週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

<   2017年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

371回 【衆院解散総選挙は誰のタメ?】

     371回 【衆院解散総選挙は誰のタメ?】

編集部:今週の話題は衆院選挙ですね?

横尾 :はい、安倍首相が衆院を28日に解散して、総選挙が決まります。
    10月7日告示、22日投票の予定です。

編集部:解散の目的は何ですか?

横尾 :ずばり安倍さんの「自分ファースト」のためです。

編集部:それはどういうことですか?

横尾 :衆議院議員の任期は来年(2018年)12月まで、あと1年です。
    自分に有利な政治状況のときに解散し、政権を長持ちさせ、自分のやりたい
    「憲法改正」と、2020年の東京オリンピックのときの首相でありたいため
    です。

編集部:自民党、公明党の与党が今度の選挙で勝てば、それが実現する?

横尾 :はい、「憲法改正」の国会での発議は三分の二の議員数が必要です。
    自民党、プラス公明党、おおさか維新の会を合わせれば今でも発議は可能です。
    当初は来年1月から始まる通常国会で改憲発議をして、その後国民投票という
    日程を組んでいたのですが、今は北朝鮮問題で危機を煽れば国民は政権側に投票
    し、圧勝できると踏んだのでしょう。

編集部:北朝鮮が怖い、という国民感情は政権の安定につながる?

横尾 :はい、そうですね。
    外敵を作ったほうが国民はそちらに目が向きますからね。
    政治の混乱を望まないですから。

編集部:するとメディアでは消費税とか働き方改革とか言っていますが、
    ホントの争点は「改憲」ですか?

横尾 :はい、改憲で自衛隊を憲法で位置づけ、ますます戦争をできる国にしてしまお
    うというものです。
    いまでも安倍首相は、対北朝鮮でアメリカと一緒になってかなりタカ派的な
    発言を国連でもしていました。
    北朝鮮がまだ自制しているからよいものの、挑発がエスカレートすると偶発的
    な戦争が起きる可能性がありますからね。
    選挙はしっかりと争点を見極めて投票してほしいですね。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-09-27 10:50 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.371

     第371回 【まだ台風シーズンに注意!】 

編集部:「今週の気になる」です。

横尾 :今年も台風シーズン真っ盛りです。
    先日も台風18号で西日本から北陸、東北、北海道にかけて大変でしたね。
    今年も10月末くらいまで油断ができません。
    地球温暖化の影響で、台風も大きくなり年平均20以上はやってきますね。

編集部:そうですか?

横尾 :最近では多い年で2013年の31、少ない年で2010年の年間14という
    数字があります。
    ちなみに今年はいま現在19です。
    去年は26、一昨年は27でした。
    あと5つか6つは来るかもしれませんね。

編集部:台風は気象情報で進路がわかりやすいから避難など準備が可能ですね。

横尾 :でも避難の遅れや予想に反して雨や風が強いこともあり、河川の氾濫などに
    注意ですね。
    早めの準備が必要です。
    いつも言われることですが、ガケなどが近いところでは、崩れないかどうかを
    普段から見守ること。
    また狭い道などでは避難路をあらかじめ何通りも調べておくことが必要です。

編集部:地震準備と異なる点は?

横尾 :早めに避難する場所を調べておくことです。
    大雨のときに水が出やすい場所もチェックしておくことも大事です。
    防災備品は地震災害同様、非常用災害袋を準備しておくことですね。
    懐中電灯、小型ラジオ、電池などは必携です。
   
編集部:あと戸建てやマンションにお住まいの方の注意点は?

横尾 :戸建ての方は家の周囲に風で飛ぶようなものを固定することですね。
    マンションの方はベランダに置いたものが飛ばないようにすることです。
    準備は何事も大切ですね。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-09-27 10:46 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.371

2017年残暑も和らぎ秋の匂いが近づいてくる、そんな季節ですがいかがお過ごしでしょうか。私は、懲りずにドラクエをやっております。
今秋には、ドラクエ10の最終章『5000年の旅路 遥かなる故郷へ』が発売されることも決まっているので今から、大変に楽しみにしております。
秋と言えば、食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋など、様々いろんな秋がありますが、私としては、ゲームの秋を付け加えたいと思います。皆様は、どんな秋を過ごされますか?


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-09-27 10:44 | 編集後記 | Comments(0)

370回 【北朝鮮はどこまで核、ミサイルを続けるか?】

 370回 【北朝鮮はどこまで核、ミサイルを続けるか?】

編集部:北朝鮮が9月3日に水爆実験を行い、15日にはICBMの発射実験を行いました。

横尾 :はい、連続した動きです。
    アメリカ本土まで届くミサイル(ICBM、大陸間弾道弾)とその弾頭に積載
    する小型化した核兵器が北にとっては必要です。

編集部:つまり両方がないと意味がない?

横尾 :はい、核だけではダメで、反対にミサイルだけでも効果がないのでダメです。

編集部:だから着々と実験を繰り返すのですね?

横尾 :そうです。
    よくメディアでは北の「○○記念日にミサイル発射か」と言いますが、的外れ
    です。
    一連の開発スケジュールを組んでやっているのです。

編集部:一方北朝鮮メディアは、相変わらず過激な言葉でののしっています。

横尾 :日本を核で沈める、と言っていますね。

編集部:これはホントでしょうか?

横尾 :軍事的には可能でしょうが、現実的にはムリですね。
    小型化した核にムスダンという中距離弾道ミサイルを積み、10発も撃てば
    日本は壊滅的になるでしょうけど。
    国際政治的にムリです。
    そんなことしたら北の体制は崩壊します。

編集部:金体制の崩壊が一番怖い?

横尾 :はい、だから彼らの要望はただひとつ「体制の温存」、そのための「核とミサ
    イル保持」、「アメリカとの国交回復」です。
    アメリカもわかっているから「軍事攻撃」という脅しをかけながら、一方で
    国連決議という枠内の柔らかい対応の両面作戦です。

編集部:ということは、今後は?

横尾 :このまま膠着状態で、実質的に北朝鮮は核保有国の仲間入りになります。
    困ったことで、日本の為政者は北を理由に核武装や平和憲法を変えようとしま
    す。
    この流れはもはや止めることはできないでしょう。
    国民は戦前、軍部の統制で情報が入らなくて無知だったのですが、現代は自ら
    の知性や想像力を放棄して情報が溢れているのにも関わらず、それを読み解く
    力がない。
    結果日本はまた戦争への道を歩み、今後もアメリカの子分となり、世界の孤児
    になっていくでしょう。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-09-20 11:14 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.370

    第370回 【敬老の日、高齢者が気になる!】 

編集部:「今週の気になる」です。

横尾 :9月18日が敬老の日だったこともあり、メディアでは「100歳以上の高齢者
    が過去最高」というニュースが流れていました。
    6万5692人が100歳以上で、毎年増えているようです。

編集部:すごい数ですね。

横尾 :昔に比べて平均寿命が伸びてきました。
    内閣府の調査では、2010年で男性79・64歳、女性86・39歳です。
    その40年前の1970年では、男性69・31歳、女性74・66歳でした
    からね。

編集部:まちを歩いていても高齢者が目立ちますね。

横尾 :はい、平日昼間とか、観光地に行くと高齢者ばかりが目立ちますね。
    ボクの住んでいる東京都北区は高齢化率が高く、東京23区平均の22.1%と
    比べて、25・4%もあります。
    だから平日昼間の赤羽なんか、高齢者と中国人ばかりが目立ちますよ。

編集部:高齢者が多いとどのような変化がまちに起きますか?

横尾 :まず接骨院はじめ医者が多いですね(笑い)。
    それから美容院も多いです。
    あと年金暮らしですから、物価が安いし、激安店が繁盛しますね。

編集部:そうですか、そんな特徴があるんですね。

横尾 :はい、あとオシャレな若い女性が好むようなカフェが少ないですね。
    若い人は少ないですからね。

編集部:でも赤羽は住みやすいまちに選ばれていましたね?

横尾 :はい、交通の利便がよいからです。
    だから休日には若い人がそれなりにまちにいますけどね。
    高齢者が多くても問題はないのですが、やはり一番危ないのは自転車や歩行者
    ですね。
    交通ルールを教わっていない戦争中や戦後すぐに生まれた世代ですから。
    あと、地域の安全・安心ですかね。
    ボクは退職後の世代をシルバー人材の有償ボランティアで、どんどん地域の
    ために手伝ってくれる人を増やしたらよいと思います。
    つまり人に投資、を若い層ではなく高齢者にも投資し、住みやすいまちにする
    ことですね。

編集部:いろいろ課題がありますね。

横尾 :「敬老の日」は高齢者感謝デーではなく、高齢とどう向き合うか、高齢化社会の
    生き方を考えるきっかけにしてほしいですね。
    テレビもこの日は、すべて高齢者が制作する高齢者向け番組にするとかね(笑い)。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-09-20 11:10 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.370

突然ですが、異性というもののどこに惹かれるのか?!これは長年の課題でもあるわけですが、これは生きている以上逃れられない課題であります!でもまぁ、割と一番シンプルなのは、年と共に変わるということですかね。モノゴコロつく前は、母親のように自分を守ってくれる優しい異性に惹かれ、思春期は周りの同世代の流行に流されたり、様々な作品に影響されたりと変動していきます。仕事をするようになって、そんなことばかりを言っていられなくなると、結婚というステータスや新たな家族づくりに向けたいろいろな計算が入ってきたり、思春期のようにただの好みでは惹かれなくなって来ます。そして、人生スッタモンダがあってやや落ち着いた年になってくると、感謝ですね。その人にどれくらい感謝できるかが、惹かれる強い要因になってくると思います。もはや異性というものを超越している話ですが、仕事でどれだけ助けられたか、家庭でどれだけ支えてくれたかなどです。そして、その対象の異性自身がやらされているとかではなく当たり前のようにそう生きていることに強い魅力を感じたりするのではないでしょうか?まぁ、とは言っても人生、出会いもあれば別れもある中で、恋とか愛とかとの問題ではなく、そういう感謝できる人と知り合えたなら、その人とは長くお知り合いでいたいものですね。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-09-20 11:06 | 編集後記 | Comments(0)

369回 【反知性主義の席捲で、庶民は自分の首が絞まる!】

369回 【反知性主義の席捲で、庶民は自分の首が絞まる!】

編集部:今週の話題からお願いします。

横尾 :北朝鮮問題や民進党代表選など国際問題や政治は日々動いていますが、
    相変わらずいまの日本の支配層は視野の狭い、大局に立って物事を見ることの
    できない状態が続いています。

編集部:どうしてでしょうか?

横尾 :つまり結論を先に言ってしまえば「利権と自己保身」が政界、官界、財界、学界
    を支配しているからです。
    それに追従してNHKや民放テレビを中心とするメディアが、しっかりして
    いないからです。

編集部:つまり日本の支配層の誰もが「日本のため」を考えていない?

横尾 :そういうことです。
    本来は優秀な官僚こそが自分は国家公務員で給料の上げ下げはないわけですか
    ら、直言で「将来の日本のため」の方向性を打ち出さなければならないんです
    ね。
    彼らは知識や教養もあるエリートですから。
    でも自分の立身出世のために苦言を呈したり、政治家にものが言えないんです。

編集部:官僚がダメなら日本もダメということになりますか?

横尾 :日本もこの先厳しいでしょう。
    財界トップも見識のある人がいないですね。
    政治の世界でも自民党にも骨のある人はいましたが、いまは政治家2世か3世
    ばかりです。

編集部:このような状態が長く続くとこの先の日本は?

横尾 :結局、大きい声を出し、勢いのあるリーダーに国民は振り回されます。
    今で言えば、勢いのある小池東京都知事とか、以前は大阪の橋下元知事とか。
    反知性主義がまかり通ると、結局は国が滅びます。
    この先日本の庶民にツケが回ってくるのは、膨大な防衛予算であり、そのための
    税金を上げ、社会保障を縮小して庶民につけを回す。
    大企業は空前の内部留保で400兆円という資産をため込む一方で、
    年収300万円、200万円という人もたくさんいます。
    ただ庶民が政治をAKB選挙の人気投票のように考えて、この先の日本を考え
    ないと結局そのツケは「増税、社会保障の切り下げ、部分戦争の危機」など
    として庶民に回ってきます。

編集部:それはイヤですね。

横尾 :結局小池都知事も大騒ぎして豊洲、築地と市場移転問題を両方の顔の立つ決め方
    にしました。
    原則、豊洲移転、築地は伝統の食の地として残す、ということです。
    このツケは両方を抱えることによって、膨大な整備費用が都民の税金として回っ
    てくるということです。
    小池都知事を持ち上げた庶民は都民税という税の負担で、ツケを払うことになり
    ます。
    このような反知性主義の政治に気をつけたほうがよいですね。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-09-13 11:41 | Comments(0)

今週の気になる? Vol.369

   第369回 【「ひっつみ」を知っていますか?】 

編集部:「今週の気になる」です。

横尾 :先週に続き岩手ネタです。
    岩手県の郷土料理で「ひっつみ」というのがあるのですが、知っていますか?

編集部:初めて聞きました。

横尾 :ボクも食べたことがないのですが、最近知る機会がありました。
    汁物で「すいとん」をイメージするとわかりやすいかもしれません。

編集部:「すいとん」と言えば、戦争中ものがなかった時代によく食べたと言われる、
    しょうゆ仕立ての汁のことですね?

横尾 :はい、そうです。
    「すいとん」は小麦粉を水でこね、団子大にして、それを汁に入れて煮込む。
    野菜なども入ればOKです。

編集部:それに似たものが岩手の名物?

横尾 :「ひっつみ」は小麦粉を練って固めたものを平らにするんですね。 
    正月に食べる切り餅の薄いものをイメージするとわかりやすいです。
    餃子の皮やワンタンに似ているかもしれません。
    出汁で煮て、鶏肉や魚介など自由に好みの具材を入れるんですね。
    味噌仕立てもあるそう。

編集部:おいしそうですね。

横尾 :全国に似たような汁物がありますよね。
    山梨の「ほうとう」も、イメージが似ています。

編集部:なんで岩手ですか?

横尾 :南部藩時代からの伝統らしいです。
    昔は日本全国同じですが、米は庶民の口には入らなかったんですね。
    そこでそばやうどん、そして小麦粉を練ったものなどが主食だったんでしょう。
    囲炉裏に大きな鍋をつるし、そこにあるきのこや野菜など具材を入れてごった煮
    状態の食べ物の名残りかもしれません。

編集部:昔はごった煮だったんでしょうが、いまはどんな郷土料理もグルメブームで味が
    よくなっていますね。

横尾 :はい、貧しかった時代の食べ物に光があたるのは飽食の裏返しかもしれません。
    ボクは「すいとん」が大好きなので、具材を豊富にしないでシンプルなものが
    よいです。
    貧しかった時代に思いを馳せるのも大事なことですね。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-09-13 11:31 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.369

今年の夏、JR東日本が開催した「みんなで決めるJR東日本1634駅ランキング」。
5つのカテゴリーがありましたが、その中でも「住みたい駅」の1位が大宮駅と意外な結果となりました。
みんなが思う住みたい街といえば、「吉祥寺」「恵比寿」などが思い出されますが、「吉祥寺」は5位以内にも入っていません。かろうじて「恵比寿」が5位に入っています。大宮駅が1位の理由としては、通勤に便利、新幹線が停まる、遊ぶ場所が多い、買い物に便利などがあげられているようですが、正直、他の駅でも当てはまりそうな気がしますし・・・わからないものです。
因みに2位以下はこんな感じです。
2位「柏駅」、3位「武蔵小杉駅」、4位「蘇我駅」、5位「恵比寿駅」。
恵比寿駅以外は郊外の駅がランクインしており、印象としては、ファミリー層が住みたい街のランキングの方がしっくりくるかなと思います。
他にも「思い出深い駅」などのランキングなどありますので、こちらで確認してみてください。
「みんなで決めるJR東日本1634駅ランキング」https://jre30th-ekiranking.jp/


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-09-13 11:25 | 編集後記 | Comments(0)

368回 【誰も興味のない民進党代表選!】

    368回 【誰も興味のない民進党代表選!】

編集部:今週の話題からお願いします。

横尾 :先週、民進党の代表選挙があり、前原氏になりました。
    しかし国民の多くは、民進党の代表に誰がなろうと関心がないかと思います。

編集部:そうだと思います。

横尾 :民進党がなぜ国民の支持を得られないか。
    民進党は安倍政権に替わる受け皿ではない、と国民は思っているのではないで
    しょうか?

編集部:前の民主党の政権を見ていますからね。
    鳩山、菅、野田の首相だったころを。

横尾 :日本人は変化が嫌いですが、2009年はよく政権をとりました。
    でも自民、公明など当時の野党と、メディアや財界に潰されました。
    もちろん民主党自身も政権を獲るまではよかったけれど、権力を維持できなか
    ったです。

編集部:その混乱を国民は忘れていないですからね。

横尾 :そうです。
    だからボクは政権を獲るのが今の民進党の目標ではなく、安倍政権の勢いを
    減らし、政策変更を迫っていく旗振り役が民進党の役割だと思います。
    野党第1党として共産、自由、社民と連携して選挙協力して、自民の議席を
    減らす努力をしないとダメです。
   
編集部:でもそこで気になるのが「日本ファースト」という小池新党ですね。
    必ず出てきますよね。

横尾 :若狭議員を筆頭に年内に立ち上げるでしょう。
    彼らの賞味期限はあと2、3年とボクは見ています。
    来年の衆院選(もしかしたら今年の秋突如、衆院解散総選挙があるかも)、
    再来年の統一地方選挙、参院選まであと3回です。

編集部:すると小池新党で国会も変わる?

横尾 :まず自民党、民進党はいまの議席を食われて減らします。
    だからいまのうちに民進党が野党4党の要にならないといけないのですが、
    前原さんでは難しいですね。

編集部:ということは?

横尾 :民進党の代表戦結果で、一番喜ぶのは現与党の自民、公明。
    高みの見物は小池新党です。
    何も変わらず、民進党は議席を減らしていくだけで、どこで潰れるかが、
    ここ数年の動きだと思います。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-09-06 10:58 | バックナンバー | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE