週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

378回 【トランプ大統領の来日の目的は?】

    378回 【トランプ大統領の来日の目的は?】

編集部: 今週の話題からお願いします。

横尾 : 11月5日にアメリカのトランプ大統領が日本に来ました。
     2泊3日の後、韓国、中国に行きました。
     いったい何をしにきたのだろう、と素朴な疑問を耳にします。

編集部: 北朝鮮問題だと、メディアは報じています。

横尾 : まったくのミスリードです
     日本にはF35戦闘機の売り込み、韓国にも武器の売り込み、
     中国とは約28兆円の商取引をまとめにいきました。
     また「不公平貿易の是正」という2国間の貿易協定、
     つまりアメリカのものをもっと買え、という目的もあります。

編集部:なぜメディアは北朝鮮対策だというのでしょうか?

横尾 : 北朝鮮は理由です。
     日本と韓国には「北の脅威から守るから予算を使い、
     武器や装備を買ってくれ」ということです。

編集部: 中国には?

横尾 : 中国には「北朝鮮に甘い制裁を見逃してやるから大きな商取引をしろ」
     ということでしょう。

編集部:そういうことですか。

横尾 :はい。ボクはそう見ています。
    やはりトランプ氏は実業家ですね。
    商機を見逃しません。

編集部: 日本では安倍首相とのゴルフや有名料理店、
     娘のイバンカさんやメラニア夫人の話題などが中心でした。

横尾 : やはりテレビメディアはダメですね。
     F35戦闘機ステレスは、1機約150億円。
     すでに来年3月までに28機を発注します。
     その後も42機増やす予定ですが、
    「もっと買え」というのがトランプ氏の目的です。

編集部: そうなんですね。

横尾 : 日本がオスプレイも他より高い値段で買うことになっており、
     自衛隊に配備する予定です。
     その他のミサイル防衛システム(MD)にも巨額な予算が投入されています。
     「北朝鮮怖い」で日本の軍事予算が増え、予算、
     つまり税金が社会保障に回らず給付の切り下げと消費増税になり、
     儲かるのはロッキードなどアメリカの軍需産業です。
     つまりボクたちの税金が、軍需産業に移る、という事です。

編集部: そのようなことは一般市民にはわかりませんね。

横尾 : メディアがきちんと報道しないからです。
     北朝鮮が社会主義とは名ばかりの変な独裁国家であることは間違いありません。
     でもその脅威を最大限に政治利用して選挙に勝ったのが安倍政権。
     儲けているのがアメリカの軍需産業。
     ですからこの構図は誰にとってもロシア、中国も不満はない、
     とてもよい状態なのです。
     逆にアメリカが軍事攻撃して北が潰れて、韓国や日本にも多大な犠牲を生んで
     民主主義の政権ができたとする、それで喜ぶのはどこの国や誰ですか。
     逆にアメリカが軍事攻撃して北が潰れて、韓国や日本にも多大な犠牲を生んで
     ゆえに北朝鮮問題はこれから長い間、膠着状態です。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-11-15 09:02 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.378

    第378回 【今年もボージョレー解禁だ!】

編集部:さて「今週の気になる」は?

横尾 :もちろん16日に解禁になる「ボージョレー・ヌーボ2017」の話題です。
    毎年このコーナーでやっていますが(笑)
    今年もこの時期がやってきました。晩秋の感じですね。

編集部:ふだん飲まなくてもメディアが取り上げるので
    飲んでみようという人も多いです。

横尾 :はい、そうです。
    実はボクは普段から赤ワインは飲まないです。
    飲むのは付き合いで年に2、3回ですかね。
    ワインはいつも白ワインです。

編集部:でもこの時期だけは?

横尾 :はい、一種のお祭りですからね。
    ハロウィンの仮装とは違って、こちらはホントの収穫祭ですね(笑)。
    収穫を祝う振る舞い酒です(笑)。

編集部:今年の出来はどうなのでしょうか?

横尾 :情報によると雨が少なく、ぶとうが小粒、との話があります。
    その分、ワインとしてどのようになるのか、お楽しみですね。
    ボージョレーは新酒ですから、フルーティーが基本。
    味わいより、お祭り用ワインですね(笑)。

編集部:日本ではどうして騒ぐのですかね?

横尾 :11月第3木曜日の午前0時解禁で、
    時差の関係で日本が一番早いからだそうです。
    まあ早けりゃよい、というわけではないでしょうが、
    それが理由といわば理由ですね。
    新しいもの好きで、飽きっぽい日本人にぴったり(笑)。
    フランスではカジュアルな酒で、日本では2000円するボトルでも
    産地では300円くらいで飲め、コップ酒のワインらしいです
    新酒を楽しんで飲みたいですね。

[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-11-15 09:01 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.378

この秋、新書ランキングで1位をとり続けているのが、河合雅司著「未来年表/人口減少日本でこれから起きること」です。読んだ方も多いと思いますが、まぁお先真っ暗とはこのことかと思うような内容でした。様々なデータをもとに、何年後に老人がこれだけ増え、仕事は変わり、今までにない社会になってくると論じています。この本によると頼みの科学の発展も間に合わないらしく、世界の未来は問題山済みのようです。一方AIの作る明るい未来を書いたビジネス書などでは、楽観的な今までにない天国のような世界が待っていると言っています。話題になるために極論を展開するのは出版物としての定石でしょうが、どちらも鵜呑みにできない感が強すぎて、逆にファンタジー的な印象が強く残りました。そんな中、新書で珍しく上位に食い込んだビートたけしの「バカ論」は、エンターティメントの世界に特化した話題であるものの、そこから見える今ある現実を昔と比べ、わかりやすくたけしが論じています。いろいろな情報が溢れる現代において、「な~んだ、そんなに振り回されることもないんだ」とちょっと安心させてくれる本でした。読む人の教養レベルの問題かもしれませんが、こういった本があることが私には有難かったです。

[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-11-15 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE