週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

<   2017年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

362回 【芥川賞、直木賞、地方在住の文学の意味!】

 362回 【芥川賞、直木賞、地方在住の文学の意味!】

編集部:今週の話題をお願いします。

横尾 :先週、夏の芥川賞と直木賞の発表がありました。
    ボクは芥川賞予想がハズレました。
    本命に今村夏子、対抗で沼田真佑を挙げましたが、沼田真佑「影裏」(えいり)
    に決まりました。

編集部:芥川賞は新人賞ですよね?

横尾 :はい、純文学の新人賞で、今年の春に「文學界」新人賞を受賞してデビューした
    ばかり、という沼田真佑が芥川賞も続けてとりました。
    珍しいケースです。
    38歳で、岩手県在住、塾の講師をしている人です。

編集部:直木賞のほうは?

横尾 :佐藤正午というベテランで1980年代初めから書いていました。
    最初のころはボクもよく読んでいました。
    こちらは『月の満ち欠け』という作品ですが順当だと思います。
    彼は昔から長崎県佐世保市住まいです。

編集部:ふたりとも地方在住の作家ですか?

横尾 :昔と違っていまはネットで原稿や情報のやりとりができますからね。
    ボクは地方の光や風や樹木や土など博物誌的な情景が作家を育てると思います。
    これからの文学シーンは、地方が重要なキーワードとなると思います。
    その土地の肌感覚の文学が、東京発の小難しい文学作品を凌駕すると思います。
    デビューしたての著者がこれから切り拓いていく世界が楽しみです。
    そのうちにボクの書いた書評、有力候補だった今村夏子『星の子』、
    そして芥川賞の沼田真佑『影裏』の両方とも、掲載されますので、
    ボクの「赤羽B級グルメ物語」のホームページをご覧ください。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。



※東京新聞掲載、村上春樹『騎士団長殺し』書評(筆者 横尾和博)

 北海道新聞掲載、村上春樹・川上未映子『みみずくは黄昏に飛びたつ』書評(筆者 横尾和博)


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-07-26 10:49 | Comments(0)

今週の気になる? Vol.362

        第362回【夏の恵方巻!】 

編集部:「今週の気になる」です。

横尾 :先週の夏バテの続きですが、今回は「夏の恵方巻」が気になるのでとりあげます!

編集部:節分、立春の恵方巻はかなり知られていますけどね。

横尾 :はい、実はボクも夏に食べるのは知らなかったです。
    近くのコンビニのポスターで知ったのです。
    またこの業界の話題作りかな、と。

編集部:ホントにそんな風習があるのですかね?

横尾 :もともと恵方巻は関西が発祥の地。
    そして節分とは年に4回、立春、立夏、立秋、立冬だそうです。
    それにスーパーなどの業界がキャンペーンをはって「夏の恵方巻」を考えついた
    ようです。

編集部:商魂たくましいですね。

横尾 :夏は恵方巻より、やはり土用のウナギですよね!(笑い)

編集部:今年は食べましたか?

横尾 :吉野家などで4回食べました
    比較的値段が安いものばかり。
    ウナギは高いのが難点、安くならないですかね。
    安倍政権、ウナギ安くするキャンペーンやれば、すぐ支持率上がると思いますが(笑い)。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-07-26 10:45 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.362

You go back. You search for what made you happy when you were smaller.
We are all grown up children, really… So one should go back and search for what was loved and found to be real.

過去へさかのぼりましょう。小さかった時に何に幸せを感じたのかを探すの。私たちはみんな成長した子供。本当に・・・。だから人は回想し、愛したものや気付いた現実を探し求めるべきなのです。

これは私が尊敬し、大好きな女優オードリー・ヘップバーンが言っていた言葉です。大人になるに連れて幼少時代に感じた喜びや、悲しみ、驚きなどの興味、いろいろなものの発見に一喜一憂していた心は少しねじれていったのではないでしょうか?言い方を変えれば様々な視点から物事を考えられるようになった。でしょうか。ポジティブに取れ、ネガティブにも取れるそんなオードリー・ヘップバーンの言葉です。私はこの言葉を見つけた時、真っ先に反省しました。“忘れていた気持ち”であったと。人生まだまだ多くの様々な人間と出会います。色んな人間がいるでしょう。色んな事情に巻き込まれるでしょう。色んな感情に左右されるでしょう。その度に思い出してほしいのです。幼少期に何に幸せを感じたのか。そして素直に感じたまま考えてほしい。愛したものに真っすぐ。探し求めると、きっといつか答えにたどり着けるでしょう。少なくとも私はそう思っています。皆さんもすこしこういった事を考える時間をつくってみてはいかがでしょうか?


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-07-26 10:41 | 編集後記 | Comments(0)

第361回 【夏バテの安倍政権、でも民進党のだらしなさ】

第361回 【夏バテの安倍政権、でも民進党のだらしなさ】

編集部:今週の話題からお願いします。

横尾 :先週の時事通信の世論調査では、安倍政権の支持率がついに30%を割り
    29・9%。20%台になると危険水域、と言われ政権が不安定になります。

編集部:都議選が終わってますます不人気ですね。

横尾 :今月末にはまた国会の閉会中審査で、加計学園問題で安倍首相が参加して
    審議が行われます。
    安倍さんはどうせ1日で終わることですから国会審議をうまく切り抜け、
    8月初旬に内閣を改造し、お盆休みで世間の目をそらせば大丈夫、との思惑
    でしょう。 

編集部:そうなりますか?

横尾 :あとは自民党の次の総裁候補が動き出し、自民党の内紛が起きる可能性、
    内閣改造で大臣になった人の新たなスキャンダルが出れば、もうお終いですね。
    官邸は新閣僚候補の政治用語での「身体検査」(スキャンダル検査)をしている
    でしょうし、週刊誌ももう狙っていると思います。

編集部:野党はどうでしょうか?

横尾 :それに対して野党は共闘して選挙準備を整える必要があります。
    民進、共産、自由、社民が一致すれば、多くの選挙区で自民・公明連合の候補に
    勝てます。

編集部:ただ都民ファースト(小池新党)が国政に出てきますね?

横尾 :はい、そうです。
    でも自民が割れるのは確かです。
    ただ野党4党は合同して3分の1以上の議席を確保して憲法改悪を止めなくては
    なりません。

編集部:安倍1強ストップのために必要なことは?

横尾 :民進党がしっかりリーダーシップをとらないとダメですね。
    いつも内輪モメしています。
    もう自民公明に変わり、いまの選挙区制度で政権をとることは、まず今後
    10年、20年はないです。
    2009年の政権交代の混乱ぶりを知らない世代が、野党に期待を持つように
    なるのはそのくらいかかります。

編集部:都民ファーストの会の動きはどうでしょうか?

横尾 :今度の国政選挙に出て、大勝するでしょう。
    でもそれ以降は寄せ集めですから、自民党の補完勢力になるしかないです。
    いまの大阪維新の会と同じです。
    いずれにせよ安倍政治はイデオロギーを中心として、なおかつ「お友達優遇」の
    政治です。
    このような1強政治はもう終わりにしたいですね。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。



※東京新聞掲載、村上春樹『騎士団長殺し』書評(筆者 横尾和博)

 北海道新聞掲載、村上春樹・川上未映子『みみずくは黄昏に飛びたつ』書評(筆者 横尾和博)


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-07-19 11:04 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.361

   第361回 【夏本番、夏バテ・熱中症に注意!】 

編集部:「今週の気になる」です。

横尾 :海の日の連休も過ぎ、いよいよ夏本番。
    でも東京は今年の梅雨どきに雨が降らず、蒸し暑い日が続きましたね。

編集部:はい、おかげで飲み代がかさみます(笑い)。

横尾 :しかし北九州では大雨による大災害で犠牲者がたくさんでました。
    被災された方に、心よりお見舞い申しあげます。
    東京ではヒートアイランド現象で、実際の気温よりプラス2度は高いですよね。
    33度と発表されても渋谷の雑踏は35度くらいありますね。

編集部:ホントですね。

横尾 :カラ梅雨で気になるのは水不足ですが、やはり一番大事なのは体調管理ですね。
    水分と栄養分ですね。
    ボクは水分のほかに果物をよく食べるようにしています。
    リポDとかタフマンとか栄養ドリンク剤も好きなのですが(笑い)。
    ウナギも食べたいけど、高いですね。
    吉野家のうな重750円、すき家のうな丼780円ですから(笑い)。

編集部;夏になると食欲が落ちる、という人もいますね。

横尾 :はい、だからそう麺や冷や麦、せいろ蕎麦、冷やし中華などが売れるんですね。
    最近は冷やし担々麺もありますね。
    食欲なくなるので、食べやすくするためでしょうね。

編集部:最近では夏の恵方巻まであるそうです。

横尾 :そのネタは来週また、ということで。(笑い)。
    いずれにせよ、夏バテには注意しましょう。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-07-19 10:59 | Comments(0)

編集後記 Vol.361

こちらでも何度か話題にあげましたが、いよいよ来週29日、ドラクエ11発売です。
皆さんは、プレイステーション4か、NINTENDO3DS、どちらで購入しますか?
PS4は、従来のグラフィックのクオリティーを上げた作品に。
3DSは、2画面でプレイ出来ます。上は3D、下はファミコン時代にお馴染みのフィールド画面でプレイできると発表されました。
そんな事もあり、3DSがやや優勢のようですが、筆者は、世界最高のゲームマシンでプレイ予定です。今回は復活の呪文も使えるようなのでとても楽しみです。
いよいよ次回は、実際にプレイした感想をお届けしたいと思います。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-07-19 10:46 | 編集後記 | Comments(0)

第360回 【懲りない安倍政権!】

     第360回 【懲りない安倍政権!】

編集部:今週の話題をお願いします。

横尾 :都議会議員選挙で現有議席57から23と半減して、歴史的な大敗を喫した
    自民党、安倍政権ですが、外目にはどこ吹く風で、口からだけの反省しか
    述べていません。

編集部:やはり先週の予想どおり、8月初旬に内閣の大臣の顔ぶれを替えて、
    イメージアップですか?

横尾 :その路線ですね。
    国民の静かな怒りの目をそらせようとしています。
    懲りていないんですね。

編集部:国民は怒っているのですか?

横尾 :はい、そう思います。
    コネとカネの政治、つまりオトモダチ政治が安倍政権の特徴ですが、
    国民の怒りが彼らはわかっていない。
    つまり安倍政権の支持率が高いように見えるのは、「ほかに替る人がいない」
    「民進党は頼りない」、という消極的な理由なんですね。
    そこへ小池都知事と「都民ファーストの会」が期待を持たせたわけですから、
    支持が集まるのは当然。
    自民はダメ、民進党もイヤという層に大ウケになるわけです。

編集部:今後はどうなりますか?

横尾 :衆議院議員の任期は来年12月までです。
    それまでに安倍さんは解散総選挙にうってでます。
    勝つ戦術はただひとつです。
    「消費増税10%引き上げ時期の凍結」で、ウケを狙います。
    それに対して小池新党は国政に進出するでしょう。
    しかし小池新党は全国で候補者を立てられないし、準備が間に合わない。
    ゆえに目標を、公明党を上回る議席獲得にして、自民党に揺さぶりをかけて
    きますね。

編集部:そうするといまの野党が困りますね。

横尾 :民進、共産、自由、社民は野党統一候補で闘い、一定程度の議席は獲れます。
    でも小池新党にメディアの注目も集まり、野党共闘は前進しません。
    何年か前に大阪維新の会が同じような手法をとりました。
    ボクは公明党を第2自民党、大阪維新の会が第3自民党のようだと思ってい
    ます。
    小池新党が第4自民党にならないように、期待に応えてがんばってほしいと
    思います。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。



※東京新聞掲載、村上春樹『騎士団長殺し』書評(筆者 横尾和博)

 北海道新聞掲載、村上春樹・川上未映子『みみずくは黄昏に飛びたつ』書評(筆者 横尾和博)


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-07-12 10:50 | Comments(0)

今週の気になる? Vol.360

       第360回 【夏の芥川賞予想!】 

編集部:「今週の気になる」をお願いします。

横尾 :7月19日(水)に夏の芥川賞が発表されます。
    毎年1月と7月の2回、この純文学の新人賞が発表されます。
    そこで大胆予想をしてみたいと思います。
    今回は4つの作品がノミネートされています。

編集部:どのような作品でしょう?

横尾 :このような候補です。
    今村夏子「星の子」
    古川真人「四時過ぎの船」
    温又柔「真ん中の子どもたち」
    沼田真佑「影裏」

編集部:ずばり予想は?

横尾 :まず結論から。
    本命は今村夏子「星の子」
    対抗は沼田真佑「影裏」です。

編集部:その中身は?

横尾 :実力では今村夏子です。
    沼田真佑は、今年文学界新人賞を獲ったばかり。
    内容も描写がきちんとしていて、クロウト好みです。
    芥川賞は文藝春秋社が実質主催ですから、自分のところの雑誌「文學界」から
    出た沼田に賞を獲らせたいでしょう。
    そのあたりを選考委員がどのように忖度(そんたく)するか。
    忖度政治の安倍政権みたいですけどね(笑い)。

編集部:横尾さんはどう思いますか?

横尾 :ボクは本命の今村夏子でよいと思います。
    これからも期待できそうですし、実力派ですからね。
    ただ最近の又吉直樹や村田沙耶香のように、本の売れ行きや人気では地味です
    が、前から述べているように芥川賞は純文学の世界での「新人賞」。
    中身がよく知られていないのにいまの異常な盛り上がりは、メディアと本を
    売りたい出版界の戦略です。
    本や読書に陽があたるのはよいことですけどね。
    NHKがニュース速報で流す価値はないと思います。
    これも反知性主義の流れなんでしょうね。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-07-12 10:46 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.360

先日放送された人気ドラマでも話題になった「焼き餃子」や「エビチリ」の日本と中国での認識の違い。もともと中国での餃子は水餃子を指し、焼き餃子は翌日余った水餃子を焼いて温めて食べたことに由来するというのは聞いたことがありました。今回初めて知ったのは、エビチリも中国では高級メニューではないとのこと。仲良しの中国人スタッフに確認したところ、もともと鮮度が落ちたエビの再利用的な料理だそうで、料理の中ではランクの低いメニューだそうです。本場では四川料理の「乾焼蝦仁」(カンシャオシャーレン)と呼ばれるもののようですが、味も調理方法も日本のエビチリとは違うようで、日本のエビチリは料理人陳健一のお父さんが日本人用に開発して作られたのだといいます。
仲良しの中国人スタッフには、中華を食べる時など色々聞いているのですが、回鍋肉なども本場のものとは全く別物らしく、日本の回鍋肉では欠かせない調味料の甜面醤さえ使わないと言うではないですか!まぁ、焼き餃子も皮が水餃子に比べて薄く進化していたり、エビチリにはトマトソース、回鍋肉には甜面醤と、それぞれ独自の進化をして人気メニューになっているわけなので、もはや本物と比べること自体がおかしいのかもしれません。問題はネーミングですね。本場の人からしたら、自国の料理と同じ名前で全く別物の料理が出てくるとしたら気持ち悪いですものね。日本人が異国に行って“寿司です“と出されたものが、見たこともない創作米料理だったら気持ち悪いですからね。とはいえ、中華料理のネーミングはすっかり日本に根付いていますし、そもそも食文化は渡った土地で様々に変容を遂げるものだからしょうがないし、このままグルメ蘊蓄として定期的に思い返しては本家に感謝しつつ頂く、ということですかね。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-07-12 10:42 | 編集後記 | Comments(0)

第359回 【ゆるむ政権と自民、問題発言や行動が続々!】

第359回 【ゆるむ政権と自民、問題発言や行動が続々!】

編集部:今週の話題はやはり都議選の結果ですか?

横尾 :はい、やはり自民党の大敗北、小池新党(都民ファーストの会)の勝利でした。
    ボク自身は、他党派からの寄せ集めや新人が多く、内部で政策が一致していない
    小池新党に期待していません。
    でもやりたい放題の安倍1強政治に、痛打を浴びせたということでは大きな意味
    があると思っています。

編集部:今後の政局はどうなりますか?

横尾 :当分国政選挙はありません。
    衆院の任期が来年12月までで、そこまでに政権が解散総選挙にうって出れば話
    は別ですが。
    したがって政権や自民・公明の与党は、逆風の今、ひたすら忍の一字でしょう。
    そのうち世間は忘れる、と言うことで。
    自民内部の権力争いも激化するかもしれません。

編集部:選挙大敗北の話題をそらせるようなことをやりますか?

横尾 :来月に内閣改造で人事を一新し、国民の目をそらせることになります。
    安倍さんは自民党内の不満も人事で釣ることによって抑えようとするでしょう。

編集部:それにしても政権や自民党のゆるみは問題ですね。

横尾 :ここ2週間でも、豊田真由子議員の秘書への暴言と暴行、稲田防衛大臣の
    「防衛省・自衛隊からもお願いします」と自民党の都議候補への応援演説、
    下村元文科大臣への加計学園からの政治献金問題など、枚挙にいとまがないです。

編集部:なぜこのような問題が発覚するのでしょうか?

横尾 :情報がメディアにリークされているんですね。
    その背景には自民党内部で次の総理の座を狙う人が、裏でゴーサインを流して
    いるので、政権寄りメディアも安心してスキャンダルを報道している、との話も
    あります。

編集部:次を狙う人とは?

横尾 :麻生副総理とのうわさがあります。
    もともと最近の国政選挙の自民党大勝利で気が緩んでいたところへ、メディアが
    スキャンダルを追いかけたら、もう次から次へと出てくるでしょう。
    大きな問題にはなっていませんが、TBS記者で安倍さん寄りの発言で有名な
    山口記者は、女性から準強姦罪で訴えられ、官邸の指示で揉み消しに走った話は
    有名です。
    このような「お友達とコネの優遇政治」は、森友学園、加計学園でも明らかに
    なったことですから。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。



※東京新聞掲載、村上春樹『騎士団長殺し』書評(筆者 横尾和博)

 北海道新聞掲載、村上春樹・川上未映子『みみずくは黄昏に飛びたつ』書評(筆者 横尾和博)


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-07-05 10:56 | バックナンバー | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE