお願いします。

横尾 :北朝鮮問題や民進党代表選など国際問題や政治は日々動いていますが、
    相変わらずいまの日本の支配層は視野の狭い、大局に立って物事を見ることの
    できない状態が続いています。

編集部:どうしてでしょうか?

横尾 :つまり結論を先に言ってしまえば「利権と自己保身」が政界、官界、財界、学界
    を支配しているからです。
    それに追従してNHKや民放テレビを中心とするメディアが、しっかりして
    いないからです。

編集部:つまり日本の支配層の誰もが「日本のため」を考えていない?

横尾 :そういうことです。
    本来は優秀な官僚こそが自分は国家公務員で給料の上げ下げはないわけですか
    ら、直言で「将来の日本のため」の方向性を打ち出さなければならないんです
    ね。
    彼らは知識や教養もあるエリートですから。
    でも自分の立身出世のために苦言を呈したり、政治家にものが言えないんです。

編集部:官僚がダメなら日本もダメということになりますか?

横尾 :日本もこの先厳しいでしょう。
    財界トップも見識のある人がいないですね。
    政治の世界でも自民党にも骨のある人はいましたが、いまは政治家2世か3世
    ばかりです。

編集部:このような状態が長く続くとこの先の日本は?

横尾 :結局、大きい声を出し、勢いのあるリーダーに国民は振り回されます。
    今で言えば、勢いのある小池東京都知事とか、以前は大阪の橋下元知事とか。
    反知性主義がまかり通ると、結局は国が滅びます。
    この先日本の庶民にツケが回ってくるのは、膨大な防衛予算であり、そのための
    税金を上げ、社会保障を縮小して庶民につけを回す。
    大企業は空前の内部留保で400兆円という資産をため込む一方で、
    年収300万円、200万円という人もたくさんいます。
    ただ庶民が政治をAKB選挙の人気投票のように考えて、この先の日本を考え
    ないと結局そのツケは「増税、社会保障の切り下げ、部分戦争の危機」など
    として庶民に回ってきます。

編集部:それはイヤですね。

横尾 :結局小池都知事も大騒ぎして豊洲、築地と市場移転問題を両方の顔の立つ決め方
    にしました。
    原則、豊洲移転、築地は伝統の食の地として残す、ということです。
    このツケは両方を抱えることによって、膨大な整備費用が都民の税金として回っ
    てくるということです。
    小池都知事を持ち上げた庶民は都民税という税の負担で、ツケを払うことになり
    ます。
    このような反知性主義の政治に気をつけたほうがよいですね。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-09-13 11:41 | Comments(0)

今週の気になる? Vol.369

   第369回 【「ひっつみ」を知っていますか?】 

編集部:「今週の気になる」です。

横尾 :先週に続き岩手ネタです。
    岩手県の郷土料理で「ひっつみ」というのがあるのですが、知っていますか?

編集部:初めて聞きました。

横尾 :ボクも食べたことがないのですが、最近知る機会がありました。
    汁物で「すいとん」をイメージするとわかりやすいかもしれません。

編集部:「すいとん」と言えば、戦争中ものがなかった時代によく食べたと言われる、
    しょうゆ仕立ての汁のことですね?

横尾 :はい、そうです。
    「すいとん」は小麦粉を水でこね、団子大にして、それを汁に入れて煮込む。
    野菜なども入ればOKです。

編集部:それに似たものが岩手の名物?

横尾 :「ひっつみ」は小麦粉を練って固めたものを平らにするんですね。 
    正月に食べる切り餅の薄いものをイメージするとわかりやすいです。
    餃子の皮やワンタンに似ているかもしれません。
    出汁で煮て、鶏肉や魚介など自由に好みの具材を入れるんですね。
    味噌仕立てもあるそう。

編集部:おいしそうですね。

横尾 :全国に似たような汁物がありますよね。
    山梨の「ほうとう」も、イメージが似ています。

編集部:なんで岩手ですか?

横尾 :南部藩時代からの伝統らしいです。
    昔は日本全国同じですが、米は庶民の口には入らなかったんですね。
    そこでそばやうどん、そして小麦粉を練ったものなどが主食だったんでしょう。
    囲炉裏に大きな鍋をつるし、そこにあるきのこや野菜など具材を入れてごった煮
    状態の食べ物の名残りかもしれません。

編集部:昔はごった煮だったんでしょうが、いまはどんな郷土料理もグルメブームで味が
    よくなっていますね。

横尾 :はい、貧しかった時代の食べ物に光があたるのは飽食の裏返しかもしれません。
    ボクは「すいとん」が大好きなので、具材を豊富にしないでシンプルなものが
    よいです。
    貧しかった時代に思いを馳せるのも大事なことですね。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-09-13 11:31 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.369

今年の夏、JR東日本が開催した「みんなで決めるJR東日本1634駅ランキング」。
5つのカテゴリーがありましたが、その中でも「住みたい駅」の1位が大宮駅と意外な結果となりました。
みんなが思う住みたい街といえば、「吉祥寺」「恵比寿」などが思い出されますが、「吉祥寺」は5位以内にも入っていません。かろうじて「恵比寿」が5位に入っています。大宮駅が1位の理由としては、通勤に便利、新幹線が停まる、遊ぶ場所が多い、買い物に便利などがあげられているようですが、正直、他の駅でも当てはまりそうな気がしますし・・・わからないものです。
因みに2位以下はこんな感じです。
2位「柏駅」、3位「武蔵小杉駅」、4位「蘇我駅」、5位「恵比寿駅」。
恵比寿駅以外は郊外の駅がランクインしており、印象としては、ファミリー層が住みたい街のランキングの方がしっくりくるかなと思います。
他にも「思い出深い駅」などのランキングなどありますので、こちらで確認してみてください。
「みんなで決めるJR東日本1634駅ランキング」https://jre30th-ekiranking.jp/


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-09-13 11:25 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE