週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

<   2017年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

380回 【外食産業相次ぐ値上げ、人件費が理由はホントか?】

380回【外食産業相次ぐ値上げ、人件費が理由はホントか?】

編集部: 今週の話題からお願いします。

横尾 : 先週に続いて経済ネタで。
     庶民にとって痛い、外食産業の相次ぐ値上げです。
     牛丼すき家、中華の日高屋、ガスト、居酒屋の鳥貴族などの
     有名チェーン店が値上げです。

編集部: なぜ値上げなのでしょうか? 給与は上がらないのに?

横尾 : 値上げの理由は人件費の高騰だそうです。
     人出不足で上げざるをえない、ということです。
     確かにスーパーなど小売店は、原材料が上がると小売価格も上がりますが。
     外食産業は人ですからね。

編集部:そういえば最近コンビニも外食店も、外国人の店員さんを多くみかけます。

横尾 : はい、留学生・研修生名目で入国させ、働かせているのです。
     人出不足なんですね。

編集部: 先週の続きにもなりますが、そんなに日本経済はよいのですか?

横尾 : 大企業は収益が上がっていて、内部留保(儲けの蓄え)が
     400兆円にも及んでいます。ボクの見立てでは2020年の東京五輪までで、
     その後不景気がやってきます。
     例えばみずほ銀行、三菱UFJ銀行も大幅な人員整理を発表しました。
     これは景気のよい体力あるうちに人件費コスト削減し、
     不況に備えているのです。銀行は低金利状態で儲けが少なくなっており、
     貸し倒れの不良債権を多く抱えるための予防策、とボクは見ています。

編集部:すると外食も不況になるとまた値下げする?

横尾 :その可能性は大いにあります。
    一時ワンコインランチ、すなわち昼飯500円の時代が長く続きましたが、
    いまや牛丼並盛1杯と100円のコンビニコーヒーが関の山です。
    2020年以降はまた物価が下がり、仕事も減り、雇用の調整、
    つまりリストラが進むでしょう。
    そのあたりは見通しておいたほうがよいですね。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-11-29 09:04 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.380

第380回 【 ノンアルコールカクテル「モクテル」って何?】

編集部:さて「今週の気になる」は?

横尾 : 1年は早いもので、もうすぐ年末年始です。
     宴会の機会も多くなりますね。

編集部: 忘年会、新年会、クリスマスに正月のおせち料理とか。

横尾 : 最近は飲めない人のためにノンアルコールビールが出回っていますね。

編集部: 横尾さんはノンアル飲みますか?

横尾 : 最近はよく飲みます。
     各社味の違いがあって、味比べはまた今度発表します(笑)
     各社とも炭酸がきつくて、結構ビンで2本飲めばお腹いっぱいになります(笑)

編集部: そこできょうの話題は?

横尾 : 最近ノンアル「カクテル」が流行のきざしをみせているというのです。
     ヨーロッパでは人気だそうで。
     そのノンアルカクテルを「モクテル」というそうです。

編集部: カクテルに対してモクテルですか?

横尾 : はい、最近のニュースで日本コカ・コーラ㈱と㈱ぐるなびが、ソフトドリンクを
     活用したミックスドリンクの導入を通じて飲食店の成長を支援する
     「ビバレージマネジメント」プログラムの提供を開始した、ということです。

編集部: つまり?

横尾 : 飲み屋に行って、皆が酒をのんでいるのにノンアルビールと
     ウーロン茶だけだとつまらない向きに、ノンアルカクテルを飲んでもらおうと。

編集部: コカコーラ社が販売するソフトドリンクシリーズ、例えばオレンジジュースを
     使ってノンアルカクテルを作る、ということですか?

横尾 : はい、そうです。
     コカコーラ社は需要の伸び、飲食店はノンアルメニューの拡大でお客を増やす、
     ということです。

編集部: それはよいことですね。

横尾 : カクテルレシピはネットでも検索できます。
     家飲みでも一度チャンジしてみてはいかがでしょうか?
     さて、赤羽の飲み屋街はオジサンが多いからモクテル導入するかな?(笑)

[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-11-29 09:03 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.379

大相撲暴行問題が毎日取りざたされているが、ここまで大きな問題になったのは何故だろうか。今回はあくまでも持論である。そもそも問題になっているのが、暴行したことなのか?親方が協会を通さずに警察に届けた事なのか?正直よくわからない。協会も力士を罰するコメントや記者会見をひらくが、親方への批判も極めて厳しい。ここで一つ考えてみる。暴行問題の当事者の二人、先輩と後輩の関係、もっと言えば出身国が同じ力士。日本で力士になっているが、根の部分では国の文化の血が流れている事に間違いはないだろう。状況はあくまでも情報源からとなり憶測でもなるが、公共の場で暴行したことが大きな問題。暴力=注意がこのご時世にあってはならないもの。この一つであろう。横綱は神様みたいな扱いであると聞いたことがある。体育会社会でも最上級生はそのような扱いになると昔からの風習ではないだろうか。私なりに今回の1番の問題は協会内部の関係性ではないだろうかと思う。親方が協会を通さなかったことが何よりだろう。体育会社会の中にある相撲界の序列的なものがまとまっていないからではないだろうか。親方は部屋の力士一人ひとりをわが子同然としている。そのわが子が暴力を振るわれた。だから警察に届けを出す。当たり前の事であろう。だがそこに相撲協会というものが上手く携われなかったことが重要だと思う。相撲協会だけではない今回の問題は大きく教育問題として残るであろう。色々な憶測が飛び交うが、何よりも人権を大事にしてほしいと切に願う。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-11-29 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

379回 【景気がよい、というのはホントか?】

    379回 【景気がよい、というのはホントか?】

編集部: 今週の話題からお願いします。

横尾 : きょうは経済の話題です。
     最近株価の上昇や企業の内部留保が400兆円、
     GDP(国内総生産)がプラスなど、
     景気が上向きで経済が良いような報道が続いています。

編集部: ニュースなどでは部分的に報道されていますね。
     全体で見るとどうなのでしょうか?

横尾 : 景気が良い、という実感ありますか?
     例えば給与が上がったとか、仕事の発注単価が上がったとか?

編集部:ほとんど聞かないですね。

横尾 : ではなぜ景気がよい、と言われるのか?ということです。
     株価は選挙を前に、下がらないように日銀が買い支えして、
     またGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は私達の年金を株の運用に
     あてて、下がらないようにしています。
     つまり官製相場です。
     実際に民間大企業の経済状況を反映していません。

編集部: そうなのですか?

横尾 : しかし大企業は着実に利益を増やしていますが、
     その結果、儲けのたくわえが史上最大の400兆円にもなっています。
     これを従業員や下請け企業に還元、一時金として支給すればよいと思います。
     内部留保はすべて現金・預金で持っているのではなく、
     不動産や有価証券で持っているからムリとの説もありますが、
     一部を現金化して吐き出せばよいのです。

編集部:そうですね。

横尾 :400兆円の1%を従業員や下請け企業に還元すれば4兆円のお金が世に出て、
    その内の大部分が消費に回れば経済を押し上げ、生活が少し楽になります。
    つまりこの国の4割にあたるアルバイト、パート、
    非常勤社員、契約社員など正社員以外の人の所得を増やす必要があります。

編集部: そう思います。

横尾 : 政府もそれはわかっていて、首相が経団連などに賃上げを要望しています。

編集部: GDPがプラスということは、庶民にとってはどうなのでしょうか?

横尾 : これは指標の項目のうち「消費」はプラスになっていません。
     プラスの要因は企業の建設投資などが主です。

編集部: つまり庶民はお金を使わない、ということですね。

横尾 : はい、賃上げもなく、物価も少し上がっています。
     生活を切り詰め、将来に備える、というのが庶民の生活防衛策ですね。

編集部: 総合的に今の経済状況を横尾さんはどう見ていますか?

横尾 : 大企業は儲かり、中小企業も単価が上がらないなかで頑張っています。
     働く人達、特に非正規雇用の人達の生活は苦しいと思います。
     苦しいなかで将来の見通しもありません。
     希望のない社会はいつか破綻します。
     若者を中心に座間事件のようなヘンな事件が起きているのは、
     直接関係なくても希望のない国での刹那的な生き方の象徴のように思えます。
     まあ、政府・自民党の2世、3世の世襲議員にはわからないと思いますけどね。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-11-22 09:05 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.379

       第379回 【 相撲界と暴力! 】

編集部:さて「今週の気になる」は?

横尾 : ボクは相撲が好きなので、今回の横綱日馬富士の暴行事件については残念です。

編集部: 鳥取巡業中に宴会の二次会で同じモンゴル出身の貴ノ岩を殴った話ですね。

横尾 : その事件は相撲界の暴力体質、閉鎖体質がでていて、とてもイヤな話ですね。
     日馬富士の日ごろの暴力癖などもいわれていて。

編集部: 相撲だけでなく、スポーツ関係には昔から「しごき」がありましたね。

横尾 : イジメにもつながる話ですけど、鉄拳制裁とか、ボクは野球部だったから、
     木製バッドで尻を叩かれることもありましたね。
     スポーツ界全体が暴力に寛容でした。

編集部: でも今は?

横尾 : 社会全体がスポーツの暴力に厳しいですからね。

編集部: しかし今回の事件では不可解なことも多いですね。

横尾 : はい、貴ノ岩の親方である貴乃花親方の行動ですね。
     裏に相撲協会理事長選挙をめぐる現理事長と貴乃花親方の
     対立とかあると報じられています。

編集部: 日馬富士は警察の調べで暴行を認めていますね。

横尾 : でも事実関係は、当事者がみな相撲ギョーカイの人ですから闇でしょう。
     あとは相撲協会の危機管理の対応、日馬富士の処分をどうするかでしょうね。

編集部: 日馬富士の引退もある?

横尾 : 日馬富士は世論の様子を見て処分を決めるでしょう。
     甘い処分だとまた叩かれる可能性があります。
     せっかく若手力士の活躍で、人気が盛り上がった相撲業界。
     でも狭い世界で、世間のことをよく知らないギョーカイのことですから、
     根は深いような気もします。
     相撲好きなボクにとっても残念な出来事ですね。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-11-22 09:03 | 今週の気になる? | Comments(0)

378回 【トランプ大統領の来日の目的は?】

    378回 【トランプ大統領の来日の目的は?】

編集部: 今週の話題からお願いします。

横尾 : 11月5日にアメリカのトランプ大統領が日本に来ました。
     2泊3日の後、韓国、中国に行きました。
     いったい何をしにきたのだろう、と素朴な疑問を耳にします。

編集部: 北朝鮮問題だと、メディアは報じています。

横尾 : まったくのミスリードです
     日本にはF35戦闘機の売り込み、韓国にも武器の売り込み、
     中国とは約28兆円の商取引をまとめにいきました。
     また「不公平貿易の是正」という2国間の貿易協定、
     つまりアメリカのものをもっと買え、という目的もあります。

編集部:なぜメディアは北朝鮮対策だというのでしょうか?

横尾 : 北朝鮮は理由です。
     日本と韓国には「北の脅威から守るから予算を使い、
     武器や装備を買ってくれ」ということです。

編集部: 中国には?

横尾 : 中国には「北朝鮮に甘い制裁を見逃してやるから大きな商取引をしろ」
     ということでしょう。

編集部:そういうことですか。

横尾 :はい。ボクはそう見ています。
    やはりトランプ氏は実業家ですね。
    商機を見逃しません。

編集部: 日本では安倍首相とのゴルフや有名料理店、
     娘のイバンカさんやメラニア夫人の話題などが中心でした。

横尾 : やはりテレビメディアはダメですね。
     F35戦闘機ステレスは、1機約150億円。
     すでに来年3月までに28機を発注します。
     その後も42機増やす予定ですが、
    「もっと買え」というのがトランプ氏の目的です。

編集部: そうなんですね。

横尾 : 日本がオスプレイも他より高い値段で買うことになっており、
     自衛隊に配備する予定です。
     その他のミサイル防衛システム(MD)にも巨額な予算が投入されています。
     「北朝鮮怖い」で日本の軍事予算が増え、予算、
     つまり税金が社会保障に回らず給付の切り下げと消費増税になり、
     儲かるのはロッキードなどアメリカの軍需産業です。
     つまりボクたちの税金が、軍需産業に移る、という事です。

編集部: そのようなことは一般市民にはわかりませんね。

横尾 : メディアがきちんと報道しないからです。
     北朝鮮が社会主義とは名ばかりの変な独裁国家であることは間違いありません。
     でもその脅威を最大限に政治利用して選挙に勝ったのが安倍政権。
     儲けているのがアメリカの軍需産業。
     ですからこの構図は誰にとってもロシア、中国も不満はない、
     とてもよい状態なのです。
     逆にアメリカが軍事攻撃して北が潰れて、韓国や日本にも多大な犠牲を生んで
     民主主義の政権ができたとする、それで喜ぶのはどこの国や誰ですか。
     逆にアメリカが軍事攻撃して北が潰れて、韓国や日本にも多大な犠牲を生んで
     ゆえに北朝鮮問題はこれから長い間、膠着状態です。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-11-15 09:02 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.378

    第378回 【今年もボージョレー解禁だ!】

編集部:さて「今週の気になる」は?

横尾 :もちろん16日に解禁になる「ボージョレー・ヌーボ2017」の話題です。
    毎年このコーナーでやっていますが(笑)
    今年もこの時期がやってきました。晩秋の感じですね。

編集部:ふだん飲まなくてもメディアが取り上げるので
    飲んでみようという人も多いです。

横尾 :はい、そうです。
    実はボクは普段から赤ワインは飲まないです。
    飲むのは付き合いで年に2、3回ですかね。
    ワインはいつも白ワインです。

編集部:でもこの時期だけは?

横尾 :はい、一種のお祭りですからね。
    ハロウィンの仮装とは違って、こちらはホントの収穫祭ですね(笑)。
    収穫を祝う振る舞い酒です(笑)。

編集部:今年の出来はどうなのでしょうか?

横尾 :情報によると雨が少なく、ぶとうが小粒、との話があります。
    その分、ワインとしてどのようになるのか、お楽しみですね。
    ボージョレーは新酒ですから、フルーティーが基本。
    味わいより、お祭り用ワインですね(笑)。

編集部:日本ではどうして騒ぐのですかね?

横尾 :11月第3木曜日の午前0時解禁で、
    時差の関係で日本が一番早いからだそうです。
    まあ早けりゃよい、というわけではないでしょうが、
    それが理由といわば理由ですね。
    新しいもの好きで、飽きっぽい日本人にぴったり(笑)。
    フランスではカジュアルな酒で、日本では2000円するボトルでも
    産地では300円くらいで飲め、コップ酒のワインらしいです
    新酒を楽しんで飲みたいですね。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-11-15 09:01 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.378

この秋、新書ランキングで1位をとり続けているのが、河合雅司著「未来年表/人口減少日本でこれから起きること」です。読んだ方も多いと思いますが、まぁお先真っ暗とはこのことかと思うような内容でした。様々なデータをもとに、何年後に老人がこれだけ増え、仕事は変わり、今までにない社会になってくると論じています。この本によると頼みの科学の発展も間に合わないらしく、世界の未来は問題山済みのようです。一方AIの作る明るい未来を書いたビジネス書などでは、楽観的な今までにない天国のような世界が待っていると言っています。話題になるために極論を展開するのは出版物としての定石でしょうが、どちらも鵜呑みにできない感が強すぎて、逆にファンタジー的な印象が強く残りました。そんな中、新書で珍しく上位に食い込んだビートたけしの「バカ論」は、エンターティメントの世界に特化した話題であるものの、そこから見える今ある現実を昔と比べ、わかりやすくたけしが論じています。いろいろな情報が溢れる現代において、「な~んだ、そんなに振り回されることもないんだ」とちょっと安心させてくれる本でした。読む人の教養レベルの問題かもしれませんが、こういった本があることが私には有難かったです。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-11-15 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

377回 【自殺サイト殺人事件の心の闇】

    377回 【自殺サイト殺人事件の心の闇】

編集部: 今週の話題からお願いします。

横尾 : はい、先週猟奇的な事件が起きましたね。
     神奈川県座間市での9人の遺体が見つかった事件です。
     容疑者は27歳の男性、自殺サイトで繋がった女性を
     次々と殺した、と報じられています。

編集部: いやな事件ですね。

横尾 : 犯罪心理学や社会学、文学など、そしてジャーナリズム以外にも、
     さまざまな事件へのアプローチがあり、
     これから論評も出てくるでしょう。
     容疑者本人に問題があるのは当然ですが、
     自殺サイトなど社会的な問題も背景にあるような気がします。

編集部:どういうことでしょうか?

横尾 : つまり高度資本主義、情報社会だからこそ、起きうる問題だと。
     心の闇を抱えて自殺する人、引きこもりなど、
     発展途上国では考えられないことです。
     たとえばアフリカの内戦の国の、明日の食糧がないような地域で、
     自殺や引きこもりなどはないと思います。
     またシリアからの難民のキャンプではまず起きない事件でしょう。
     戦前の日本や、いまの北朝鮮でも起こらないと思います。

編集部: 今日、明日を生きるのに精いっぱいですからね。

横尾 : そうです。
     その意味で今度の事件は先進国病、
     これも高度に発達した社会だからこそ起こる問題だと思います。

編集部: 似たような事件が過去にもありましたね。

横尾 :そうですね。
     過去にもは宮崎勉の少女誘拐殺人事件や、
     神戸の少年Aが子どもを殺す事件など、
     先進国病とも思われる事件がありました。
     宮崎勉の事件辺りからが、1980年代のバブル経済期の
     先進国病のきっかけではないでしょうか。

編集部: ただこの社会を変えることはできないですよね。

横尾 : はい、自殺サイトのネットも禁止することはできないでしょう。

編集部: すると防ぐことはできない?

横尾 : ボクはそう思いますね。
     社会病理は経済と関係します。
     人間の生命を大事にする教育、想像力を養う教育が大切であり、
     今こそ文学の出番だと思います。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-11-08 09:55 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.377

    第377回 【今年のプロ野球は終わり!】

編集部:さて「今週の気になる」は?

横尾 :最近あまり話題にしていないプロ野球ネタを(笑)

編集部:今年の日本シリーズはソフトバンクでした。

横尾 :やはり強いですね。
    投打が安定しています。

編集部:セリーグは広島が優勝しましたが、クライマックスシリーズで
    年間3位だった横浜DeNAベイスターズが広島に勝ち、
    日本シリーズに進出しました。

横尾 :横浜の活躍はおもしろかったです。粗いけど魅力的な球団です。
    監督のラミレスがよいですね。
    スワローズの最下位はがっかりでしたけど(笑)。

編集部:日本の球界もここで日本ハムの大谷がアメリカ大リーグへ行く予定ですし、
    来年の盛り上がりはいまひとつですかね?

横尾 :高校野球で沸かせた早実の清宮がをドラフトで日本ハムが指名しました。
    あの球団は人気選手が集まるクジ運がありますね。
    でも球界全体でいえば、大谷の大リーグ行きは損失でしょう。

編集部:昔のようなスーパースターがいなくなりましたね。

横尾 :それと野球以外のスポーツ、サッカーなどもブームになっていて、
    球界全体の人気がいまひとつですね。
    ボクは内野席などもっと安くして、親子連れが気軽に球場に
    来られる条件を作ったほうがいと思いますね。

編集部:いまはネットでも速報や実況が見られますからね。

横尾 :はい、BSやCSテレビも含めて見る環境は飛躍的進みました。
    でも球場に足を運んで、ボールがバットにあたる音や走塁など、
    感で感じる肌感覚がやはりプロの魅力。
    チケットを安くして、子どもを含めた多くのファンが球場に
    足を運ぶようにしてほしいですね。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-11-08 09:52 | 今週の気になる? | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE