週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

<   2017年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

第354回 【加計学園をめぐり、文科省官僚の反旗】

  第354回 【加計学園をめぐり、文科省官僚の反旗】

編集部:今週の話題をお願いします。

横尾 :先週、文部科学省 前川 前事務次官が記者会見しました。
    次官はエリート中のエリート、官僚のトップです。
    その官僚が加計学園の新学部を作るにあたって、理事長が安倍総理の友人だった
    ために、内閣府より認可の行政がゆがめられるプレッシャーがあった、と言いま
    した。

編集部:これは前代未聞のことですか?

横尾 :1月まで官僚のトップだった人が、政権批判をしたのは異例中の異例です。
    政権はなんとか火消しにやっきで、国会への証人喚問を自民党は拒否しています。

編集部:安倍総理が直接的に便宜をはかるような指示はないのでしょうか?

横尾 :ないと思いますけどね。
    あったら大変なことです。
    周囲が「総理の友人」ということで、いろいろ配慮したのでしょう。

編集部:森友学園問題も同じですね。

横尾 :森友問題は安倍昭恵さんが絡んでいるので、もっとストレートに政権に打撃と
    なるものですけどね。
    逃げ切りをはかっていますね。

編集部:問題続出、なんでこんなに政権が緩んでいるのでしょうか?

横尾 :あるはずの役所の文書がないと言いだしたのは、防衛省の南スーダンの日報、
    そして森友、加計学園とデタラメです。
    これは1強自民党、安倍政治が続いていて、政治家や官僚が慢心しているので
    しょう。
    子どものケンカのような対応で逃げ切れると思っています。
    安倍政権の脅しが効いている一部のテレビや新聞が追及しないのも異常事態
    ですね。

編集部:異常事態はなぜ起こるのでしょうか?

横尾 :みな自己保身のためですね。
    政治家はよい地位を占めたい、官僚は出世したい、一部メディアは政権に褒めら
    れて独自の情報が欲しい、というみな己の欲望のためです。

編集部:その意味で今回の文部科学省前次官の発言は大きいですね。

横尾 :はい、そう思います。
    まだまだ尾を引くと思いますよ。
    これで幕引きにはならないと思います。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。



※お知らせ 東京新聞掲載、村上春樹『騎士団長殺し』書評(筆者 横尾和博)


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-05-31 10:41 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.354

       第354回 【「プレ金」はムリがある】 

編集部:「今週の気になる」をお願いします。

横尾 :先週の5月26日(金)で、「プレミアムフライデー」が実施されてから4回目
    でした。
    新聞などでは実現に厳しい声が寄せられていました。

編集部:月1回の月末の金曜日は午後3時で仕事を辞める、という働き方ですね。

横尾 :経済産業省や経団連で作る協議会が呼びかけましたが、多くの企業はムリがある
    ようです。
    どこの企業も人員ギリギリで仕事しているので、3時退社で残った仕事を振り分
    けたり、シワ寄せするのか、ということですね。

編集部:また今はサービス業が多いから、どうしても大企業の正規社員、ホワイトカラー
    のイメージですよね。

横尾 :昔、ボクたちが若いころ、ホワイトカラーは土曜日午前勤務でした。
    工場などの現業は夕方4時までで、土曜日は残業しないとか。

編集部:そうですか!

横尾 :だから週休2日制が導入されたときもかなり抵抗があり、まずは月1回を土曜日
    休みに、その後月2回土曜日休みに、と順番にやりました。
    そして役所、銀行など公的機関を土曜休みにした経過があります。

編集部:順番で抵抗を少なくしたのですね。
    
横尾 :はい、でもいまでも建設業は土曜日仕事で、彼らは日曜日、週1回休みです。
    だから本気で「プレ金」やるなら、官公庁や公的機関などが全面的に実施しない
    とムリですね。

編集部:そうですね。世間がみな働いているのに、自分たちだけ3時退社でビール飲んで
    いるのは、なにか違和感ありますよね(笑い)。

横尾 :そう、そう。
    労働時間短縮は大賛成。
    あとは時給で働く非正規の人たちや、労働全体の問題を考えなければダメです。
    消費効果を狙うだけでは、いずれ「プレ金」は廃止になると思いますよ。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-05-31 10:37 | Comments(0)

編集後記 Vol.354

2017年5月30日から個人情報保護法が改正されます。
今まで曖昧だったWEBの閲覧履歴や位置情報、端末ID、指紋認証などが明確に個人情報として定義されることになりました。さらに今までは5000人を超える個人情報を管理する事業者のみでしたが、改正でほぼ全ての企業に個人情報保護法上の義務が課される事となります。他にも個人情報の提供に関してなども改正されました。昔と違い今はネット社会ですので、一度情報が流失すると消す事は到底不可能な世界になりました。
しかし個人情報は適正に利用すれば有用なデータであり様々な利益になるので、個人的には今回の改正は賛成です。
ルールをキチンと理解する事も大事ですが、モラルの問題が一番だと思います。
また詳しい事はこちらのサイトを確認して下さい。
個人情報保護委員会:https://www.ppc.go.jp/


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-05-31 10:34 | 編集後記 | Comments(0)

第353回 【内に閉ざす国家を見張る!】

    第353回 【内に閉ざす国家を見張る!】

編集部:今週の話題をお願いします。

横尾 :共謀罪の採決が衆議院で強行され、自民、公明、維新の賛成で委員会を通過し、
    参議院へ送られます。
    6月18日の国会会期末に向けて可決成立するようです。

編集部:このことは何度もこのコーナーで指摘されていました。 

横尾 :はい、「テロ等準備罪」と国民の理解を得やすいような名前の法律案ですが、
    実際はテロ目的ではなく、実行しないのに捜査、逮捕できる国民監視の危険な
    法です。
    この法により市民運動や社会活動が委縮する、という心配があり、権力者に
    対して声を挙げるのを自主規制する動きになります。

編集部:事前の監視も法がバックにあるのでやりやすくなる?

横尾 :今でも非公然に監視の目は光っていますが、これからは法の裏付けにより大手を
    振って警察が国民を監視できます。
    警察予算が増えて、東京オリンピックを錦の御旗にして国民監視が強化されます。

編集部:一般人は関係ない、と思いますが?

横尾 :国会答弁は一般人も対象と明言しています。
    なぜなら社会活動をする人と一般人の区別がつかないからです。
    冤罪事件も増えます。
    明治の終わりの大逆事件も冤罪でした。

編集部:イヤな時代ですね。

横尾 :国家や統治機構、為政者は権力維持のために、常に内へ閉ざそうとする必然性が
    あります。
    どんな国家もそうです。
    極端なのはナチスドイツ、旧ソ連、いまでは北朝鮮です。
    また民主主義国家、と言われている国も同様です。
    そのために情報公開や議会や裁判所など、閉ざそうとする国家に対して開こうと
    する制度が民主主義国家では担保されています。
    でもいまの日本はそれが機能していません。

編集部:なぜでしょうか?

横尾 :ずばり自己保身です。
    情報公開では黒塗り文書を平気で公開、森友学園や加計学園問題では、
    問題になった文書はない、と言い張る。
    裁判所は国の顔色ばかり見て、三権分立が成り立たないんです。
    ゆえに日本はこの先時間をかけて北朝鮮のような国家になっていくと思います。
    個人崇拝ではなく集団指導体制による柔らかな独裁国家、になると思います。
    共謀罪成立はその第一歩だと思います。
    ボクらは閉ざす国家を見張ることしかできないですね、残念ですが。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。



※お知らせ 東京新聞掲載、村上春樹『騎士団長殺し』書評(筆者 横尾和博)


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-05-24 10:45 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.353

    第353回 【自然の定点観測から見えること!】 

編集部:「今週の気になる」をお願いします。

横尾 :季節もだいぶよくなり、自然は初夏を迎えています。
    そこで自然観察が気になりました。
    ボクもたまに近くの荒川河岸に散歩に行きますが、空の色や地面の草花、
    風や樹木、鳥や虫など深い興味を持って見たことがありません。
    ただ何気なく見ているだけです。

編集部:普通はみなそうですよね。

横尾 :はい、でもボクの友人に何十年と同じ場所で自然を定点観測している人間がいます。
   たとえば毎朝コースを決めて散歩しながら、自然の様子を観察している感じです。

編集部:それは博物学者みたいな人ですね、すごい。

横尾 :彼は生まれたときから東京の杉並区に住んでおり、自然の変わりゆく姿を観察
    しているのですね。
    善福寺川が流れているその周辺です。

編集部:観察日記などもつけているのでしょうね?

横尾 :記録をつけていると思います。
    写真も撮っていますね。

編集部:何十年だとそれだけで貴重な記録になりますね。

横尾 :彼にとっては観察する人間が主人公ではなく、虫や草花が主人公で、
    人間が逆に観察される側ではないか、と思います。
    主客が逆転した発想ですね。
    ゆえに自然が変わっていくのではなく、自然の側から見ると人間が変わって
    いくように見えるのではないでしょうか。
    そういう発想に立つと自然観察はおもしろいかもしれません。

編集部:そうですね。

横尾 :ボクも散歩するときは、そういう視点で観察してみたいと思います。
    自然の側から見ると、人間や世界はどう見えるのだろうか、と。
    皆さんもぜひ発想の転換で散歩を楽しんではいかがでしょうか(笑い)。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-05-24 10:41 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.353

先月、会社の近くにあったドラッグストアが閉店しました。今まで週に2回は行っていたので、本当に不便で仕方ないです。あそこにドラッグストアがあったことはすごく幸せなことだったな、と今更噛みしめています。そして今週、家から一番近いスーパーが閉店します。しかもそのスーパー、24時間営業でかなり便利でした。閉店が今から怖いです。
ベタですが、今まで当たり前にあったものの大切さって、なくなってから気がつくんですよね。本当に。
私がそれを一番感じるのは、腹痛のときです。腹痛に襲われると、いつもはなんて幸せな生活を送っているのか、もっと腹痛がないことに感謝して生きていこうと、昔から腹痛の度に必ずそう思います。でも痛みが治まるとそんなこと一切忘れてしまうんですよね。まあ、これが人間ってものなのかなとも思いますが。でもたまには当たり前にあるものに幸せを感じて、感謝して生きていきたいなと思います。小さいことですが、何か嫌なことがあった時とかに、“でも今お腹痛くないしなあ”と思い出せば少しは幸せな気持ちになれる気がします。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-05-24 10:38 | 編集後記 | Comments(0)

第352回 【共謀罪、採決強行でよいのか?】

   第352回 【共謀罪、採決強行でよいのか?】

編集部:今週の話題をお願いします。

横尾 :共謀罪(テロ等準備罪)が、国会の衆議院法務委員会で18日に強行採決され
    ようとしています。
    このコーナーで何度も指摘しましたが、実行行為を裁く法律ではなく、人間の
    心の中のこと、実際には行われない犯罪を裁く法律で、極めて悪質なものです。

編集部:つまり、相談したり、心に思っていることを口に出したりしても罪になる?

横尾 :はい、対象となる犯罪は277あります。

編集部:でもテロ防止には必要との声もありますね。

横尾 :テロは確信犯ですから取り締まりができません。
    また現行法でも処罰できます。
    つまり事前に潰すには監視や内偵調査が必要で、そのことが監視社会を生んで、
    「組織的犯罪者集団」だけではなく、一般人も対象となります。

編集部:つまり実行行為前のことを処罰するのですから、いつも監視し密告を奨励し、
    すべての人が対象となるわけですね?

横尾 :先ごろのスノーデンの話でも、すでに日本のすべてのメールはアメリカに監視
    されているそうです。
    つまり「テロ」などのキーワードを自動的に識別できる装置で監視している
    わけですね。
    それを日本の当局もこの共謀罪が成立すると合法的にやろうとしているわけです。

編集部:イヤな社会になりますね。

横尾 :政治家や官僚も、いまの体制がずっと続くからと安心しているのでしょう。
    もしも極右や極左の政権が誕生して、いまの自民や公明や維新、つまり共謀罪に
    賛成した政党の議員たちが、その極端な政権を潰そうと相談したりすれば、自分
    たちが共謀罪の対象となり、相談しただけで刑務所に行くようになることを想像
    していないんです。

編集部:いまと逆に極端な政権が誕生したら、共謀罪に賛成した議員も将来は監視対象と
    なり得るという話ですね。

横尾 :日本の戦前の治安維持法を思い起こしたほうがよいと思います。
    思想や考えを罰するのはナチスや北朝鮮と同じように独裁を生むことになります。
    国会での採決強行は愚の骨頂ですね。

d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。



※お知らせ 東京新聞掲載、村上春樹『騎士団長殺し』書評(筆者 横尾和博)


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-05-17 10:59 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.352

第352回【『みみずくは黄昏に飛びたつ』がオモシロシイ!】

編集部:では「今週の気になる」をお願いします。

横尾 :2月に新刊長編『騎士団長殺し』が出た村上春樹ですが、今度はロングインタビ
    ュー『みみずくは黄昏に飛びたつ』が4月の終わりに出ました。
    サブタイトルは「川上未映子訊く 村上春樹語る」です。
d0178451_10533076.jpg
編集部:聞き手の川上未映子は作家ですか?

横尾 :はい、ミュージシャンから出発し、芥川賞を受賞した若手の作家です。
   
編集部:このインタビュー集の読みどころは?

横尾 :村上春樹に対して、臆せずに質問をぶつけているところです。
    作家であるという立ち位置と、読者代表で新作の創造の秘密を聞きたい、という
    使い分けを考えています。
    村上春樹がこれまで言わなかった文学論や創作法を話しています。
    これは聞き手が優れているからだと思います。

編集部:インタビューは難しいですよね。

横尾 :はい、ボクも映像メディアなどでもやりますが難しいです。
    事前の下調べから、わざとイヤな質問をぶつけてみたりするインタビューの
    方法、というものがありますが、文学のインタビューは特に難しいと思います。
    やはりある種の感性がなければダメだと思います。

編集部:波長が語り手と合うということですか?

横尾 :もちろんそうですが、語り手の知を刺激し、奥深いところまで引き出すのは
    インタビュアーの才能だと思います。

編集部:するとこの本は、村上の本音を聞き出したという意味で画期的ですね?

横尾 :そう思います。
    特に彼の「文学のいま」についての認識を引き出したことは大きいと思います。
    一読の価値あり、の本ですね。
    この本の主役は川上未映子かもしれません。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-05-17 10:55 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.352

今日は、私が大好きな女優、オードリーヘップバーンの話を少し紹介したい。
彼女は1929年5月4日、ベルギーの首都ブリュッセルに生まれる。ヘップバーンは父の家系を通じてイギリスの市民権も持っていた。また、母の実家がオランダだったことや父親の仕事がイギリスの会社と関係が深かったこともあって、一家はこの三カ国を頻繁に行き来していた。
ヘップバーンの両親は1930年代にイギリスファシスト連合に参加。ナチズムの信奉者となっていった父は、浮気がばれると家庭を捨てて出て行った。
1935年、母は子供たちと故郷オランダのアーネムへと戻った。その後、1937年に母とヘップバーンはイギリスのケントへと移住。第二次世界大戦が勃発する直前の1939年、母は再度アーネムへ帰郷した。オランダは第一次世界大戦では中立国であり、再び起ころうとしていた世界大戦でも中立を保ち、ドイツからの侵略を免れることができると思われていたためである。1939年からヘップバーンはアーネム音楽院に通い、バレエを学んだ。
1940年にドイツがオランダに侵攻。1944年ごろには優れたバレリーナとなっていたヘップバーンは、オランダの反ドイツレジスタンスのために、秘密裏に公演を行って資金稼ぎに協力していた。
1945年の第二次世界大戦終結後、母とヘップバーンはアムステルダムへと移住。アムステルダムでヘップバーンは3年にわたってソニア・ガスケルにバレエを学び、オランダでも有数のバレリーナとなっていった。
1948年にヘップバーンは初めて映像作品に出演。イギリスで数本の映画に出演した後に、1951年のブロードウェイ舞台作品『ジジ』で主役を演じ、1953年には『ローマの休日』でアカデミー主演女優賞を獲得。その後も『麗しのサブリナ』(1954年)、『ティファニーで朝食を』(1961年)、『マイ・フェア・レディ』(1964年)などの人気作に多数出演している。
ヘップバーンの女優業は年齢と共に減っていき、後半生のほとんどを国際連合児童基金(ユニセフ)での仕事に捧げた。ヘップバーンがユニセフへの貢献を始めたのは1954年からで、1988年から1992年にはアフリカ、南米、アジアの恵まれない人々への援助活動に献身している。1993年、ヘップバーンはスイスの自宅で虫垂癌のために63歳で死去した。
そんな彼女が生前残した言葉がある。

The greatest victory has been to be able to live with myself, to accept my shortcomings and those of others.
(わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです。)

この素晴らしい言葉を常に言い聞かせ、私もそうなれるよう生きている。
ありのままの人生に、人と出会い、触れ合い、感じる想い。上記通りの考えを、胸を張って言えた時、私は勝利しているはずである。それも、最高の。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-05-17 10:45 | 編集後記 | Comments(0)

第351回 【今も古びない「あたらしい憲法の話」】

  第351回 【今も古びない「あたらしい憲法の話」】

編集部:今週の話題をお願いします。

横尾 :先週に続いて憲法の話題です。
    今年は、昭和22(1947)年にいまの憲法が施行されてから70年経ちます。
    いま憲法を変えたい勢力が国会で3分の2の議席を持ち、改憲発議ができる状況
    になってきました。

編集部:安倍首相が3日にメッセージを出しましたね。

横尾 :期限と中身を明確にして、改憲しようとするものですね。
    世論の反応をみた観測気球だと思います。

編集部:国民の多くが憲法について関心を持たないとダメですね。

横尾 :はい、いずれ憲法をめぐる国民投票が実施されることになります。
    国民もいまの憲法についてもう一度知る必要がありますね。

編集部:そうですね。

横尾 :そこでどんなことでもそうですが、その成り立ちから学ぶことが大事だと思い、
    きょうは昭和22年8月に文部省が作った、『あたらしい憲法の話』という
    中学1年生向けの社会科の教科書の話です。

編集部:お願いします。

横尾 :これは当時の子ども向けですから、わかりやすくなぜ今回の憲法ができたのか、
    どのようなことを目指しているのかが書いてあります。
    長いですが「戦争の放棄」の項目を引用してみます。

    「みなさんの中には、こんどの戰爭に、おとうさんやにいさんを送りだされた人
    も多いでしょう。
    ごぶじにおかえりになったでしょうか。
    それともとうとうおかえりにならなかったでしょうか。
    また、くうしゅうで、家やうちの人を、なくされた人も多いでしょう。
    いまやっと戰爭はおわりました。
    二度とこんなおそろしい、かなしい思いをしたくないと思いませんか。こんな
    戰爭をして、日本の國はどんな利益があったでしょうか。何もありません。
    ただ、おそろしい、かなしいことが、たくさんおこっただけではありませんか。
    戰爭は人間をほろぼすことです。
    (略)そこでこんどの憲法では、日本の國が、けっして二度と戰爭をしないよう
    に、二つのことをきめました。
    その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戰爭をするためのものは、いっさい
    もたないということです。
    これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。
    これを戰力の放棄といいます。「放棄」とは「すててしまう」ということです。
    しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
    日本は正しいことを、ほかの國よりさきに行ったのです。
    世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
    もう一つは、よその國と爭いごとがおこったとき、けっして戰爭によって、
    相手をまかして、じぶんのいいぶんをとおそうとしないということをきめたので
    す。
    おだやかにそうだんをして、きまりをつけようというのです。
    なぜならば、いくさをしかけることは、けっきょく、じぶんの國をほろぼすよう
    なはめになるからです。
    また、戰爭とまでゆかずとも、國の力で、相手をおどすようなことは、いっさい
    しないことにきめたのです。これを戰爭の放棄というのです。
    そうしてよその國となかよくして、世界中の國が、よい友だちになってくれるよ
    うにすれば、日本の國は、さかえてゆけるのです」

編集部:なかなか立派な教科書ですね。

横尾 :はい、まだ戦争の傷跡が日本中に残っている時代です。
    この教科書、早くも昭和25(1950)年には副読本に「格下げ」されてしま
    うのですが、ボクは思想、信条を越えて日本はこの憲法を大事にするべきだと思
    います。
    ほかにも民主主義や国民主権の項目では、国で一番偉いのは国民だ、と書かれて
    います。
    為政者や政治家や官僚だとは書いてありません。

編集部:そうですか!

横尾 :これをいまの政治家や官僚に読ませたいですね。
    「あたらしい憲法の話」はネットで見ることができます。
    ぜひ検索してみてください。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。



※お知らせ 東京新聞掲載、村上春樹『騎士団長殺し』書評(筆者 横尾和博)


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-05-10 12:35 | バックナンバー | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE